「ほっ」と。キャンペーン

結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お出かけ京都( 137 )

東寺餅@東寺

弘法市を後にして、東門を出たところすぐにある御菓子司 東寺餅へ寄りました。
東寺御用達の老舗の和菓子屋さんです。
b0019820_15460710.jpg
東寺餅とニッキがきいた亥の子餅を購入しました。
b0019820_15461410.jpg
やわらか~いお餅。
美味しかった~
b0019820_15462218.jpg
東寺餅を後にして、京都駅に向かう途中で見つけたあめ久という佃煮屋さん。お味見させてもらって美味しかった『ししゃもきくらげ』を購入しました。ご飯がもりもり進みます。
[PR]
by turnmyeyesto | 2016-12-03 16:00 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(0)

秋の弘法市@東寺(京都)

昨年は12月の終弘法へ出かけましたが、今年も行くことができるか未定だったので、行けるときに行っておこう!と奈良の友人Yさんと11月に開催された弘法市へ足を運びました。
b0019820_17415670.jpg
年々、外国の方の姿が増えているな~と感じます。
b0019820_17422545.jpg
骨董品を扱うお店も多く見かけますが
b0019820_17425586.jpg
手作りのお店も数多く並んでいます。こちらでは、可愛らしいお花のブローチを購入しました♪
b0019820_17530376.jpg
ハーブティーを扱うお店のおじさんや、色々と試飲させてくれる京都発 和風ハーブティー Be-treeさん(今回は『ゆず黒糖しょうが湯』を購入しました。美味しい!)、木製のお皿などを扱うお店など、1年前に出会ったお店の方と再び会うことができて、より弘法市に愛着がわくのでした。
そして今回の戦利品は、Yさんとお揃いの帆布のバッグ!



[PR]
by turnmyeyesto | 2016-12-02 22:30 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(0)

2015 終弘法(弘法市)@東寺

過日の21日、友人Yさんと京都駅で待ち合わせをして、東寺の終弘法(弘法市)へ出かけました。
この日は生憎の雨模様でしたが(雨でも弘法市は開催されます)、今年最後の弘法市とあって、多くの方が集まっていました。(外国からのお客さんも多くお見かけし、着物や骨董などを出されているお店が人気でした)
b0019820_23285024.jpg


いくつか戦利品(良い焼き物との出会いもあった…!)と共に、美味しい食べ物との出会いもありました。
わかさぎの天ぷら、熱々!美味しい!
しかしお兄さんによれば、北野天満宮では人気なのに東寺ではもう一つなんだそうです。
なぜかしら…とても美味しいのに…
b0019820_23285760.jpg


この日のお目当ての一つ、お正月用のお花も購入しました。
b0019820_2329387.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2015-12-28 23:48 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(2)

京都迎賓館 参観 @京都御苑

京都大学総合博物館へ行った後、京都御苑へ向かいました。
京都御苑は広々として緑も多く、近所に住んでいたら毎日の散歩コースとなっていたでしょう。

 #京都御苑
葵祭@京都御所(京都御苑)紫式部ゆかりの寺~廬山寺拾翠亭@京都御苑
京都御苑を散策閑院宮邸跡@京都御苑
b0019820_22485541.jpg


そしてこの日の目的は散歩ではなく、京都迎賓館。
平成27年迎賓館参観の事前申込を経て、見学をさせてもらいました。
見学する際には、参観証、身分証明書が必要で、入館前には荷物検査と金属探知機を通ること、
そして館内へ持ち込みできるのはカメラのみという、なかなかの厳重ぶりでした。



海外からの賓客をもてなす場として、平成17年に建設された迎賓館。
そのコンセプトの一つは「現代和風」だそうで、構造は鉄筋コンクリート造りとのこと。
しかし、コンクリート造りであることを来館者に全く感じさせず、東京にあります迎賓館赤坂離宮の洋風建築との違いを確立しているのが良いと思います。

こちら『藤の間』では、洋食の晩餐会や歓迎式典の会場として使用されているそうです。
b0019820_2248269.jpg


藤の間に造られた舞台では舞や能などが披露されるそうで、この御簾がまた美しいです。
舞台扉は人間国宝の故・江里佐代子氏による截金が施されています。
b0019820_2248995.jpg


和食を提供する『桐の間』では、全長12m、漆の一枚仕上げに目が釘付けになりました。
b0019820_22481569.jpg


京都迎賓館のもう一つのコンセプトは「庭屋一如」だそうです。
自然が再現された庭と建物の一体感は、日本人が肌で感じる贅沢というものの極みだと思いました。
(特に、東西の建物をつなぐ廊橋からの眺めが良いのですが、こちらからの写真撮影は残念ながら×でした)
b0019820_22482458.jpg


ブータンの国王夫妻も楽しまれたという「舟遊び」のための和舟。
b0019820_22483251.jpg


首脳会談のための格式の高い部屋となっている『水明の間』
水がテーマとなったこちらの部屋は、天井の中央部分が両端よりも高く、勾配のついた船底天井という構造になっていました。
天井のオブジェは美濃和紙、そして技法は京指物を用いて製作されたものだそうで、洗練された美しさに包まれ惚れ惚れします。
b0019820_22483966.jpg


京都迎賓館を建設するにあたり、京都を代表する伝統技能者の技を数多く活用しているそうです。
また館内の調度品は、西陣織や蒔絵、漆などの伝統的技能を活用したものが配置され、伝統の継承という点でも、素晴らしい場になっているのだなあと感じた一日でした。

京都迎賓館に生きる伝統的技能(その1)
京都迎賓館に生きる伝統的技能(その2)
京都迎賓館写真集
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-08-15 16:14 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(0)

関西博物館巡り~ 京都大学総合博物館@出町柳

また別の日に京都に出ました。
個人的に、夏の京都は人は多いし暑いので行くもんじゃないと思っているのですが、それでも行ってしまう京都。
魅力的な街です。
そして向かった先は京都大学総合博物館です。
b0019820_22332189.jpg


こちらは大規模なジオラマ、ランビルの森(ボルネオ島にあるランビル国立公園の一部を再現したもの)です。
b0019820_22333182.jpg


こちらの『ミューズ・ラボ』では、第一線の研究者や教授による一般の参加者にも分かりやすい講義が、月に一回行われているそうです。
もっと近かったら通いたかったな~
b0019820_22333844.jpg

  
ナウマン象や恐竜の化石、最古の京都地図である『都記』や石棺など興味深いものがたくさん並んでいます。
地球上にはたくさんの生物がいて、人間の生活も連綿と続いているんだな~と実感。

京都大学総合博物館
京都市左京区吉田本町
9:30~16:30 休館日:月曜、火曜、年末年始
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-08-13 23:43 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(0)

関西博物館巡り~ 梅小路蒸気機関車館@京都

今年の夏は、近場にあるけれどまだ行ったことのない博物館へ出かけよう!というプラン(というほどのものではありませんが)で楽しむことにしました。

まず足を運んだのは、8月30日に閉館となる梅小路蒸気機関車館です。
(平成28年春に『京都鉄道博物館』として新しくなるそうです)

エントランスそして資料展示館として使用している旧二条駅舎は、1996(平成8)年の役目を終えるまで、日本最古の木造駅舎だったそうです。
(1997(平成9)年に梅小路蒸気機関車館に移築、復元)
b0019820_2120739.jpg



SLだー!!
明治から昭和にかけて旅客用、貨物用に製造された蒸気機関車が並んでいます。
b0019820_2118355.jpg


美しさと迫力を兼ね備えた扇形車庫に大興奮。
1914(大正3)年に建設されたもので、現存する最古の鉄筋コンクリート造りの扇形車庫だそうです。
b0019820_21175741.jpg


おっきいな~!!
b0019820_21181725.jpg


More
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-08-12 17:57 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(2)

GWの京都へ~世界遺産 宇治上神社

GW1日目、京都は宇治へ向かいました。
目的はコレ!
10円玉のデザインにも使われている平等院です。
b0019820_17353125.jpg

平成24年より行われていた改修が昨年終了した平等院と、見頃になっているという藤を見たかったのです。
GWの京都、「絶対人が多いよ~」と難色を示した旦那さんには、「混むのは京都市内だよ。もしくは伏見稲荷辺り?」と押し切りました。

そして私の予想は、まんまと外れました。
平等院の入口に行ってみると、入場を待つ人の列が…
平等院を侮っていました。そしてGWの京都、オソロシヤ。

人で混み合っているうえに暑く、このまますごすごと帰ろうかと思いましたが、それも悔しい。
宇治駅を出たところにあるおみやげプラザ 宿木さんで頂いた宇治の案内図に世界遺産 宇治上神社の文字を見つけました。
恥ずかしながら、ここへ来るまで宇治上神社のことを全く知りませんでした。
ぜひ行ってみよう!と行先変更です。

b0019820_17353953.jpg


鳥居をくぐると柔らかな緑。
b0019820_17354780.jpg


世界遺産でありながら、質素な佇まいの入口です。
境内も広くはありません。こじんまりとしたものでした。
b0019820_1916580.jpg


国宝である拝殿は現存するものでは最古のもので(鎌倉時代前期に伐採された桧を使用)、寝殿造りという点がとても珍しいそうです。
縋破風の手法を用いた屋根(この点にも住宅風の建築という特色が見えます)は、昨年檜皮をふきかえたそうで美しさを増していました。
b0019820_17355615.jpg



本殿も国宝であり、平安時代の後期に造営されたと推察され、現存する神社本殿としては最古のもの。
他ではあまり見ないユニークな形の本殿で、正面一間の内殿3棟(こちらに祀られているのは、菟道稚郎子、応神天皇、仁徳天皇)を並列させ、流造の覆屋根で覆ったものとなっています。
とても興味深い神社で、こちらへ来ることができて良かったです。
b0019820_1736327.jpg

こちらの神社には親切なボランティアガイドさんがいらっしゃり、希望すれば説明をしてくださいますよ♫

宇治上神社
京都府宇治市宇治山田59
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-05-03 09:54 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(2)

丹後半島巡り2 立岩 @山陰海岸ジオパーク(間人エリア)

一泊二日の天橋立と伊根へ行くという以外はノープランの旅行。
けれどせっかくだから丹後半島を一周しよう!と目標を掲げ、車を飛ばしました。

京都百景にも選ばれているという間人(たいざ)の立岩に寄りました。
b0019820_20463244.jpg


溶岩の芸術作品とも言われる柱状摂理の玄武岩がそびえ立っています。
b0019820_20465685.jpg


間人には、聖徳太子の生母であり、用明天皇のお后であった間人(はしうど)皇后の伝承が残っているそうです。
 京丹後七姫伝説~間人皇后
間人皇后・聖徳太子母子像が海に向かって静かに立っています。
b0019820_204724.jpg


駆け足で巡ってしまったので、またゆっくり日本海側にも遊びに行きたいです。

立岩
京都府京丹後市丹後町間人
0772-62-6300(京丹後市観光協会)
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-12-19 17:08 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(0)

丹後半島巡り1 伊根の舟屋群 

天橋立を後にして、伊根の舟屋群を見に行きました。
漁村では全国初の重要伝統的建造物群保存地区です。
b0019820_17395458.jpg


舟屋とは1階が船のガレージ、2階が居間というユニークかつ機能的な建物で、伊根の舟屋群には舟屋が約230軒立ち並んでいるそうです。
b0019820_17405100.jpg


同じ日本でも地域によって、その風景は様々です。
旅では私の日常とは違うものを目に出来るのが楽しいな!
b0019820_17401185.jpg


新鮮な魚を食べたい!とお食事処 兵四楼さんに入りました。
海鮮丼、美味しかった~!
b0019820_17401624.jpg


お食事処 兵四楼
京都府与謝郡伊根町平田155-2
0772-32-0055

道の駅 舟屋の里では伊根浦の舟屋群を見渡すことができます。
海の幸のお土産が豊富で、私はへしこともずくを購入しました。
b0019820_1923961.jpg


道の駅 舟屋の里
京都府与謝郡伊根町字亀島459番地
0772-32-0277
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-12-18 17:07 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(0)

天橋立旅行5 成相寺とパノラマ展望台

旅館に一泊した次の日は、まず成相寺へ足を運びました。
こちらのお寺は西国三十三所第二十八番札所だそうです。
お寺には観光でちょこちょこ足を運んでいるので、いくつ制覇できているか暇なときにでも確認してみよう。
b0019820_16215122.jpg

願い事が必ず成り相う(かなう)お寺としても知られているそうで、あらいいじゃないですか…!(何を願ったかすっかり忘れてしまったけれど、まあいいでしょう)

こちらのお寺近くにはパノラマ展望台というものがありまして、坂道を車で上がると、天橋立と共に天気の良い日には能登半島や白山まで見渡すことができるそうです。
b0019820_16245587.jpg


コルコバードのキリスト像のようになっているよ…
b0019820_16215888.jpg



成相寺HPにも注意書きがありますように、成相寺に向かう際はカーナビにご注意!しなければなりません。
私たちはまんまとカーナビの魔の渦に巻き込まれ、裏道を突き進み、よく分らない山の中(行き止まり)に辿り着いてしまいました。
ナビの設定は丹後郷土資料館(0772-27-0230)とするとよいようです。そこからは一本道とのこと。

成相寺
京都府宮津市成相寺339
0772-27-0018
8:00~17:00
P50台
拝観料500円
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-12-17 16:25 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(0)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28