結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

分からぬは夏の日和と人心

店頭では、夏らしい和菓子が並んでいます。

奈良土産としてよく利用している千寿庵吉宗さんのわらび餅(カット詰めとパック詰めの2種類ありますが、パック詰めのほうが日が持ちます)

新しいものも試してみようと『豆千嘉』と『万葉香水』を購入しました。
b0019820_12535290.jpg

見た目にも涼やかで、口当たりもさらっとしています。





週末は、参議院議員選挙でした。

民主党が苦戦を強いられるのは当然だろうと予想はしていたのですが、
票の流れた先が自民党だったことに、二人でびっくり。

しかし、格差問題@一票の価値を参照すると、分かりやすい。
なるほど、、一概にそうは言えないのか。
しかし、ここのところをマスコミが、あまり取り上げないのはなぜ?

何はともあれ、悩める選挙でした。

消費税増税を行うのは今ではない、と私は思っていたのでその点でまず考えました。
そして、次に考えたのは、国内政策を今まで担ってきた機関についてでしょうか。

 「賢い」官僚が成長産業を決める「新成長戦略」は過去の遺物

政府の審議会・委員会は所管官庁を事務局から外せ /山崎元「ニュースの深層」

例えば、新しい事業を始めようと試みている人々が口を揃えて言うことは、
「国(各省庁)に足を引っ張られる」
こればかり。
国は企業の後押しをするのが当然で、足枷になってしまっては、本末転倒だと思います。

また、元財務官僚の方が書いた、こちら財務省の破綻論のは裏があるにあるように、日本が負債と共に、巨大な資産(特殊法人への貸付金・出資)を持ち続ける理由は、公務員の老後のためであると、私も思います。

債務を返済するに当たり、国民共有の資産を放出せずに、増税だけを行うことは不公平ではないでしょうか。
極論かもしれませんが、消費税10%分のうち、何%かは公務員の給与等に当てられると言えなくもないのでは?
これは勘弁してほしいと思います。

 埋蔵金は官僚のもの /消費税に熱心な本当の理由

そして、見渡せば今日も不祥事。
 12省庁・20億5800万 不正経理
予算を使い切るのが役人の仕事だと、どこかで耳にしたことがありますが、その考え方が根本的におかしい。

民間企業の場合、不正経理が発覚すると、背任罪などに問われることもありますが、結局、今回の省庁の方々の処分はどうなるのでしょう?
口頭注意で終わりですか?
こういったところを最後まで追及するマスメディアがあったら、救われるというものだけれど・・・


今回の参議院選挙では、みんなの党が躍進しましたが、さて、どうなるでしょう。
渡辺喜美金融相 当時の発言から見る「みんなの党 アジェンダ」
またカタカナ英語だよ・・・と私は、つい引いて見てしまいますが、
意味からすると、『マニフェスト』よりも拘束力が弱いと判断すればいいのか?

どの党でもいいです。
日本が物質面だけでなく、豊かな国へ向かうといいなぁ。

個人的には、マスコミに翻弄されないように心がける。
これでしょうか。
「悩む選択」と書く星浩氏の迷える政党評価
小泉進次郎の選挙演説を持ち上げる朝日
新聞が一斉に小沢批判を強めたのはなぜか 世論の後押しで検察は起訴を目論む? /田原総一郎の「財政界ここだけの話」
[PR]
by turnmyeyesto | 2010-07-13 16:30 | オモフトコロ
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30