結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:音楽・観劇( 15 )

山海塾 『歴史いぜんの記憶-うむすな』 @びわ湖ホール

先週末は2人で、びわ湖ホールで行われた山海塾「歴史いぜんの記憶-うむすな」を観に行きました。
山海塾は舞踏家 天児牛大さんが率いる舞踏カンパニーです。
演目の題となっている「うむすな」は生まれたところを指す古い言葉とのこと。
b0019820_22593268.jpg

舞台の目指すところ等の知識を事前に持たずに、暗闇の中に浮かび上がる舞台を観ました。
どう感じて、自分の中に何が残ったのかは書きませんが、後を引く舞台でした。
家に帰ってからも余韻がじわじわ。
そして思うに、舞台で踊っている方々が、あの場で一番楽しいのではないかしら。ああ、いいなあ。
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-06-13 23:02 | 音楽・観劇 | Trackback | Comments(0)

久しぶりのライブ  マヤ・ヴィク@大阪

b0019820_17182679.jpg
7月の三連休初日は、久しぶりにライブを観に心斎橋にあるライブハウスへ行きました。
お目当ては、ノルウェーのマヤ・ヴィクという女性アーティストです。

男性アーティストのベースを弾く指や姿にキュンときたことはないのですけれど、彼女のベースを弾きマイクに向かう姿には見惚れました。
カッコイイーー!!
まだ楽曲が少ないためか、今回は対バン形式のライブでした。
次は単独ライブで、より深いグルーブ感を感じたいです。

ライブ後には、ステージから降りてきてくれて、サインを書いてくれたり一緒に写真を取ってくれたりと、フレンドリーな方でした。
ありがとう~~♥

マヤ・ヴィク ジャパンツアー初日/ぴあ







80年代のメロディアスでロマンチックな洋楽好きな人には、ストライクなアルバムじゃないかな~と思います。
b0019820_17175384.jpg




鳥の巣ヘアーしてみたい・・
[PR]
by turnmyeyesto | 2012-07-14 23:25 | 音楽・観劇 | Trackback | Comments(0)

NAP2010音楽イベント 「しりあがり現象!」

10/2から始まった奈良アートプロムの音楽イベント、しりあがり現象!へ彼と2人で足を運びました。
安齋肇さんのもとに個性豊かなメンバーが集結した「OBANDOSU(おばんどす)」というグループ。
こちらに、しりあがり寿さんも参加されています。
自作楽器を手に、演奏を披露される「OBANDOS」
(2009年には、サマーソニックにも参加されていたそうな。へえ~)
ゆるゆる~とした具合が、とても楽しかったです。
個人的には、パラダイス山元さん(マン盆栽作家・・?)がとても気になりました。

他にも、アーティストの方が出演されていたのですが、開場に遅れてしまった私たち。
SJQという方々の、生演奏をリアルタイムで音響処理する、ライブエレクトロニクスという手法で行ったジャズが、既存のジャズとはまた違って、とても面白かったです。

b0019820_20405926.jpg


来週末は、平城宮跡会場で行われる西本智実さん指揮のコンサートへ行く予定です。
大極殿音絵巻
他の日には、葉加瀬太郎さんや谷村新司さんなどが公演されるようです。
まだチケットも購入できるようですので、興味のある方はぜひ!

ちなみに、私はe+ イープラスで購入しました。
[PR]
by turnmyeyesto | 2010-10-09 22:40 | 音楽・観劇 | Trackback | Comments(4)

ララララ ライブ!

ステージやホールを見渡して、ライブの始まる前の高揚感に浸るのが好きな私です。
そんな私は、好きな食べ物を後に食べるタイプ。(時に、半分に分けて、最初と最後に食べるという技もありますが・・)
b0019820_11552356.jpg


ライブは19時開演の21時半過ぎまで。
彼が思うところのpopが具現化されたものを、見て聴いて楽しい時間でした。
そして、MCがとっても面白くて、ライブであんなに笑ったのは初めてかも。
機会があれば(ないだろう)、喫茶店で、どうでもいい話を話し込んでみたい!と思わされる人でした。
さてこの度、友人のおかげで初めて平井堅さんのお顔をじっくり見させていただく機会に恵まれましたが、誰かに似ている・・・
!!
鈴木亜久里だ!(ファンの皆様、ごめんなさい・・改めて見ると違います)


ライブの中で、気になったことが一つ。
アンコール最後の曲は、アカペラで歌ってくれたのですが、その最中に赤ちゃんの泣き声が聞こえてきて・・・

私は聞く専門なので、歌手の方の心境は分からないのですけれど、ただ歌うのではなくって、自分の中の何かを高めたり昇華させて歌うのではないかな~と考えるので、それが削がれてしまうのでは、とやきもきしてしまい(歌う前に、お父様に捧げる曲だとも仰っていたので)、ステージに泣き声は届きませんように、という気持ちに傾いてしまって、身を入れて曲を聞くことが出来なかったのです・・・残念。

多分、このコンサートに年齢制限はなかったのだと思いますが、各自でもう少し考えることも必要かなぁと思います。
何より、赤ちゃんの耳にコンサートの大音量はよくないのではないかしら、と思うのですが。
[PR]
by turnmyeyesto | 2008-06-18 11:46 | 音楽・観劇 | Trackback | Comments(4)

井上陽水 コンサート2007@なら100年会館

井上陽水のコンサートへ行った。

なら100年会館。
奈良だし人が集まらないかも・・!と高をくくっていたら(陽水、奈良県民の皆様(そして私も奈良県民)、ごめんなさい)、初日にチケットを買いに行ったにも関わらず、補助席!わーお!
でも、会場がガラガラよりずっといいです。
ファンがたくさんの方が陽水だって嬉しいと思うし!(彼はそんなことを気にしないかもしれませんが・・)

補助席でしたが、ステージに近く、そしてちょうど端っこだったので、周りを気にせず立ち上がることが出来て、体を揺らしました。スペースを守って1/3ほど踊りました。

あああ。陽水、格好良かったーーーーーー
ライブ、最高です。
どうにも仕方なく、家で曲を聞き返しています。

ああ。
あああ。

セットリスト
b0019820_22581863.jpg

どの曲も素晴らしかったのですが今回一番心に残ったのは『人生が二度あれば』、でしょうか。
この曲は、歌詞が直接的過ぎて好みではありませんでした。曲調自体は体にすんなり入ってくるのに、私の心が若すぎたせいか今まで歌詞は体に入ってこなかったのですが、今回は飛び込んできました。
『氷の世界』も、去年の京都公演(この公演のときも素晴らしく素晴らしく良かった)よりも殺人的に格好良いと感じたのは、席が良かったせいなのか・・ノックアウトです。
『飾りじゃないのよ涙は』のジャズアレンジも痺れてしまい・・と興奮冷めやらぬで止まらないので、この辺りで自粛します。
あ、今月誕生月なので『ハッピーバースディ』に、一人ポとなってみたりもしていました。(大いなる勘違い)




花を背負う井上陽水さん
b0019820_2314684.jpg

宣伝ポスターがこれでした。
どうしてこうなったの・・?と聞いてはいけないような気がするのはファンだからか。
眺めていると、味があっていいかもと思うのも、ファンの贔屓目か。



この人のコンサートへ行くたびに、自問自答しながら話す井上陽水さんが私は大好きだな~と思います。
嘘をつかないように努力する人が好きだ。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-06-12 23:03 | 音楽・観劇 | Trackback | Comments(2)

The Platters@OSAKA Blue Note

義母に誘ってもらって、ブルーノート大阪のプラターズのライブに行く。

ブルーノートは、NYにあるものへは一度行ったことがあるのだけれど、日本では初めて。
ブルーノート東京は行こう行こうと思いつつ、なぜだか逃して。

そもそもプラターズって?という私だったのですが(義母さん、ごめんなさい・・・)、
最初の曲、"オンリーユー"を聴いて分かりました。
ああ、この人たちの曲だったんだ~知らずに口ずさんでいたこともあったかも。
すごくサービス精神の旺盛なメンバーで、往年のファンらしき方々は大喜び。
そんな中、私はプラターズの皆様よりも、バックバンドのコンサートマスターに釘付け。


帰り際、お店の中に飾ってあったアーティストの写真を見つけて、夫と興奮。
メイシオ~
b0019820_23521139.jpg


次は、クリスマスシーズンのスタイリスティックスのライブに来たいな
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-10-03 23:52 | 音楽・観劇 | Trackback | Comments(2)

ゴダイゴ@東大寺

5/4、東大寺大仏殿前で行われたゴダイゴの復活ライブに行く。

サウンドチェックの音を聴いているときが、一番楽しい時間だったかも・・
期待が大きすぎたのか、私が根っからのファンでなかったせいか、身も(夜の野外ライブだったのですが、昼間は暖かさに反して夜は冷えた)、そして心も寒いまま終わってしまいました。涙。
タケカワさんの声量が・・・で、ライブの躍動感が感じられず、私の中ではあっさりと終わってしまった3時間でした。タケカワさん、調子が悪かったのかな、、
もう一つ、勝手な趣味を押し付けてしまうと、せっかく東大寺。ザ・日本。
英語ではなく、日本語で歌って欲しかったよううう

大仏さまをバッグに『ガンダーラ』が聴けた、もしくは大仏さまが赤、緑、青、紫といった色で光輝く摩訶不思議な光景を見れただけでも良しとすべきか・・。
しかし、翌日の萬斎さんの狂言に行けば良かったかも~とちょっぴり残念無念。

ライブ後、夫と二人、足早に(トイレに行きたかった)東大寺を後にして、夜ご飯を求めて奈良駅近辺に下る。
目指していたお好み焼き屋さん(おかる)は、閉まっていた。
奈良の夜は早い。

他のものは何も心に浮かばない。私の心にあるのはお好み焼きだけ。

三条通沿いの奈良駅近くに、お好み焼き屋さんがあった気がする~と行ってみると開いていた!

よしっ

きたっ



・・・・・・・・・・・・・・・・・むぅ




偏見かもしれませんが、関西で、こんなお好み焼き出していいんですかーーーーーっ(驚愕)
広島焼きを頼んだからいけなかったのーっ??
(いや、夫の豚玉も同様だった)

どうにもやるせないので漫画喫茶に入り、1時過ぎ、帰宅の途につく。
読みたかった漫画を読みきれたから今日は良しとしよう!

あー、かっこよくて、ビシーとくるライブに行きたい
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-05-08 22:12 | 音楽・観劇 | Trackback | Comments(2)

井上陽水 コンサート2006@京都会館 

京都会館井上陽水のコンサートを観に行った。

大好きな『帰れない二人』も聴くことができた。
そして、今回のコンサートの中で最もビシーっときたのでが『氷の世界』
名曲中の名曲で最高なのは確実なことだけれど、かっこいい!!!!!
確かだ!
アレンジされて、ぶっ飛んでる『氷の世界』

よーうーすーいーーーーーー っ

体が楽器のような人。

この方のMCがまた楽しくって。
歌うように喋られる方で、話すことなんだか愉快。
コンサート中、夫と顔を見合わせてクスクス笑うことしばし。

陽水氏、今回のライブ中に「お腹の底から願っていることは皆様の健康(うんぬん)~」というようなことを何度か仰っていた。
こんな偽善者じみた言葉だけれど、陽水が言うと嘘じゃない気がします。本当なのね。ありがとう。

言葉を模索しながら喋る人だと思う。私はこの人を信用している。


コンサート会場で買ったパンフ
b0019820_2344198.jpg

読み応えあり。
そしてフジロックに陽水も出ていたなんて知らなかった・・!ああ・・

次は東大寺でゴダイゴのコンサート
がんだ~ラ♪
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-04-19 23:20 | 音楽・観劇 | Trackback | Comments(6)

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅥ@琵琶湖ホール

琵琶湖ホールへ、小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトVI ロッシーニ:歌劇「セビリャの理髪師」を観に行く。

琵琶湖ホールの最寄り駅は、大津もしくは膳所だったのですが、京都から10分という近さにびっくり。
滋賀県はもっと遠いところにあるものかと思っていました(地理に弱い・・)

せっかく滋賀県に足を踏み入れるので滋賀を満喫しようと、琵琶湖を見ながら近江牛!と琵琶湖ホテルでランチを食べようと意気込んでいたのですが、予約でいっぱいとのこと(涙)
やはり当日ではだめなのか・・
近江牛さん、さよなり。

京都で食べてから行こうかとも思ったのですが、やはり、滋賀で食べたいと思い、出かける前にネットで調べて見つけた膳所駅から10分のところにあるアンチョビというイタリアンへ行く。

b0019820_22192987.jpg盛りだくさんの前菜。
どれもお味がしっかりついていて美味しい!

b0019820_2221384.jpg
たっぷりのチーズに、分厚いサラミ。満足~~

b0019820_2220076.jpg
サンマをとキノコのパスタ。
お魚よりお肉派の私でも美味しくいただけました。
(お魚の匂いに敏感な方は他のパスタにしたほうが良いかも)



胃も満足になったので、いざ、琵琶湖ホールへ。
私は開演前のわくわくする雰囲気がたまらなく好きです。
オケの人々も音をタラリラプカプカ自由に出しています。
そんな雑多な音に包まれるのが大好き。
b0019820_22264029.jpg


今回はバルコニー席から観覧していたのですが、オペラを観るというよりも小澤氏の指揮する姿ばかり観てしまいました。
舞台ももちろん見えるのですが、指揮する姿を見てるほうが楽しくって。
生でオーケストラを観ていると、音の動きが波のように感じられて心が震える。
そして小澤先生、ますます若々しくなったような気がするのは気のせいか。

今回のオペラは(半分くらいしか観ていなかったけれど・・)、先日観に行ったオペラとは比べ物にならならないほど文句なしでした。
スポンサーの力の違いなのかもしれませんが、歌い手さんとともに、セットに対するお金のかけかたが違う。
よって、このオペラの舞台には信憑性があるのに対し(すんなりとオペラの世界に入っていける)、先日観に行ったオペラは、安っぽい作り物感が見えてしまってダメだったんだと思いました。
(不満足感を与えるセットを見せるのなら、いっそ、能や狂言のように、舞台には何もおかずに、歌と音楽だけで勝負するほうが良いと思う。)

素晴らしいオペラだったけれど、これからしばらくはオペラではなく、オーケストラや、個々の楽器の演奏会に足を運びたいな。
そして音を楽しみたい。
[PR]
by turnmyeyesto | 2005-10-11 22:53 | 音楽・観劇 | Trackback | Comments(10)

魔笛@なら100年会館

今日は夫婦で、なら100年会館へウィーンの森バーデン市立劇場の「魔笛」を観に行く。
b0019820_0111510.jpg


本当は、来年2月に東京のオーチャドホールで公演のシュッツドガルト歌劇場の「魔笛」を観に行きたかったのですが、せっかく奈良に住んでいて、なら100年会館は家から歩いて10分のところにあるし、奈良でお金を落とそうと彼と話し合い、こちらのチケットを購入。

そして感想なのですが、奈良に義理立て(?)せずに、シュッツガルド歌劇場のチケットを購入すればよかったかもしれぬ・・

私は音楽を勉強してきたわけではないので、感覚的に持っている偏った考えなのですが、オペラとは、生の賛歌を表現した舞台芸術だと考えています。
オペラの筋を見ると、起承転結を冷静に考えるとなかなか滑稽なものもたくさんありますが、それも人生。これもありだよね、あはははーと笑える力強さもまたオペラだと思います。
だから、何よりも歌における力強さが大切だと思うのですが、この歌劇団にはそれが足りない気がしました。
主人公のタミーノ役の方が私には・・・で。
声が細すぎるからかなぁ。
棒のように突っ立って歌う姿は、まるで学芸会のように思えてしまったのです。
(動きをつけずに突っ立って歌ってOKなのは、歌だけで圧倒できる方だけに許されるものかと)
相手役のパミーナや、相棒役のパパゲーノは頑張っていただけに、残念です。

なら100年会館は、確か、そう昔ではなく最近建てられたホールだと思うのですが、それにしては椅子が長時間座るには辛いホールかも。
もっと人間工学等を考えて作って欲しかったよ~。
そして、このオペラ公演にホールとしても力を入れていたようで、ボランティアさんと見受けられる(と、素人の方のように見えたので、勝手にそう判断しているのですが、もしかしたら違うかも?)女性の方々が席案内をしてくださっていたのですが、違う席に案内されて、オペラの途中で、席替えをさせられてしまったり。

と、よろしくない点ばかりあげつらってしまいましたが、チケットを購入した人には、人数限定ですが、「魔笛」についてのプレセミナーを開催したり、本番直前のバックステージを見学させてくれたりとのサービスもありました。
こういうサービス、もっとやって欲しい!
また、普通、パンフレット等は有料販売だと思うのですが、パンフレットを無料配布されていました。
b0019820_0124540.jpg

b0019820_0121395.jpg
「魔笛」とモーツアルトについての解説、出演者の紹介はもちろん、しょっぱい絵柄ですが、魔笛を分かりやすく漫画にしてくれていました。

公演内容やホール自体のサービスが、これからもっと洗練されていくことを期待しています。

私はオペラやオーケストラ、はたまた絵画を鑑賞するときなど、自分なりに、そのときの芸術の自分なりのイメージにあわせてオシャレしていくのですが、今回は、会場が家から10分ということで、かえって家でのんびりしてしまい、オシャレが完璧に出来なかったよ。無念。
魔笛に出てくる夜の女王から連想して、ひとまずこのバッグをクローゼットから引っ張り出しました。
b0019820_0212610.jpg

女王というより、魔女系・・?

次は10月の小澤征爾音楽塾のオペラ・プロジェクトだ~!
こちらは外さないはず。
きっと。
(頼むー)
[PR]
by turnmyeyesto | 2005-09-18 00:23 | 音楽・観劇 | Trackback | Comments(10)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31