結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

神戸元町1番街 水曜市~地産地消

b0019820_23123989.jpg
毎月第3水曜日に神戸元町1番街で開催されている、「地産地消」がテーマの水曜市へ行きました。

私も国産、地産地消を心がけています。
そう心がけているのは、自分自身と未来のためです。
強い円をもって安い輸入製品に頼ればいいという考えもあるようですが、有事の際、他国の食のことまで責任を持ってくれる国なんてあるのでしょうか。
そして円はいつまで強いままでいられるでしょう。

確かに国産にこだわると、食費の面では高くなる傾向があるとは思いますが、何か他のもの(例えば洋服1枚とか)を控えれば、お釣がくるくらいではないでしょうか。






ひと月9千円で健康な食生活/食文化研究家 魚柄仁之助さん
 ♦奈良での愉快な講演会についても書かれています。







この日、購入したうちの一つは、豊岡市の楽農やさんのお米です。
出来る限り化学肥料の使用を減らし、生物いっぱいの田んぼで育ったお米だそうで、頂くのが楽しみです。
そして、奈良に住んでいる際は奈良産の古代米を利用していたのですが、今回は篠山市にある農業生産法人 みたけの里舎さんの丹波篠山産黒米も購入しました。
南あわじ市から出店されていたお店で購入した黒酢入り生しょうがドレッシングは楽天さんでも購入でき、しょうがは熊本産のようです。

今回購入した中で、早速お気に入りになったのは、丹波市のこやま園さんの丹波なた豆茶です。
鼻炎などの改善にも良いとの結果が出ているなた豆茶。
アレルギー鼻炎持ちの彼に良さそうだな~と試しに買って飲んでみたところ、お茶としても美味しいです。
高血圧予防にも良いそうなので、義母に今度持って行こうかな。

b0019820_23134251.jpg



<ブータン国王来日>農業指導尽力の故西岡さん 妻感慨深く







-------------------------------------------
ヒマラヤの王国ブータンで農業指導に尽力し、同国民にもよく知られている故西岡京治さんの妻里子さん(75)が16日、来日中のワンチュク国王夫妻とともに宮中晩さん会に出席する。
金銭的な豊かさの指標となる国民総生産(GNP)ではなく「国民総幸福量(GNH)」を提唱する同国。里子さんは「経済の価値だけが全てじゃない。日本はもう少し、本当に不幸な人を減らせるのでは」と感じている。
【池田知広】

64年、西岡さんは海外技術協力事業団(現国際協力機構)による最貧国支援計画の一環で里子さんとブータンに行き、高収量をあげる野菜栽培の指導や米の品種改良に努めた。
59歳だった92年に現地で病死するまでいかに農民が豊かになるかを考え、実行してきた西岡さん。生前の80年には、英国の「サー」にあたるブータン最高峰の称号「ダショー」が与えられた。外国人への授与は初めてだった。

外務省によると、ブータンの1人当たり国民総所得は2000ドル(約15万4千円)足らずだが、05年の国勢調査では国民の97%が「幸せ」と回答した。
GNHは当時の国王だったワンチュク国王の父が72年に提唱した。
日本では最近になってその考え方をもてはやす声がある一方、「貧しい国特有の理論」という意見もある。
里子さんは「GNHはドル支配の世界で『お金はなくても豊かに生活している』という国王の世界へのメッセージだった。経済成長を経た日本は今、『お金のない人はだめな人』になっているのでは」と指摘する。


毎日新聞 2011年11月16日 東京夕刊
-------------------------------------------
[PR]
by turnmyeyesto | 2011-11-16 23:14 | お出かけ兵庫 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://turnmyeyes.exblog.jp/tb/16942061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30