結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

神戸ビエンナーレ 2013 神戸港・海上アート展

週末の晴れの日を狙って、神戸ビエンナーレ2013・神戸港・海上アート展を見に行きました。

乗船券付きのセット券(1800円)を使って、船の上から作品を鑑賞することができます。
セット券で乗船できる船は、神戸中突堤中央ターミナルかもめりあ発着の遊覧船です。
例えばファンタジー号でしたら、乗船券は1200円で発売されています。
ビエンナーレのセット券では、乗船券の他にメリケンパーク会場、兵庫県立美術館、BBプラザ美術館、横尾忠則現代美術館の入場もできるので、かなりお得ではないかと思います。

私たちは以前にファンタジー号に乗ってマリンクルーズをしたことがあったので、今回は別の船に乗りたいと、オーシャンプリンスという船に乗ることにしました。

こちら↓で船の詳細を見ることができるはずなのですが、否応なく大きな音楽が流れ出ているサイトでしたので要注意です…
神戸ベイクルーズ


ここで一点注意しなくてはいけないのは、オーシャンプリンス号を選んだ場合、航路が短いため、海上アートの全てを見ることができないそうです。
(事前に、オーシャンプリンス号の方が教えてくださいました。)
全ての海上アートを見たい場合は、ファンタジー号に乗ればよいのではないかと思います。
b0019820_2083958.jpg


出航~♬
まだそれほど寒くなかったので、デッキから楽しみました。
b0019820_20272891.jpg


ファンタジー号と同じくオーシャンプリンス号からも、造船エリアを近くから見ることができます。
こちらは、ばら積運搬船が造られている最中のようです。

 進水式@川崎重工業 神戸工場

b0019820_20273923.jpg


以前も一度見ているけれど、要塞のような迫力があります。
b0019820_21185532.jpg


海上アート『輝く人』です。
釣り人さんに囲まれています。
『輝く人』の近くには、神戸ビエンナーレ大賞をとった『視線の方舟(アーク)』という作品があり、こちらも見ることができたのですが、船の上から見ると、私は『輝く人』のほうが印象に残りました。
『視線の方舟(アーク)』は船からではなく、地上から見たほうが、断然作品の良さが分かるようです。

追記:
コメントを下さった3uzさんに教えてもらったコチラの鵜沢 隆『視線の方舟』を見ると、もう一度、同じ目線で、夕刻に見てみたいと思いました!

b0019820_2123383.jpg


人工大理石で作られたという直径3.5mの花は招待作家の方の作品でした。
一つは開花した大輪、もう一つは開きかけのつぼみだそうで、神戸の過去と現在、未来を表現された作品だそうですが…船から見るとそれほど大きくもなく、ちょっと寂しいかしら??
b0019820_21243436.jpg


こちらの作品は、億万の銀河と宇宙の母、生命のエネルギーを表現したものだそうです。
b0019820_21244429.jpg


神戸港や神戸の街並みと共にアートを楽しむという、ウォーターフロントの特性をいかした展示は面白いな~と思いました。


b0019820_21384256.jpg


オーシャンプリンス号では、航海中、見どころの解説(例えば、神戸大橋は日本で初めての2階建ての橋である等)をしてくださるので、神戸について豆知識を仕入れることができます。
神戸観光の際には、乗船しても楽しいと思います!
[PR]
by turnmyeyesto | 2013-11-12 21:46 | お出かけ兵庫
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31