結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

やまと商人 大交流市 ~お醤油と私~

週末、なら100年会館で開かれていた、『やまと商人 大交流市』というものへ足を運ぶ。

後から知ったのですが、これは奈良商工会議所青年部の方々が主催されたイベントのようで、
奈良の特色ある企業や、製品を知ってもらうために企画されたようです。
私は、奈良の特産物が売られている&飲食コーナーもある、と知って行くことを決める。
私はお土産を買うのが大好きな性格なのですが、出来たら同じものではなく毎回違うものを持参したい。だから、奈良の特産物については大いに知りたい!
そして食べるの大好き!
そこに美味しいものがあるのならばどこへでも~

青紫園 晃氏の鹿の一刀彫の実演があったり、新しい和菓子に出会ったり(しかし名称を忘れました・・)、私の好きなカステラ屋さんも出店されていたり、私が今、興味があるのは"家のリフォーム"なのですが、奈良のリフォーム屋さんを知ることが出来たりと、興味深く見て回ることができました。(欲を言えば、もっと出店してほしい美味しいお店屋さんがあります!)

そして、私にとって今回、収穫があったのは、お醤油です。
奈良に来る前から、片岡醤油というお醤油が美味しいとメディアで知り、奈良へ行ったら片岡醤油の醤油を使ってみたいと、お店の名前だけは頭の片隅にありました。
そして、この大交流市で、奈良のお醤油屋さんが集まったブースがあり、片岡醤油もそこにあったのです。
さらに驚いたことに、奈良県内には、お醤油を作っているところが27社もあるとのこと。
たまたま、片上さんという食文化について研究されている方と少しだけ話す機会があり、この方の書かれた新聞記事を読ませていただいたのですが、奈良のお醤油屋さんの特徴としては、他県とは違い、各醸造所(個々のお店)で、それぞれお醤油を一から作っているとのことでした。
よって特色あるお醤油が多いとのこと。
(他県の作り方としては、大抵、各都道府県のお醤油造りをされる方々が共同で生産し、それを個人の店に持ち帰り販売(桶売り販売)、という形式が多いようです。)
27社のお醤油を一つずつ試してみたいな~

そして、今回私はどこのお醤油を購入したかというと、このお醤油屋さんブースでは買わずに(ご、ごめんなさい・・・次回は必ず)、川波農園というところのばぢる醤油を購入。
b0019820_2264176.jpg


こちらのお醤油を販売している川波農園さんは、是非とも足を運んでみたいと思ってるお店の一つなのです。
私の住む家の最寄り駅にも姉妹店の"日本料理 川波"があるのですが、"川波農園"は、生駒にある敷地600坪の農園で、そこで農園料理を出されているのです。
川波農園さんも今回のイベントで出店されていて、お醤油も販売されていたので、今回はこちらを購入。
b0019820_2275058.jpg


いただいたお店の案内には、『ザリガニ・メダカ・タニシ・ドジョウ・サワガニなどが採れるので、アミやバケツを持参下さい』との一文が。
わくわく~~
[PR]
by turnmyeyesto | 2005-10-04 23:52 | 食@関西圏(奈良)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31