結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お出かけ東北( 23 )

青森旅行-18 味噌カレー牛乳ラーメン@札幌館(青森市)

青森の隠れたご当地グルメらしい味噌カレー牛乳ラーメン

 本当においしいの? 青森県で話題の「味噌カレー牛乳ラーメン」の実態に迫る/マイナビニュース

ぜひ食べてみたいと向かったお店は、札幌館
青森なのにナゼ札幌?と思いますが、このラーメンの考案者の方は北海道のご出身で、北海道でラーメン店を営んでいらっしゃったようです。(その後、青森市でラーメン店を開店)

b0019820_1417026.jpg

まろやかで美味しかったです!

札幌館
青森市石江岡部56-3
050-5834-0711
11:00~21:30、不定休



今回、青森旅行で出会った食材で美味しいと思ったのは嶽きみ(とうもろこし)
そして、青森といえばニンニク!
私はニンニクが大好きなので、常に10個は置いてあります。
奥入瀬渓流ホテルで食べたニンニクの天ぷら、美味しかった~♡
そして熟成黒にんにくをお土産に買って帰りました。
フルーティな感じです。
個人的には白ニンニクのほうが好きなのですが、抗酸化力10倍、ポリフェノール5倍と言われると、毎日食べようかなと思ってしまうお年頃…
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-11-20 13:22 | お出かけ東北 | Trackback | Comments(2)

青森旅行-17 八重九重の湯@星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

b0019820_14155567.jpg
奥入瀬渓流を歩くのに宿泊先に選んだ星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル


星野リゾート傘下のホテルですが、『星のや』や『界』と比べるとホテルの規模が大きすぎるからか、施設面やサービス面では割合カジュアルといいますか、脇が甘く感じるところがあります。

それでも、奥入瀬渓流散策にはおススメのホテルです。
奥入瀬渓流に一番出やすいという点がその理由の第一ですが、温泉が想像以上に良かったということもあります。






ホテルには3つの温泉があり、そのうちの一つの露天風呂『八重九重の湯』は、ホテルから離れたところにあるのでリムジンバスに乗って向かいます。
少々面倒に感じますが、一人1620円で45分間、22時以降に貸切することができるのです。
露天風呂のある建物は、はさながら旅館のような風情と広さがあり、お風呂も広々。
私たちは二人で貸切させてもらって3240円です。安い~!

昼間の『八重九重の湯』




ホテル内にある『展望岩風呂』は眺めも良いです。
昼間に行ったら貸切状態でした。






星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
0176-74-1111
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-11-19 23:46 | お出かけ東北 | Trackback | Comments(0)

青森旅行-16 十和田湖(休屋)

午前中に奥入瀬渓流を散策することができたので、バス(JRバス東北)に乗って子ノ口から十和田湖(休屋)へ足を延ばしました。

b0019820_1421287.jpg


オフシーズンなのか、人影もまばらでシャッターを下ろしているお店もありました。
ちなみに紅葉は例年10月中旬~下旬頃が見頃だそうです。(繰り返し書いていますが、訪れたのは9月半ば・・)

お腹が空いたのと、パラパラと雨が降ってきてしまったので、バス乗り場に近いお土産物屋さんの2階にあるレストラン(JRハウス十和田)でお昼を食べました。
青森のB級グルメ十和田バラ焼きと十和田湖で獲れたひめますを使用した『ひめます塩焼き定食』、どちらも美味しかったです。
b0019820_1422057.jpg



子ノ口から十和田湖(休屋)まではバス(20分)のほか、遊覧船(50分)で訪れることができます。
休屋では、高村光太郎の最後の作品『乙女の像』を見ることもできます。(しかし私たちは雨と寒さに負け…)
 ★マンガで紹介『乙女の像』
b0019820_142625.jpg


 ★十和田湖・奥入瀬方面へのアクセス
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-11-19 12:21 | お出かけ東北 | Trackback | Comments(0)

青森旅行-15 奥入瀬渓流 @青森県十和田市

奥入瀬渓流を歩きました。

 ★青森中央学院大生と十和田湖畔地区の住民が恊働で作成してくださった奥入瀬渓流 子ノ口周辺散策マップ
 ★奥入瀬渓流マップ

奥入瀬渓流は焼山と十和田湖の子ノ口を結ぶ約14kmの大きさで、渓流に沿って歩道と車道があります。
私たちは奥入瀬らしい景観が始まる『三乱の流れ』から十和田湖(子ノ口)を目指しました。

b0019820_11245786.jpg

奥入瀬渓流ホテルから宿泊者向けの無料シャトルバスが出ていたので、ホテルから『三乱の流れ』まではバスで向かいました。徒歩の場合、『焼山』-『三乱の流れ』は100分ほどかかるようです。また、路線バスJRバス東北も走っているので(※冬季期間運休)、一部を選んで歩きたいという方はバスを利用するのが良いと思います。


b0019820_11244971.jpg

自然の美しさは、当然ですが実際に見るのと写真では大違い…(もしくはプロの写真家の方が撮った写真集を見るのがいいでしょう!しかしこの場合、実際よりも良く写っているときもあったり・・)
さらに朝早くに出発したため、太陽の光が取り込めず薄暗い写真になっていますが、記録として。
(2014.9.18撮影)


b0019820_11244286.jpg

新緑の頃や、紅葉の頃に訪れたら、もっと堪能できるのかなと思います。
(でもその頃はものすごく混雑しているんだろうな・・というわけで、私たちは空いているこの時期がいいかな)

 ★十和田湖国立公園協会
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-11-18 12:14 | お出かけ東北 | Trackback | Comments(2)

青森旅行-14 ラウンジ 森の神話 @星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

奥入瀬渓流を歩くために、アクセスが良さそうな星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルに宿泊しました。
b0019820_16473059.jpg



この宿を選んだのは利便性の他に、ホテルのラウンジにある岡本太郎作の高さ8.5m、重さ5トンの大暖炉『森の神話』を見たかったからです。
素敵だ~~~!
b0019820_214222.jpg





こちらの大暖炉を模して作られたスイーツは、岡本太郎・生誕100周年記念だそうです。
b0019820_1647492.jpg



こちらはりんごを使ったもので、奥入瀬渓流に住む小鳥の羽をイメージしたものだそうです。
どちらも美味しく、また緑を感じる開放感のあるラウンジはとても居心地が良かったです。
b0019820_16475581.jpg



西館ラウンジ(こちらでは飲食サービスはありませんでした)には、岡本太郎遺作の『河童』が展示されています。
こちらは女性の神を表しているそうです。
(男性の神をイメージさせる『森の神話』と対になっているとの解説がホテルHPにありました。)
b0019820_16523394.jpg



星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
0176-74-1111


ちなみに夜はこんな感じです。暖炉に火が入ります。
b0019820_20551736.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2014-11-17 23:05 | お出かけ東北 | Trackback | Comments(0)

青森旅行-13 『夜露死苦ガール2012』とミュージアムショップ&カフェ アペ・ロッサ

美術館へ行くと、併設されたカフェへ足を運ぶことも楽しみの一つです。
美術館賞をして喉を潤す場所だけのカフェもありますが、特に現代美術を扱う美術館のカフェは凝った造りをされていることも多いから。

十和田市現代美術館のカフェアペ・ロッサは、カフェの箱自体がアート作品でした。
モノクロームで描かれたリンゴの木は『オクリア』というイギリスの方の作品だそうです。
そして建物側面に描かれた絵、どこかで見たことのあるタッチだな~と思っていたところ、
奈良美智さんの『夜露死苦ガール2012』という作品でした。
b0019820_2239083.jpg


カフェの中でもアートを楽しむことができます。
床は南部裂織から着想を得たという台湾の方のペインティング作品で彩られています。
b0019820_16213247.jpg


カフェ&ミュージアムショップ アペ・ロッサ ape ross
十和田市西二番町10-9 十和田市現代美術館内
0176-25-3621
9:00~17:30、定休日:月曜日、年末年始
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-11-17 16:25 | お出かけ東北 | Trackback | Comments(0)

青森旅行-12 十和田市現代美術館

青森旅行のメインの一つ、奥入瀬渓谷のある十和田市に入りました。
奥入瀬渓谷は翌日に歩くことにしていたので、この日は十和田市現代美術館へ行きました。

b0019820_22302014.jpg

まず目を引くのは、『フラワーホース』という大きな馬!


b0019820_2230378.jpg

十和田市現代美術館の良いな思ったところは、屋外展示(無料)がたくさんあるところです。


b0019820_22305674.jpg

この水玉といえば草間彌生さん(「愛はとこしえ十和田でうたう」)

b0019820_22314263.jpg

巨大キノコもあって

b0019820_22314978.jpg

その奥には「ゴースト」!


b0019820_22323117.jpg

「ファット・ハウス」、「ファット・カー」
ファット・ハウスの中には入ることもできます。

残念だったのは、館内では写真が撮れないことです。
日本の美術館は大抵そうですが、海外はフラッシュをたかなければ撮影OKな美術館も多いです。
館内にある「スタンディング・ウーマン」は対比して写真を撮りたかったな~


十和田市現代美術館
青森県十和田市西二番町10-9
0176-20-1127
9:00~17:00
休館日:月曜日、年末年始、その他
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-11-15 14:28 | お出かけ東北 | Trackback | Comments(0)

青森旅行-11 田んぼアート2014 サザエさん@田舎館村

奥入瀬へ向かう移動中、『田んぼアート』の看板が目に入り寄り道しました。
(※10/13で今年の田んぼアートは終了しております)

そんなに期待していなかったのですが
b0019820_1241992.jpg



サザエさん!想像以上にすごい!よく出来ているな~
b0019820_1242853.jpg


田んぼアートは2つの会場があったようですが、私たちはそのうちの一つ『道の駅いなかだて』の中に弥生の里展望所展望所(¥200)から観覧しました。

田舎館村は北方稲作文化発祥の地といわれているらしく、田んぼアートの村として力を入れているようです。

--------------------------------------------------
第1田んぼアート:田舎館村役場
第2田んぼアート:道の駅いなかだて 弥生の里
南津軽郡田舎館村大字田舎舘字中辻123番地1
--------------------------------------------------
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-11-14 21:12 | お出かけ東北 | Trackback | Comments(0)

青森旅行-10 弘前市内観光/ 弘前公園、AtoZメモリアルドッグ

白神山地(西目屋村)から奥入瀬渓谷(十和田市)に移動する際に、弘前市にも立ち寄りました。


弘前公園の中には東北で江戸時代から唯一残る天守を見学することができます。
(3層からなる天守は思っていたよりも小さかった)
桜の季節には、たくさんの人が集まるんだろうなと思いました。
b0019820_19482870.jpg


弘前公園
青森県弘前市下白銀町1

---------------------------------------------------

青森県立美術館では奈良美智さん作の『あおもり犬』を目にしましたが、
弘前にある公園では、AtoZメモリアルドッグに会うことができます。

奈良美智さん作の「犬」、弘前に
b0019820_19483951.jpg


AtoZメモリアルドッグ
青森県弘前市吉野町2-7
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-11-08 01:22 | お出かけ東北 | Trackback | Comments(0)

青森旅行-9 ナクア白神ホテル&リゾート② ホテル感想

b0019820_1626137.jpg

宿泊したナクア白神ホテル&リゾートの部屋の大きな窓からは津軽平野、日本海が見えます。
(大きな窓の造り、どこかと似ているな~と思い返してみると、北海道で宿泊した屈斜路プリンスホテルと似ているのでした。ナクア白神ホテルも以前はプリンスホテル傘下だったようです。)

私たちが宿泊したのはスタンダードツインだったので、部屋については可もなく不可もなくといったところでしょうか。(古びた感じが改善されれば、もっと口コミ等の評価は上がると思います。リニューアル希望!)
良いなと思ったところは前回の記事にも書いたお料理、そして温泉でしようか。
けれど温泉は、団体のお客様とぶつかってしまうとかなり混雑します。
また朝のビュッフェも同様に混雑していました。出発したい時間というのは大体皆一緒ですもんね~

この日の夕食(ダイニングルーム白神)も美味しかったです。
デザートは白神塩アイス添えのリンゴのタルト

b0019820_16271090.jpg


More
[PR]
by turnmyeyesto | 2014-11-07 17:16 | お出かけ東北 | Trackback | Comments(0)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31