結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お出かけ中国( 26 )

念願のスカイサイクル @鷲羽山ハイランドパーク

児島駅を降りて、バスに乗りかえ向かった先は鷲羽山ハイランドでした。
お目当てはスカイサイクルという乗り物です。
岡山在住の知人に教えてもらい、一度乗ってみたいと思っていました。

そしてスリルあるよ~!と聞いていましたが、ほんと怖かったです…

怖いけれど、眺めは最高です!(瀬戸内の島々を眺めることができます)でも怖かった…
b0019820_19111699.jpg

自転車のような乗り物に乗って、ペダルをこいで進むというシンプルな乗り物ですが、
安全ネット等の設置がなされていない点が、色々な想像力を湧き起こし、怖さを倍増させています。

写真付きの詳しい説明のあるサイト 世界一怖いスカイサイクル
b0019820_19112443.jpg
ハイランドというだけだって、遊園地そのものが高い場所にあるので、すべての乗り物の標高が当然ながら高くなります。
観覧車も、今まで乗った中で一番怖かったかもしれません。
ところどころに見える古さ(腐食?)にドキドキさせられました。
b0019820_19110401.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2017-05-07 20:02 | お出かけ中国 | Trackback | Comments(2)

バイストン 梅石 -岡山・倉敷へ⑫-

全国シェアの7割を占めているという、倉敷の帆布産業。
帆布を扱うお店の中の一つ、BAISTONのショールームへ行ってみる。
b0019820_23255992.jpg

お店の名前の由来は、倉敷の帆布の創業者である武鑓石五郎・梅夫妻から一文字ずつとって「梅石(バイストン)」 
b0019820_23372016.jpg

紙袋の柄も、梅と石を組み合わせたもの。シャレがきいていて素敵です。
以前買った、奈良町で購入したsisiバッグの中で小分けの袋として使おうと、自分用に紺色のポーチを購入。
同じくsisiバッグの色違いで赤色のものを購入したAちゃんには赤いポーチを。



その他、今回の旅行で見つけたもの【番外編】
倉敷の美観地区内にさんりお屋なる、サンリオショップがありフラフラ~と入ってしまう。(夫の目がちょっぴり厳しかった・・)
自分用に干支根付。夫の分も買おうかと思ったけれど、絶対付けないと確信。やめておく。
b0019820_23435614.jpg

キティ好きの友人に。着物を着てきびだんご持っています。
b0019820_23473723.jpg


岡山城内のお土産屋さんで見つけた、桃太郎飴
b0019820_2355262.jpg


夢ニ郷土美術館へは行けなかったけれど、夢ニの一筆箋
b0019820_0021.jpg


旅行は楽しい!
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-05-15 23:26 | お出かけ中国 | Trackback | Comments(2)

鬼ノ城 -岡山・倉敷へ⑪-

彼が一番行きたがっていたところ鬼ノ城
温羅(うら)がこもったとされる、古代朝鮮式の山城

細い山道を車で登り、途中からは駐車場に車を置いて歩いて行きました。

私は正直なところ鬼ノ城にそれほど興味もなく、あそこまで歩いて行くのかと思うと尻込みしてしまいましたが、そこは二人の旅行。
私だけが行きたいところに行くのではもちろん駄目なので行きました。
でも思ったよりも全然遠くはなく、行ってみたらなかなか興味深い場所でした。
b0019820_19394240.jpg


日本式のお城とは一味違います。
b0019820_19472082.jpg


この鬼ノ城の主役「温羅」ですが、伝説では相反するものがあるようで、面白いものがあります。
温羅伝説では、異国の凶暴な鬼神。
新説・温羅伝説では、製鉄技術を吉備の国にもたらして繁栄に導いた功労者。

さて?

今回は西門と角楼しか見れなかったので、次回来るときは、ちゃんとウォーキングシューズで北門、東門、南門と全部回ってみたいです。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-05-13 19:36 | お出かけ中国 | Trackback | Comments(2)

備中国分寺 -岡山・倉敷へ⑩-

私は旅行をする際、最近は本屋さんで旅行本を買うことはあまりなく、たいていネットで調べるか(色々と教えてくださる皆さん、ありがとうございます~)、JRさんが出している『旅こよみ』などの駅においてある無料の情報誌を参考にさせてもらっています。

ちょうどJR西日本さんは『岡山デスティネーションキャンペーン』というものを開催されているらしく、様々な情報誌があって参考になりました。(これまたありがとうございます)

その情報誌の中でもよく取り上げられていた風景は、吉備路にある備中国分寺とレンゲ畑。
レンゲは見頃を過ぎたかもと思いつつ、寄ってみました。
b0019820_23552382.jpg


せっかく来たからと車から降りて、備中国分寺五重塔の下まで歩いて行ったのですが、わざわざ近くまで見に行かなくてもいいかもしれません。
レンゲ畑から眺めるのが一番良いかも。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-05-13 19:16 | お出かけ中国 | Trackback | Comments(2)

吉備津彦神社 -岡山・倉敷へ⑨-

当初、行く予定ではなかった吉備津彦神社
そこには備前焼の狛犬があると知り、足を伸ばすことに。
行って正解でした!
b0019820_2381440.jpg

境内とその周辺が穏やかで感じ良く、日本を旅しているんだな~と実感できました。

当初の目的だった備前焼の狛犬
b0019820_23172411.jpg

旅の思い出の一つに、日常で使える備前焼の食器でも買おうと思っていたのですが、食器として使うには備前焼そのものはあまり好みでなく・・(ごめんなさい)
でも、この狛犬を写真に撮れただけで大満足。
だけど、吉備津彦神社のHPを見ていたら、備前焼の御守狛犬があったと後から知って、ちょっぴり残念。


高さ11.5m.、笠石8畳の日本一大きな燈籠
b0019820_2332333.jpg



その近くまで行っていたのに、まんまと見逃した(あったかな~??)のは桃太郎像


干支みくじというものがあって、1個ずつ。
b0019820_23435997.jpg

陶器でできた干支の中におみくじが入っていました。
なかなかユーモラスな表情をしています。
これで1個300円はお買い得商品(?)です。
ついでに備前焼だったら尚よしかも~!
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-05-12 23:08 | お出かけ中国 | Trackback | Comments(0)

吉備津神社 -岡山・倉敷へ⑧-

本殿は50年ぶりの檜皮葺替工事が行われている吉備津神社へ(平成20年9月に完成予定とのことでした。)
残念ながら、出雲大社の2倍以上の大きさを誇る本殿外観を見ることは出来ませんでしたが、廻廊を見て、実際に歩くことが出来ただけで大満足でした。
b0019820_23324926.jpg


こちらの神社では、鳴釜神事という特殊神事があって、釜の鳴る音で祈願したことが叶えられたかどうか占う神事だそうです。
この神事を行うにあったては、神官と阿曽女(あぞめ・お釜殿にてこの神事に仕えているお婆さん)のお二人が奉仕されてくださるそうなのですが、吉凶禍福の判断は、自分の心でその音を感じ判断するということでした。ほほう~

ちょうど神事が行われていて、お釜殿を拝観することが出来ませんでしたが、不思議な音は耳にすることが出来ました。

神社内には弓道場があり、ちょうど試合が行われていて、学生さんらの姿を見かけました。
感じの良い方が多く、歩いていたら声をかけてきてくれて挨拶を交わしました。
そういえば、倉敷の美観地区を朝に散歩していた際、そこに住んでいらっしゃる方々が笑顔で朝の挨拶をしてくださって、同じく感じの良いものをいただいたことを思い出しました。

見応えのありそうなあじさい園や、梅林、ぼたん園などもあって、葺替工事が終わったら、時期を変えて訪れてみたいなぁ
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-05-12 10:28 | お出かけ中国 | Trackback | Comments(2)

倉敷珈琲館 @倉敷美観地区 

倉敷美観地区に来たら、訪ねてみたいと思っていたお店
倉敷珈琲館
b0019820_2312720.jpg


こちらのお店の名物の琥珀の女王を飲む。
b0019820_2315443.jpg

濃厚なコーヒーにリキュールと蜂蜜が加えられ、生クリームがを落とされたもの。
本当に絶品です。
私がまた倉敷に来たら、必ず足を運んで口にすることでしょう。

雰囲気あるお店は、琥珀の女王同様、味わい深いお店でした。
佇んでいるだけで、有意義な時間を過ごしているように感じられます。
b0019820_232511.jpg

こんなカフェがある倉敷がうらやましい!
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-05-11 23:02 | お出かけ中国 | Trackback | Comments(0)

倉敷美観地区 -岡山・倉敷へ⑦-

倉敷美観地区へ。

夜にはライトアップされいて、それも風情があって素敵でした。
翌朝、ホテルで朝食を取る前に散歩がてら、また美観地区へ。
人通りも少なくて、街並みの写真を撮りたい方は早起きをされることをオススメします。
(チェックアウト後の10時過ぎにお土産を買いに来てみたら、多くの人で溢れかえっていました。)

b0019820_2122516.jpg
b0019820_21373275.jpg
b0019820_21392233.jpg


倉敷屋という和装小物のお店で、お土産を購入。
見ていたら自分たちのものも欲しくなって、抜き染めのTシャツ(モノトーンの花柄)は彼、古布浪漫Tシャツ(黒地に色付きの花柄)は私。
後ろ(背中)にも絵柄があるのが気に入りました。
b0019820_21494353.jpg
b0019820_21495944.jpg

彼は、和柄(鯉の絵が入ったもの)のキャップも購入していました。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-05-10 22:08 | お出かけ中国 | Trackback | Comments(4)

倉敷チボリ公園~土産物編 

倉敷チボリ公園内にアンデルセンの銅像があって、『どうしてアンデルセン??』と思っていたら、本家デンマークのチボリ公園にアンデルセンはよく足を運び、童話の構想も練っていたということ。なるほど~

アンデルセンの童話作品の一つ『裸の王様』と『マッチ売りの少女』のストラップを彼と私用に購入。
b0019820_2144579.jpg

友人にプレゼントしようと思っているマッチの形をしたマグネット
b0019820_2145928.jpg


グリム童話の『ブレーメンの音楽隊』の木製の置物が売っていたので、思わず購入。
b0019820_2145199.jpg
b0019820_21453110.jpg



他にも、大好きなムーミングッズやマリメッコの雑貨、レゴのお店、など興味をそそられるお店がたくさんありましたが、乗り物に乗っている時間を多く取りすぎてしまい、見きれずにチボリ公園を後にしました。
b0019820_21561075.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2007-05-09 22:02 | お出かけ中国 | Trackback | Comments(2)

倉敷チボリ公園 -岡山・倉敷へ⑥-

倉敷駅北口を出ると、そこは倉敷チボリ公園
b0019820_182553.jpg


乗り物は可愛らしいものが多く、チビッコ連れでも楽しめる場所かと思います。
せっかくフリーパス券を買っていたのと空いてたので、童心に戻って乗車。
旦那さんはイチゴ(私は、さくらんぼがのったケーキ)
b0019820_18281346.jpg


デンマークだけあって、ロイヤルコペンガーデンの乗り物も。
b0019820_1831858.jpg


夜はライトアップされて綺麗でした。
b0019820_18143585.jpg


そして、二人して東京ディズニーランド心が湧いてしまった。
秋くらいに行こうかな。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-05-09 18:40 | お出かけ中国 | Trackback(1) | Comments(0)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31