結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お出かけ四国( 10 )

瀬戸内国際芸術祭 2013 高松港

高松港近辺(A1エリア)でも、瀬戸内国際芸術祭の作品が数多く展示されているようでした。
私たちは瀬戸内の島々で満足し(暑さに負けたということもある・・・)、今回目にしたのは『Liminal Air -core-』という8メートルもの高さの作品です。

トーテムポールみたい

b0019820_1740306.jpg





b0019820_20381439.jpg



作品ではありませんが、JR高松駅周辺でも凝った造形物を目にできました。
(駅舎も凝っていて、新しく建てられたのかな?)
駅前の広場は夕暮れ時になると、ほのかな明かりがつきはじめました。

ちなみにJR高松駅と高松港は近いです。










b0019820_20385091.jpg

JR高松駅構内(改札前)のモニュメント。
人を表しているのかな?

列車接近時には、『瀬戸の花嫁』が流れると後から知りました。
瀬戸は~日暮れて~夕波小波~♪
入場券を購入して、ホームにも入っておけばよかったナ~

島の風景を実際に目にすると、『瀬戸の花嫁』の歌詞が、より実感しやすいものになります。

だんだん畑、あったなぁ
小さな船がまわっていたよ

  







初めての訪れた瀬戸内国際芸術祭、駆け足でしたがとても楽しかったです。
奈良に住んでいたときと違い、神戸に住むと四国が近く感じます。
また時間を作って、四国の町を歩いてみたいなあ
b0019820_20452082.jpg

バスターミナル前の建物(↑)も、近未来的な感じのものでした。
出発10分前にバス停に到着し、バスを探したのですが見当たらず、周囲には人もいないし、もしかしてここじゃない!?と焦ったのですが、5分前に待っていたバスはきっちり登場!
神戸(三宮)から高松は高速バスで3時間ほどでした。乗り心地も良かったです♬
[PR]
by turnmyeyesto | 2013-09-08 22:27 | お出かけ四国 | Trackback | Comments(0)

瀬戸内国際芸術祭 2013 豊島散策-2

あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)』という不思議な作品。
(こちらは鑑賞料300円が必要となります。)

b0019820_1847352.jpg





空の粒子』という作品は屋外展示で、無料で鑑賞できました。
どの作品にも感じることですが、屋外展示は島や自然との一体感があって、観ているほうも楽しくなります。

b0019820_21263962.jpg





他に、『島キッチン』という安部良さんという方がが設計した半屋外の開放的なレストランで、島のお母さんと丸ノ内ホテルのシェフが、地元産の魚や野菜を使った料理を楽しめるということで、ぜひとも食べたかったのですけれど、1時間待ちとのこと・・・諦めました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


家浦(豊島)から高松へ向かうフェリーの最終便は17時台に1便あるのですが、最終に乗れなかったら困るしねぇ…と考え、もう一つ早い便(15時台)の船に乗ることにしました。
さらに、乗船するための整理券が必要な船だったので、こちらも少し早めに列に加わって並びました。

無事に整理券はゲットできたのですが、私たちが整理券をもらっている横で、フェリー会社と思われる方々の会話が耳に入りました。
すでに30人ほど定員オーバーしているとのことで、増便するかしないかの問い合わせに対する相談をされていたのですが、この時点では増便の決定とはなりませんでした。
そんな簡単に船を増便することはできないのだと思いますが、豊島は外国の方にも人気のある島のようですし(直島とセットで訪れる海外の方が多いようで、豊島でも多くの方をお見かけしました)、瀬戸内国際芸術祭の期間だけでも、もうちょっと融通がきくといいなぁと思いました。

また、高松と豊島を結ぶフェリーなのですが、フェリーを運転される方や、一緒に乗船された補助(?)の方はとても感じが良く好印象の船ではあったのですが、が、船内非常に暑く、息苦しかった・・・

有り難い経典を求めて舟に乗る修行僧のような気分で、とにかく無心に何とか乗り切りましたが、あと少し、もうあと少しあの船に乗っていたら、私は惨事を引き起こしていたかもしれません…


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

瀬戸内国際芸術祭を周るにあたって、公式ガイドブック(2013夏秋)も販売されていたようですが、私たちは購入せずに動きました。

行き当たりばったりで動きましたが、特に時間が限られている方は、事前にHP等で観たい作品を絞って動いたほうが良いと思います。
旦那さんのもっているiPhoneで、瀬戸内国際芸術祭の公式アプリをダウンロードしてもらったので、それを見て動けばいいかなと考えていたのですが、個人的には、このアプリはもう一つでした。
PCで事前に下調べをしておけば良かったかな~

島の案内所で頂いた『瀬戸内国際芸術祭2013 交通アクセスマップ』(無料)は、船の航路図と時刻表、バスの路線図と時刻表が記載されていて、とても役立ちました。
b0019820_18153839.jpg


こちらは100円で販売されていた、島と作品の位置を示したものと、フェリーの時刻表・航路図が載ったものです。(確か女木島の案内所で購入しました。)
広げると大きなサイズですが、たためば手のひらに乗るサイズです。(何度も開いたり閉じたりしたので、最後はボロボロになりました・笑)
b0019820_18155350.jpg


こちらはを作ってくださった方は、スタッフの方でしょうか。
瀬戸内の島々の特徴が手描きで記されています。
島のイメージが掴みやすくて、いいなと思いました。
大事にとっておいて、今回は訪れることができなかったう島へ遊びに行く際に、参考にさせてもらおうと思います♬
b0019820_1816505.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2013-09-04 18:42 | お出かけ四国 | Trackback | Comments(0)

瀬戸内国際芸術祭 2013 豊島散策-1 豊島美術館

高松港からフェリーに乗って、豊島(てしま)へ向かいました。

高松港から豊島の港・家浦港へは、直島(本村港)を経由して50分ほどかかります。
そして豊島行の船は便数が少なく、運航日によっては乗船に整理券が必要となります。
整理券は原則として出航の30分前に配布されるそうですが、行きの船では、私たちの後に来られた一人の方で整理券はお終いとなっていました・・・
その後も、豊島行きの船のチケットも求めて来られていた方は、多数いらっしゃったように思います。
瀬戸内国際芸術祭期間は、かなり混んでいるようです。


満席の船に揺られて、豊島に到着しました。
作品が島の一箇所に固まっておらず、歩いて周るにはとても時間がかかりそうだったので、レンタサイクルを利用しようと考えました。
家浦港近くのレンタサイクル屋さんへ行ってみると、1台もナシ・・全部貸し出し中(涙)
レンタサイクル(電動自転車もあるようです)は予約も出来るようなので、確実に借りたいという方は、予約しておいたほうが良さそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家浦港案内所から出ている、豊島シャトルバスを利用して、まずは豊島美術館を目指しました。
(バスは1回200円。両替機はないので小銭を準備)
最寄のバス停を降りると、海、空、緑と、広がる景色。
b0019820_14313627.jpg


丘の上のバス停から下っていくと、右手には不思議な空間が目に入ります。
コンクリート造りの白く細い道に、洞穴のような白い建物。
全く予備知識なく来てしまったので分からなかったのですが、豊島美術館の一部でした。
(写真の白い建物は、美術館に隣接するカフェ&ショップスペースでした。
アート性の高いカフェで、豊島美術館を堪能した後に余韻に浸るのにも良いです。)
b0019820_2343111.jpg



さて豊島美術館に入ろうとしたところ、やはり人が多く、ゲート前では整理券が配布されていました。
待ち時間は30分ぐらいだったでしょうか、他の作品を観に行くには時間が足らず、当てもなく坂道を上ったり下ったり…
豊島は自給自足できる豊かな島だそうで、この豊島美術館の周りで、立ちながら口にできる豊島の名産物を販売してくれたら、待ち時間の間に売れるのではないかしら~と思いました。

いよいよ見学できる時間となって、ゲートの中に入ることができました。
チケットセンターで鑑賞料(1500円。パスポート提示で1000円)を支払って、すぐに美術館に入ることができるのかと思いきや、アートスペースのエントランスまで遊歩道をぐるりと歩きます。

しばしの散策を楽しんだ後、館内では写真撮影・携帯は使用禁止であること、靴を脱いで入ること等の説明を受けて、中へ入りました。
b0019820_23432133.jpg


思わせぶりな入口。
b0019820_23432970.jpg


柱のないこの洞穴のような建物内部は、それは面白く、刺激を受ける空間でした。
写真に撮ったら全てが絵になりそうな空間で、撮影禁止は残念なことには違いないのですけれど、何も持たずにここに入ることこそが、このアートを感じる鍵のような気がします。

b0019820_23433731.jpg

外から眺めると、突如現れた宇宙船のような?
よく造ったものだなぁ。
[PR]
by turnmyeyesto | 2013-09-03 19:44 | お出かけ四国 | Trackback | Comments(0)

オーベルジュ ドゥ オオイシ@高松(屋島)

今回、瀬戸内国際芸術祭を訪れるにあたって、宿泊はオーベルジュ ドゥ オオイシを選びました。

利便性を考えると、高松港近くのホテルのほうがいいかなとも思ったのですけれど、オーベルジュ ドゥ オオイシさんは高松港(高松駅)から車で15~20分ほど(タクシー料金は2000~3000円でした)でしたので、そんなに変わらないかな~と考えました。

オーベルジュ オオイシは、高松市の中で瀬戸内海に突き出た位置にある屋島というところにあり、5部屋からなるオーベルジュです。
こちらが全体の外観で、緑に囲まれています。
b0019820_0213371.jpg

そして、私たちが宿泊させてもらった一室です。
suite A(65㎡+テラス)とsuite B(75㎡+テラス+屋上デッキ)の2種類の部屋があり、
屋上デッキの付いた部屋を選びました。
b0019820_022135.jpg

部屋の前には瀬戸内海が広がっています。
b0019820_0214947.jpg


宿泊施設の建物がまた素敵でした。
エントランスから部屋までは回廊のような造りで、白い壁とこの日の青い空のせいか、地中海を連想しました。
b0019820_023168.jpg

お部屋もデザイン性高くかつ機能的で、『こんな家、欲しい~』と夫婦揃って何度連呼したことか。
b0019820_0231666.jpg

オーベルジュ ドゥ オオイシ
香川県高松市屋島西町65番地
087-843-2235

オーベルジュ ドゥ オオイシ

[PR]
by turnmyeyesto | 2013-09-01 18:16 | お出かけ四国 | Trackback | Comments(4)

瀬戸内国際芸術祭 2013 男木島散策-2

記憶のボトル』という作品。
b0019820_1747655.jpg

ボトルの中には、作家の方が島で見つけたもの、島の人の生活の思い出が入っているそうです。
1000本のボトルが蔵の中で浮遊しています。
b0019820_17474588.jpg


b0019820_17475385.jpg








b0019820_1749382.jpg

帰りのフェリーに乗る前にと足を伸ばした作品は、『時の廊下
港の近くの民家で展示されています。
b0019820_17481071.jpg

和傘の骨部分がモーターによって回転しています。
和傘は香川県の伝統工芸品だということを、今回初めて知りました。
b0019820_17485732.jpg


もっと島を周ろう思えば周れたかもしれませんが、ホテルでゆっくりしたかったので、この日は女木島・男木島で終わり。
15時のフェリーに乗って高松に帰りました。
明日はどの島を周るか、ホテルに帰ってから2人で作戦会議。
[PR]
by turnmyeyesto | 2013-08-31 19:40 | お出かけ四国 | Trackback | Comments(2)

瀬戸内国際芸術祭 2013 男木島散策-1

女木島からフェリーに再び乗って、男木島へ行きました。
(女木島から男木島へは20分ほどです。)
船を降りると、目に入るのは『男木島の魂』という、モダンな建物です。
b0019820_19284318.jpg



日本語、アラビア語、ヘブライ語など様々な文字が組み合わされて造られた屋根は、世界の多様さを現しているそうです。
昼間はその文字が太陽の光を受けて、地面に模様を造ります。
夜は空に向かって光が投射されるそうです。

こちらの建物内はインフォメーションセンターも兼ねていて、瀬戸内国際芸術祭を紹介するフリーペーパーなども置かれています。
美味しい紫蘇ジュースを戴くこともできます。夏バテ対策にも◎
b0019820_19285056.jpg



いよいよ島散策♬
今回、瀬戸内に来るにあたって、私は男木島を一番楽しみにしていました。
起伏が多く、路地を歩くのが楽しそうだな~と思ったから。
そして港を離れ坂を上ると、早速楽しい作品と出会えました。
光の家』という彫刻です。
道にそって立った柵の上にそっと置かれた小さな作品で、うっかりすると見過ごしてしまいそうなところも面白い!
b0019820_19285929.jpg


建物や敷地内に置かれた作品は鑑賞料が必要なものが多いですが、民家の外壁に設置されたカラフルな壁画(『男木島 路地壁画プロジェクト wallalley』)や、路地に設置されたパイプや配管を使って音や風景を体感する作品(『オルガン』)など、散策している中で観ることができるものもあります。
b0019820_1929675.jpg

細い道を上ったり下ったり。
歩いているだけで楽しい島!
[PR]
by turnmyeyesto | 2013-08-30 21:55 | お出かけ四国 | Trackback | Comments(0)

瀬戸内国際芸術祭 2013 女木島散策-2

女木島に到着するフェリーの時間と合わせて、鬼ヶ島大洞窟行きのバスが出ているようです。
最初は行くつもりでいなかったのですが、せっかくだしやっぱり行ってみよう!
と、慌てて切符を購入してバスに乗り込みました。
(確か往復400円だったと思います。女木港案内所で販売されていました。)
年季の入ったバスに揺られて(払い下げのバスかしら…)、10分ほどで到着です。
b0019820_20332313.jpg


入口には『鬼ヶ島謎の洞窟』という、そそれられうメッセージが書かれた幕。
入洞料500円を払って中に入ります。
瀬戸内国際芸術祭の鑑賞パスポートを持っていれば、200円で入ることができるそうです。
今回、パスポートを購入するかどうか迷いましたが、私たちはパスポートは購入せず周りました。
   瀬戸内国際芸術祭 鑑賞料
b0019820_20325929.jpg

こちらの洞窟でも作品が展示されていました。
カタツムリの軌跡』という映像作品と、県内の中学生3000人が参加した鬼瓦を見ることができます。
b0019820_203372.jpg



洞窟を後にし、バスを途中下車して坂道を上りました。
b0019820_2037449.jpg

段々畑に造られた『段々の風
b0019820_20372065.jpg

島と海と作品が重なり合う。この作品、好きだな~
b0019820_20372783.jpg


この後、坂を下って『不在の存在』を観に行きました。
空き家を改装したそうで、こちらので2点の作品を鑑賞することができます。
残念ながら、こちらの作品は写真撮影を禁止されていますが、作品を観た時の驚きを損なわないためにも、そのほうがいいと思います。

レストラン(カフェ)も併設されていて、こちらでランチを頂きました。
12時より前にお店に入ったのですぐに席に座ることができましたが、しばらくすると待つ人の列ができていました。
瀬戸内国際芸術祭のHPの女木島の案内地図を見ると、食事を取ることができる場所は結構ありそうなのですが、実際歩いたときは、お店がどこにあるのか分からなかったです。
(地図もなくぶらぶら歩いていたという理由もあり。)
島を周られる方は事前に場所チェック、もしくはバッグに食べ物を少ししのばせておいてもいいかも。
[PR]
by turnmyeyesto | 2013-08-29 22:04 | お出かけ四国 | Trackback | Comments(0)

瀬戸内国際芸術祭 2013 女木島散策-1

3年に一度開催される瀬戸内国際芸術祭
今年は開催年だったので、夏休みを利用して一泊二日で出かけました。
三宮から高速バスに乗って高松へ。3時間ほどで到着です。早い!
そして高松港からフェリーに乗船しました。

いくつか島を巡りたいを考えていたので、会期期間中に販売されている芸術祭6島周遊乗船2日券(4000円/人)を購入しました。(事前にJRのみどりの窓口で購入し、当日、高松港のインフォメンションセンターで交換しました。)
一日目に2つの島、二日目に1つの島に足を運び、私たちにはお得だったと思います。
b0019820_187567.jpg


まず最初に訪れたのは、女木島です。
別名、『鬼ヶ島』と呼ばれる島だそうで、港では鬼が出迎えてくれます。
b0019820_18101081.jpg


到着~!
最近、乗り物酔いをするようになったのですが、高松―女木島を結ぶフェリーはどっしりとしていて、クーラー完備の座席もあれば、甲板で風に当たることもできるので、船が苦手な方も酔う心配はないと思います。
b0019820_1810188.jpg



女木島といえば、有名なのは『20世紀の回想』でしょうか。
屋外展示で、船から降りるとすぐに目にすることができます。
存在感があって素敵です。
お約束通り、お互いピアノの前に座って弾く真似をしました。
b0019820_18111818.jpg



カモメの駐車場
約300羽のカモメが港にいるそうです。そんなにいたとは・・!
b0019820_18113733.jpg


モアイ像の後ろにもいます。
b0019820_20394045.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2013-08-28 20:46 | お出かけ四国 | Trackback | Comments(0)

ルネッサンスリゾート ナルト@鳴門

徳島を後にして、鳴門へ向かった。

鳴門での宿泊先はルネッサンス リゾート ナルトというホテル。
ここに宿泊するのは今回初めてだったのだけれど、HPを見る限り良い感じでワクワク~(本当に良い感じに作られていて・・。まるで海外のリゾートホテルのよう)

この夏は海外(ハワイかスペイン)に行きたかったのだけれど、仕事の都合で叶わなかったので、代わりに鳴門の海でリラックス~(プライベートビーチもあるとのことだった)と期待してホテルに入ったら・・

お盆の時期ということもあるのでしょうが、お子様連れのファミリー向けのホテルだったようだ。
固まる夫と私。

実際はそういうコンセプトではないのかもしれませんが、『カップルor夫婦でゆったり』『大人のリゾート』なんてことは期待してはいけなかったようです。。。(涙)
宿泊費用に投入した金額を考えると、無理して海外に行けば良かったかな~とちょっぴり後悔。

子供も大事な家族の一員です。子供がたくさんいるホテルは嫌だなんていうのは横柄なことだと思うし、私も最初から大人だったわけじゃないものね。社会の中で育ててもらったと思います。
でも、野放しはだめなのね~。親の資質が問われますよー
そして賑やかを通り越して、雑音が溜まった状態に感じられた原因は、こちらのホテル、キャパシティ以上の部屋数を抱えているのでは?と思いました。
この日は多分、客数が最大ということもあったのでしょうが、それを差し引いてもロビーなり、廊下なりが狭く感じてしまって。
余裕スペースがないのです。
ホテルには、もっと遊びのスペースがあって欲しいな~


お部屋はなかなか広くて(ベッドも気持ちよかった!枕が6つもあった)、海が前面に広がって(朝日が眩しい)、こちらは合格点でした。
b0019820_15503313.jpg


水着を持っていったけれど、プライベートビーチとプールはパスしてテラスカフェ オーゲでお茶を飲む。

はずが、うっかりして、讃岐うどんのカルボラーナというものに惹かれてしまい、夕食まで数時間というのに食べてしまった。でもあんまり他で見かけないメニューだしね・・一期一会、一期一会・・
b0019820_1613785.jpg
b0019820_16135731.jpg
b0019820_1551696.jpg


夜はフォーシーズンというイタリアンで食べた。

b0019820_16185391.jpg
b0019820_1619972.jpg
b0019820_16192327.jpg
b0019820_16193489.jpg
b0019820_16194717.jpg


こちらのレストランの美味しさについては耳にしていたのだけれど、評判どおりに美味しかったです。
初めて阿波牛なるものを食べたのだけれど(実は、阿波牛の存在すら知らなかった!)、このお肉が美味しくて!焼き方も素晴らしい。
デザートの盛り付けとお皿をもっと見栄えの良いものにすれば、80点はいくかな~
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-08-17 23:59 | お出かけ四国 | Trackback(1) | Comments(4)

阿波踊り@徳島

去年夏、奈良で行われたバサラ祭りというイベントで、阿波踊りを生で観て、是非とも本場徳島で阿波踊りを観たい!(→そのときの意気込み)と思って一年後、徳島に阿波踊りを観に行ってきました。

今回は直前まで、夫が休みを取れるかどうか分からなかったので、ぎりぎりになってキャンセルの出た宿を確保して、下調べをあまりせぬまま徳島に飛びこんだのですが、行って良かった!

演舞場(有料演舞場と無料演舞場がいくつかあるのですが、今回はチケットを取っていなかったのと、初回の様子見ということで無料演舞場に)で18:00から阿波踊りが開始され、22:30まで続きます。

b0019820_1725248.jpg

b0019820_173216.jpg

長じゅばん、浴衣姿の女踊りの方々が本当に色っぽくて(肌を過剰露出―しかしこの暑さ、いたしかたないのか―しているギャルに勝ち目なし)、ついつい写真は女の方々ばかりになってしまう。とにかく素敵でした~
b0019820_1724034.jpg

浴衣、もしくは法被姿の男踊りの方々も、もちろん素敵でした!(・・あまり写真がないけれど)
この時期だけ、もしくは祭りマジックなのかもしれませんが、他府県に比べて、殿方の力強さ、男気が感じられて、かっこいい熟年男性が多かった気がします。
(もちろん、若者も格好良かったけれど、それよりも上の年代の方々の格好良さが際立っていました。)


そして、いくつかの連の踊りを観させていただいたのですが、観た中で一番良かったのが阿呆連という連の踊り。
女性のやっこ踊り、男性のちょうちん片手の踊り(動きが早すぎて、写真を取れなかった・・涙)が見応えがあって、ぞくぞくして体が震るえるほど。
いつまででも観ていたかったなぁ
b0019820_1731195.jpg



b0019820_173327.jpg
b0019820_1743476.jpg

徳島の夜は熱かったです。
また来たいな~
b0019820_175158.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2006-08-15 23:59 | お出かけ四国 | Trackback | Comments(4)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31