結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お出かけ北陸( 7 )

4~6月限定の雪の大谷ウォーク

黒部ダムを見た後は、黒部ケーブルカー、立山ロープウェイを乗り継いで上を目指します。
b0019820_19155488.jpg


立山ロープウェイは景観保護のため、支柱が1本もありません。
ロープウェイから見る黒部ダム湖。大きいなあ
b0019820_1916340.jpg



立山トンネルトロリーバスに乗って、GW最後の目的地である室堂へ向かいます。
今回のGWで一番来たかった雪の大谷です。
雪の大谷は室堂ターミナル周辺の道路に積もった雪を除雪してできる「雪の壁」のことで、約500m続きます。
壁の高さは20mに迫るときもあるそうです。
私たちが訪れた時(5/6)は一番高いろことで15mとなっていました。
b0019820_19161891.jpg


雪の大谷は徒歩で見学でき、片側1車線はバスが走っています。
b0019820_19162471.jpg


お天気に恵まれて、青空に白い雪がとても映えました。
心配していた寒さも風がなかったせいか、ユニクロの長袖ヒートテック+シャツ+ユニクロウルトラライドダウン+ジーンズという恰好で私は十分でした。
そしてサングラスは必須だと思います。
(ちなみに冷え性の旦那さんは冬物のセーターをさらに着込んで十分だったようです。行かれる方は脱ぎ着しやすい恰好で行かれるのが良いと思います。現地の気象データや服装についてはこちらも参考になると思います。)
b0019820_19163026.jpg

室堂ターミナル1階にある立山山頂簡易郵便局ではアルペンルートにちなんだ切手や絵葉書などが販売されていました。
私は木製はがきを使って、誕生日を迎えた母に手紙を送りました。
立山の風景印も押印してもらえます♫
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-05-11 23:00 | お出かけ北陸 | Trackback | Comments(2)

トロリーバスに乗って黒部ダムへ

GWに上高地を散策した翌日は黒部ダムへ行きました。

黒部ダムへ行くには日本で唯一の乗り物に乗ることができます。
それは電気で走るトロリーバスです!
バスといいながら、鉄道に区分されるトロリーバス。電気を動力として動いています。

トロリーバスに乗って関電トンネルを抜けて黒部ダムへ。
関電トンネルの途中では、このトンネルの開通に立ちはだかった破砕帯(地下水を溜め込んだ軟弱な地層)も見ることができます。

黒部ダム建設には、この関電トンネル(大町トンネル)がどうしても必要でした。
トンネル建設の苦労を知ってからトロリーバスに乗ったほうが、観光がより充実したものになるのではないかなと思います。
私たちは プロジェクトX 黒四ダム を事前に見てから行きました。
おかげでトンネル(関電トンネルではないトンネルも)を通るたびに、中島みゆきさんの『地上の星』が脳内を流れ目頭が熱くなる状態に。
夫にその話をしてみたら、同じ状態になっていました…夫婦って似るものなのね~
b0019820_1881118.jpg


この時期は観光放水は行われていませんが、黒部ダムの建築と周囲の山々の風景だけでも充分見応えがあります。
ダムえん堤を歩きながら巨大なダムを見ていると、美容室のお姉さんに教えてもらって読み始めた漫画『進撃の巨人』が頭に思い浮かぶ…

b0019820_1875794.jpg


この日も青空が広がり、立山連峰もゆったりと見えました。
b0019820_188391.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2015-05-11 22:00 | お出かけ北陸 | Trackback(1) | Comments(0)

金の茶室@箔座(金沢)

個人で計画を練っていく旅とは違い、旅行会社が販売するツアーの場合、もちろん計画を練るのは旅行会社。(フリープラン除く)

その旅行会社主催のツアーに潜む、小さなトラップ。
それは、観光という印籠のもと、旅行客をお店屋さん(リベートはいかほどでしょうか)へ行進させるもの。
この白々さはもう一般化していますし、こちら(旅行客)も大人なのでサラリとかわせます。(時間がもったいないな~とは思いますが)

だから、仕方がないけれどお付き合いしましょうと期待せずに行ったお店屋さんの中で、一つ来て良かったかもというところがありました。
箔座という金箔専門店。

そう思った理由は、
私が金が大好きだから。
金箔入りのお茶を頂けたから。
金の茶室を見せてもらったから(写真もOKと言われた)。
b0019820_19114284.jpg

こんなところでしょうか。

金沢は、金箔の全国生産量の99%だそうです。
店内では、純金箔の製造工程を見ることも出来ました。

また、金箔を使った様々な工芸品や器などがあって、なかなか気の利いたものが多くて、見ていて楽しかったです。
こちらは『金花茶』という、金箔入りの飴。
b0019820_2082579.jpg



久々のバス旅行は、ちょっぴり修学旅行を思い出して、楽しかったです。
自分だったら、行程には入れないな~というところにも行けたし、何より久々の女友達との旅行。
MAちゃんとは一緒に旅行をするのは初めてでしたけれど、良い意味で彼女はアクがなくて穏やかなので、私もノビノビ楽しまさせてもらいました。ありがとう!
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-10-12 23:52 | お出かけ北陸 | Trackback | Comments(2)

尾山神社@金沢

こちらも金沢に来たら行きたいな、と思っていたところ。
尾山神社へ行く。
b0019820_18384791.jpg

b0019820_18422490.jpg

神門は三層のアーチ型楼門で、屋根には日本最古といわれる避雷針、最上階の三層目の窓にはステンドグラスがはめ込まれているそうです。
夜には灯りが点され、その灯りは海をゆく船からも見え、灯台がわりにもなったそう。
次回は、灯りが点ったところを見たいな。

きまっし金沢さんで、灯りが点った夜の神門を見ることが出来ます。
尾山神社 (きまっし金沢)
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-10-12 23:50 | お出かけ北陸 | Trackback | Comments(2)

懐華棲@金沢

金沢最大の茶屋街で、最も金沢らしい情緒を残したエリア。
と旅行本にあったひがし茶屋街へ行き、懐華棲というお茶屋さんへ行く。

朱塗りの階段を上って2階へ。
部屋がいくつかあって、見学出来ました。
b0019820_18111991.jpg

こちらが貴賓室らしい。
b0019820_18113084.jpg


1階ではお抹茶を頂くことも出来ます。
もちろん頂きます。
お味は普通かしら?
b0019820_18114184.jpg

それよりも、HPを見て、今(奈良の自宅にて)知ったのは、お抹茶を頂いたサロンにあったテーブルが、日本一大きい輪島塗りのテーブルということ。
もっと早く教えてくれていたら、有難みも増したのに(笑)

洒落たお店がいくつか目に入り、もっとゆっくり散策したかったと思いつつ街を出ました。
b0019820_1811548.jpg


ひがし茶屋街の便利な地図
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-10-12 23:30 | お出かけ北陸 | Trackback | Comments(4)

夜の21世紀美術館@金沢

白山スーパー林道を通って石川県に入り、宿泊ホテルのある金沢へ。

こちらは、林道の途中で見ることの出来た ふくべの大滝。
b0019820_21565259.jpg


今回の旅行で、私が当初狙っていたのは金沢でした。
というのも、金沢21世紀美術館に行きたい行きたいと前々から思っていたから。
でも私一人の旅行ではないし、友人と一緒の旅行なので、行くところてんこ盛りのバスツアーにしました。

しかし、てんこ盛りすぎて、一つ一つの滞在時間の短いこと・・
いらないところも入っているし(笑)

金沢への到着時間が思ったよりも早かったので、行きたかった金沢21世紀美術館へ夜ご飯を後回しにして向かう。(宿泊ホテルに到着後は自由でした。)
金・土は開館時間が長かったのです。ヤッター!
b0019820_22205924.jpg


といっても数十分しかなかったので、一つ、二つだけ見ました。
多分、日比野克彦さんのアートプロジェクトであろうと思うものも見れました。

こちらの美術館は、いわゆる一般的な美術館とは違って、短い時間では概要を掴むことが難しく、また次回来た時に遊ぼうと決めて、今回はミュージアムショップをじっくり見ました。
ミュージアムショップの洗練度と、美術館の洗練度は比例すると私は思うのですが、なかなかいい感じでした。

購入したいと思うものが、いくつかあったのですが、美術館をしっかり見ていないのに、ミュージアムショップで物を購入ということに、ちょっぴり罪悪感?のようなものを感じてしまい、結局、1点だけ購入。
MAちゃんとお揃いです。
b0019820_2219312.jpg

色違いでもう一つ買ってしまいました。(・・あ、2点だ)
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-10-11 21:50 | お出かけ北陸 | Trackback | Comments(4)

白川郷@岐阜

3連休のうち2日を使って、旅行に行ってきました。

ちょうど旦那さんも友人との集まりがあって家にいないというので、だったら私も!と友人を誘っての旅行。
旅行することは決まったけれど日にちがあまりなく、ここ行きたい!と思うところは満室満席で、どうにかこうにかで直前で滑り込んで決まったプラン。
久々のバスツアーです。

一日目は白川郷へ行ってきました。
ここへは確か10年ぶり二度目。
それも同じ季節に来ていたような気がします。
だからか、合掌造りにそれほど感激はなかったのですけれど、秋と空を感じることが出来ました。
b0019820_2094946.jpg

歩いているだけで楽しい。

前回来たときには、どうも目に入っていなかったらしい明善寺という、本堂・庫裏・鐘楼門とすべての屋根が茅葺きという、珍しい合掌造りのお寺が、白川郷では一番印象に残りました。
b0019820_20283676.jpg


次回来るときがあったら、冬に来たいな。
そして合掌造りの民宿に泊まってみたいです。

野外博物館 合掌造り民家園の一つの家屋の中から
b0019820_20444225.jpg

こちらの名産物のどぶろくのアイスもあったけれど、きびアイスにした。
b0019820_20493412.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2007-10-11 20:10 | お出かけ北陸 | Trackback | Comments(2)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31