結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

神戸の桜 水の科学博物館『奥平野舞桜』

b0019820_13425917.jpg
週間天気予報を見ていると、傘マークが並んでいたので、この晴れの日を逃してはいけないとお花見へ出かけました。
今年は水の科学博物館へ足を運びました。

水の科学博物館
神戸市兵庫区楠谷町37-1
078-351-4488
9:30~16:00 休館日:月曜、年末年始

さくらフェア 平成27年3月21日(土)~4月12日(日)
期日中は無休・入館料無料




門までの道々に植えられた桜も、ほぼ満開を迎えていました。(2015.4.2撮影)
b0019820_13431061.jpg


初めて水の科学博物館へ足を運んだのですが、平成元年の神戸市政100周年と平成2年の水道給水開始90種年を記念してオープンされたものだそうです。
b0019820_13484885.jpg


ドイツルネッサンス風の重厚な美しさのある建物は、神戸地方裁判所や海岸ビルヂングなどの設計を手がけた河合浩蔵氏によるものだそうです。
b0019820_13481535.jpg


科学博物館もなかなか見応えがありました。
大人でも『これ何だろう?』と興味を引かれる実験機材などがありました。
小学生のお子さんなど、遊びながら水の性質や私たちの暮らしに関わる水環境を学べるので良いと思います。
(私も改めて、水は大切。水を大事に使おう…と見学をして思いました。)

博物館2階からの風景
b0019820_1350468.jpg


写真にはないのですが、遊具施設が置かれた芝生の広場があり、小さなお子さんとお母さんたちのグループがシートを広げられていました。
こちらは芝生の広場とは反対方向にあった桜のトンネル。
ベンチがいくつか設置され、こちらでもお弁当を食べながらお花見される方々が。
b0019820_13505474.jpg


『市民の木』の選定を受けている奥平野舞桜は、少し寂しい感じでした。
満開は週末ぐらいなのかな…
b0019820_13512724.jpg


水の科学博物館へ来て、衝撃(?)だったのは籔内佐斗司さんの作品が芝生の広場にあったことです。
第11回神戸須磨離宮公園現代彫刻展において神戸市緑化芸術賞と兵庫県立近代美術館賞を受賞された『犬モ歩ケバ』という作品
『せんとくん』とはまた違うものね~
b0019820_13513613.jpg


さくらフェア開催中は、科学博物館において様々なイベントが開催されているようです。
4/4(土) 自衛隊兵庫地区協力本部による『南極の氷を味わおう』
4/5(日) 神戸職場人合唱団かがり火によるコンサート
4/11(土) 神戸山手短期大学によるコンサート、神戸山手大学によるキッズエコ工作
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-04-03 14:56 | お出かけ兵庫
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31