結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

フィンランドの暮らしとデザイン ムーミンが住む森の生活 展@兵庫県立美術館

三連休の一日目は、兵庫県立美術館で3月10日まで開催されているフィンランドの暮らしとデザイン ムーミンが住む森の生活 展へ、家具好き&ムーミン好きの旦那さんと2人で出かけました。

 兵庫県立美術館: 神戸ビエンナーレ2011 REFLEXIONEN ひかり いろ かたち
             榎忠展 美術館を野生化する
             カフェ フォルテシモ

b0019820_198612.jpg


美術館(展示室)の入口には、フィンランドのライフスタイルを再現したという『森の家』が設置され、皆、中をのぞきこんでいます。
b0019820_19525440.jpg


中にはムーミン一家が♬
b0019820_1623065.jpg


展覧会では、お目当ての一つ、ムーミンの挿絵原画を見ることが出来ました。
また作者のトーヴェ・ヤンソンの油絵2枚も展示されていました。
当然なのかもしれませんが、画風が全く違い、最初はヤンソンの作品だとは気づかずでした。
フィンランドの画家の方々の絵も、今回の展示で初めて目にしたのですが、独特の筆遣い・雰囲気に、これが風土というものなのかなあと興味深く感じました。
サーリネンやアルヴァ・アアルトの椅子の展示もあり、実際に座らないと良さは分からないよね~と2人で話していたところ、アアルトの『パイオミ』などを実際に座ることができるコーナーもありました。
(サーリネンはさすがになかった・・・!)

私たちはまだフィンランドへは行ったことがないのですが、飛行機の乗り継ぎでヘルシンキ空港を使ったことがある旦那さん情報によると、細かなところもデザイン性が高く、かっこよかったそうです。
日本ももっと良いデザインに囲まれた街、国造りを行なったら、面白いのにな~と思います。
(もしくは、酷いデザインのものを無くすとか・・)

b0019820_1625325.jpg

今回の展覧会では、ムーミン絵葉書の他に、『ムーミン画集 ふたつの家族』を購入しました。
原作から144点の絵と共に、どのようにムーミンの物語が生まれたのか、ヤンソンの言葉や写真から知ることが出来そうです。


b0019820_16251958.jpg

この絵を見たら、村上春樹の『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』がどうしてだか頭に浮かびました。


 ムーミン:ムーミン原画カレンダー
       ムーミン増殖中

[PR]
by turnmyeyesto | 2013-02-09 20:38 | お出かけ兵庫
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30