結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:お出かけ九州( 67 )

日帰り長崎旅行③ JR九州 『かもめ』?

新大阪行きの最終の新幹線に乗るために、長崎から福岡へ向かいました。
向かう時には、以前、有田へ行った際、乗ることができなかった『かもめ』に乗る!
これも今回の日帰り長崎旅行の楽しみの一つでした。

かもめ』に乗るために時刻表を見て予約したつもりが、ホームで待っていたのは黒いボディ…
これが『かもめ』!???
フェイスも全然違う~~~~(涙)
b0019820_1921311.jpg

表示は『かもめ』
でも『かもめ』じゃないよ…(これ『有明』じゃないの…?)
b0019820_19211320.jpg


乗車前に長崎駅ビル(アミュプラザ)で駅弁を買って車内で食べようと考えていたのですが、なんと駅弁は売り切れでした…
車内販売もなく、岩崎本舗の長崎角煮まんじゅう(アミュプラザ1Fに店舗があります)と長崎豚まん桃太呂を食べて飢えをしのぎました…(角煮美味しかった)
b0019820_19362031.jpg


色々と重なって悲しみのあまり車内でふて寝して爆睡していたところ、遅延のアナウンスが聞こえてきました。
何かがあったようです。
そういえば、特急から新幹線への乗り換え時間が短いことに気づき、ドキドキ…
福岡駅に到着し、新幹線ホームへダッシュしました。
久しぶりに『みずほ』に乗りましたが、普通車でも重厚感のある車内、ゆったりとした座席なのがいいです。
社内販売もされていたので、お弁当にありつけました。
山陽新幹線開業40周年記念のお弁当です。美味しかったー
b0019820_19213024.jpg

日帰りでもなかなか楽しめるものだな~と思いました。
また思いついた時に、ふらっと出かけたいな♫
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-07-29 20:02 | お出かけ九州 | Trackback | Comments(2)

日帰り長崎旅行② 平和祈念像

旦那さんは平和祈念像を見たことがないというので、平和公園へ行きました。
私もここへ訪れるのは、高校の修学旅行以来でした。
b0019820_22361964.jpg

平和公園の中にある平和の泉に設置された石碑には
『のどが乾いてたまりませんでした
水にはあぶらのようなものが一面に浮いていました
どうしても水が欲しくて とうとうあぶらの浮いたまま飲みました』
という文章が刻まれています。

b0019820_22362515.jpg

この像の天を指す右手は「原爆の脅威」を、
水平にのばした左手は「平和」を示しているそうです。

私には、像の示す左手は、平和な世界をひっくり返そうと画策する者を諌めているようにも見えます。

長崎市 平和・原爆
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-07-24 23:35 | お出かけ九州 | Trackback | Comments(0)

日帰り長崎旅行① 山王神社~一本柱鳥居と被爆クスノキ

軍艦島へ日帰りで行った日(軍艦島 上陸記 3456)、帰りの電車の時間まで(飛行機は間に合わなかったので、長崎から福岡まで出て最終の新幹線で神戸へ戻ることにしました)、長崎市内を観光しました。
何回か長崎は来たことがありますが、行ったことがないところはまだまだあります。

長崎市内観光に便利なのは路面電車。
どこまで乗っても120円という素晴らしさ!(以前訪れた時は100円だったようだ…ワンコイン)
しかし小銭を用意するのが面倒&数回乗るので、一日乗車券(500円)を購入しました。
モバイル一日乗車券はスマホ画面を降車する際に提示すればいいだけなので、便利でした。
b0019820_23411442.jpg



路面電車を降りて向かったのは、山王神社です。
こちらの神社は8月9日、長崎に投下された原子爆弾の爆心地から南東約900mの高台にありました。
b0019820_23412097.jpg


参道には『一本柱鳥居』と呼ばれる鳥居があります。
原子爆弾の爆風で笠石がねじまげられ、爆心側の左半分は吹き飛ばされ、右半分だけの一本柱の状態で残ったそうです。(柱の左片方の残骸は、一本柱鳥居の奥にあり見ることができます)
b0019820_23412641.jpg


こちらは境内に残されている、被爆したクスノキです。
b0019820_23413222.jpg


私は戦争を知らない世代ですが、想像するだけでも恐ろしく感じます。
戦争は、一部の権力者、軍需産業に関わる人が笑うだけです。
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-07-23 19:03 | お出かけ九州 | Trackback | Comments(0)

軍艦島 上陸記⑥ 海上から見る明治日本の産業革命遺産

b0019820_22245110.jpg


軍艦島を巡るツアーでは、長崎港と軍艦島を結ぶ道中も見所となっています。
軍艦島(端島炭坑)と共に明治日本の産業革命遺産として世界遺産登録された迎賓館・占勝閣小菅修船場跡なども船上から観ることができます。
海上からでしか目にすることができない施設も多いので、貴重だと思います。


タンカーの横に見えるのは現在も稼働中のハンマーヘッド型起重機(ジャイアント・カンチレバークレーン)
こちらも世界遺産登録された一つだそうです。
b0019820_1645135.jpg


戦艦『武蔵』を建造したという第二船台のガントリークレーン(門型起重機)もありました。
b0019820_16431353.jpg


More
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-07-17 18:53 | お出かけ九州 | Trackback | Comments(0)

軍艦島 上陸記⑤ 島内を歩く


軍艦島に向かうにつれ小雨は止み、上陸後は太陽が出てきました。
お天気に恵まれ、ありがたや…

軍艦島では220mの見学通路を軍艦島コンシェルジュのガイドさんと共に進みます。
 軍艦島地図
上陸後は見学通路内を自由行動かと勘違いしていたのですが、軍艦島コンシェルジュさんのツアーは、ほぼ団体行動でした。(個人行動好きの私は、この点がちょっと残念)
ですので写真についても、ガイドさんの説明を聞きながら、歩きながらの合間に、さっと撮るという感じでした。
b0019820_2033977.jpg


立坑櫓(第二坑坑口桟橋後)も残っていました。
ここから地下数百メートルも地下に入っていくなんて、想像するだけでも恐ろしい…
b0019820_20325819.jpg


第3見学広場から見える高層アパート群。
手前の30号棟が大正5年に建てられた日本最古の鉄筋コンクリート製アパートだそうです。
b0019820_20325363.jpg


ガイドさんの「今のこの軍艦島の姿は、石油が枯渇した後の姿かもしれません」という言葉が印象に残りました。
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-07-15 21:06 | お出かけ九州 | Trackback | Comments(0)

軍艦島 上陸記④ 軍艦島コンシェルジュのツアーに参加

お昼に四海樓でちゃんぽんを食べた後は、乗船までもう少々時間があったので、近くを散歩することにしました。
大浦天主堂とグラバー園は以前にも行ったので、オランダ坂をブラブラ

6年ぶりの長崎でしたが、一度通った道はなんとなく覚えているもので懐かしくなりました。
オランダ坂のある東山地区は、神戸と同じく外国人居留地です。
よって洋館がいくつか建ち並び、そのうちの一つ『東山手十二番館』にトイレを借りがてらおじゃましました。
ありがたいことに無料で見学することができます。
北野異人館の洋館で無料で入れるところはなかったような気がします・・
(『北野工房のまち』は無料ですが、あそこは商業施設だしなぁ…)


乗船時間も近くなってきたので、常盤桟橋へ向かいます。
今回、軍艦島に行くにあたって私たちが利用させてもらったツアーは、軍艦島コンシェルジュさんという会社のツアーです。
なぜ、こちらの会社を選んだかと言うと、『軍艦島、ツアー』で検索した結果、最初に出てきたから。
そして、HPの『年間上陸率99%』という文言で、ここに決めました。
(他のツアー会社さんと比較を全くしなかったのですが、他の会社さんも同様の確率の会社があるかもしれません)

平日でしたが席は満席でした。(乗船した船は手前の船ではなく奥に停泊しているもの)
海外からの観光客の姿も多くお見かけしました。
皆、知っているんだなぁ…!
出向前には、乗船受付をする軍艦島コンシェルジュの専用ラウンジにて、軍艦島の歴史についてのビデオを見ることができました。
こちらのビデオで予習できるのは良いと思います。
またラウンジにはトイレも完備されているので、それほど待たずに使用することができます。
b0019820_21471243.jpg


私は船酔いを避けるために、室内の席ではなくデッキの席を選択しました。
船酔いしやすい方は、対策を用意しておいたほうが良いと思います。
私は船が走っている間は大丈夫だったのですが、上陸を待つ間の短い揺れに酔ってしまい、鎮痛剤でごまかしました…
また船へは受け付け順というよりも、ラウンジのビデオの前に並べられた席に着席していた順で案内されていたので、早くに受付に来たのに着席していなかった人は気の毒だなぁと思いました。

そして乗船してからも、しばらく待つ時間がありました。
この時間がもう少し短縮されればいいのになと思います。
そして待っている間、飽きないようにとのサービスからだと思うのですが、音楽(確かパイレーツ・オブ・カリビアン?)を停泊したまま大音量で効くのは辛かった…


そして小雨降る中、出航です。
三菱造船所で作られている大型客船。
建造が難航しているため、なかなかの損失を計上したとか…
b0019820_2134077.jpg


40分ほど船に乗っていると、軍艦島が見えてきたー!!
b0019820_2141474.jpg



上陸前には軍艦島の周りを船の上から見学します。
b0019820_21453693.jpg


軍艦島を徒歩で見学できる場所は限られているので、海上からしか見れない場所が多いです。
(建物の損傷が激しいので、仕方がありません)
b0019820_2143264.jpg


日当たり等はあまり考えていなかったのかな…?
b0019820_21433585.jpg


着岸していよいよ上陸です。
b0019820_21434298.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2015-07-12 09:58 | お出かけ九州 | Trackback | Comments(0)

軍艦島 上陸記③ 四海樓~ちゃんぽん発祥のお店

軍艦島へ向かうには、船に乗らなければなりません。
私たちが乗る船は、長崎市内にある常盤ターミナル(常盤桟橋)から出ることになっていたので、長崎空港を出てバスで長崎市へ向かいました。

長崎市内へ向かうバスは大体20分間隔で出ていました。長崎空港-バス
長崎空港を出たところに切符売り場があり、片道800円ですが2枚回数券は1200円とお得です♪
しかし切符売り場の動線が悪い上に利用者も多いので、列がややこしい感じになっていました(切符購入時間に余裕が必要)
切符売り場の場所を変えるか、並びやすくするために誘導線があってもいいかなと思います。

長崎空港からバス(長崎空港線ポートライナー)で常盤ターミナルに向かう場合、長崎新地ターミナルで降車するのが一番近いのではないかなと思います。
私たちは長崎新地ターミナルで下車し、『築町』から路面電車(長崎電気鉄道)に乗りました。
常盤ターミナルの最寄駅は『大浦海岸通り』ですが、船の出発まで2時間ほどあったので、一つ先の『大浦天主堂下』に向かいました。
(写真は大浦天主堂下駅横の河川)
b0019820_18441770.jpg


向かったのは、ちゃんぽんの発祥の店とされている四海樓さんです!
どう表現したら正しいのか分らない感じのビル、こちらのビル全部が四海樓さんで、ちゃんぽんミュージアムなども無料で見学できます。
b0019820_18442864.jpg


蓋付ちゃんぽんは、大正~昭和初期に使用されていた復刻版だそうです。
b0019820_18443390.jpg


ちゃんぽーん!!
長崎港の風景を楽しみながら、美味しく戴きました。
b0019820_18444594.jpg

有名店だけあって、12時前には満席で待つ人もたくさんいらっしゃいました。
大きなお店なので、それほど待たずに入れるかなとも思います。

四海樓
長崎市松が枝町4-5
095-822-1296
11:30~15:00、17:00~20:00


軍艦島 上陸記①
軍艦島 上陸記②



[PR]
by turnmyeyesto | 2015-07-10 19:48 | お出かけ九州 | Trackback | Comments(0)

軍艦島 上陸記①

先日、軍艦島(明治日本の産業革命遺産)が世界遺産登録に認定されました。
廃墟好きの夫が以前から行きたい!行きたい!と言っていたのですが、
私はさほど廃墟好きというわけでもなく、他に行きたいところもあるしと一蹴していたのですが、
世界遺産という称号(?)が付いてしまうと混み合うことが予想され、
認定前にと某日、日帰りで軍艦島へ行ってきました。

b0019820_15581959.jpg


軍艦島の世界遺産登録認定前には、韓国との外交的なやり取りが色々とあったようです。
その歴史と認定条件等について不勉強なので軽々しく言えませんが、認定が一日延期され「(韓国政府に)手のひら返しをされた」との報道に、私も最初は『またか・・』と苛立ちを感じましたけれど、過去の歴史を遡れば外交とはそんなものなのでしょう。
パレスチナ問題も、イギリスの二枚舌外交が発端ですよね?(しかしまあ褒められるものではないと思うよ)

ユネスコの世界遺産とか、もういらないんじゃないかな~と個人的には思います。
観光産業のために世界遺産登録を目指すのは、そもそもの目的から外れているのでは?
人を呼びたいのなら、自分たちでプロモーションすればいいじゃないですか。
現在、ユネスコに最大の分担金を出してるのは日本のようですが(※アメリカが分担拠出金を拒否しているため)
そのお金を世界の子供たちの教育資金に回すなど、他のことに使ってもいいんじゃないかな。
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-07-07 19:30 | お出かけ九州 | Trackback | Comments(2)

屋久島を歩く~ ヤクスギランド 

b0019820_2122158.jpg
1ヶ月に35日雨が降るといわれている屋久島ですが、滞在中は太陽に恵まれました。
最終日の前日だけは、台風が接近しているとあって、雨風の強い日となりました。

ホテルでのんびりDVD観賞という過ごし方でも良かったのですが、せっかくなので雨の中でも行けるところにと向かったのは、ヤクスギランドです。




標高約1000mのところに入口のあるヤクスギランドは、屋久島空港から車で約45分ほどのところにあります。(無料駐車場有り)
ヤクスギランドの入口に辿りつくまでには、狂ったような雨風を目の当たりにして心細くなっていたのですが、車を停めてヤクスギランドに入園した頃には、ちょうど、雨も小ぶりになって、屋久島らしい天気の中、森を散策することが出来ました。
※ちなみに、上の写真の吊橋もヤクスギランド内のものです。川の水量も増して、猛々しくなっていました。





ヤクスギランドは、屋久杉や島の原生林が生い茂る270haの森林緑園です。
散策ルートは4コース用意されており、30分、50分のコースは木や石で整備された歩道なので、普通の靴でも散策できるコースとなっています。
そんな手軽感のあるヤクスギランドですが、見応えは十分にありました。
b0019820_21221751.jpg


ヤクスギランドは、江戸時代に伐採された森の跡を利用して作られました。(沢登のガイドさんに教えてもらったところによると、ヤクスギランドは、木こりの方の発案によって保存に至ったそうです)
現在残された木は、伐採しづらい理由があって残った木でもあるので、クセのある木だともいえます。
よってユニークな木々がたくさんありました。(樹皮のコブがブッダの横顔に似ている『仏陀杉』というものもありました。)


b0019820_21222788.jpg


ラピュタみたいだな~

b0019820_21224387.jpg


ゴロゴロと木がここそこにあるのが面白いです。
『ヤクスギランド』という名称では、何だかきれいにまとまりすぎて軽い感じがするので、もっと違う名称にすればいいのに・・と思ったり。
b0019820_21225581.jpg




雨が降り落ち、白くけぶった森の中は、屋久島滞在中で、一番印象に残った場所かもしれません。
b0019820_2123418.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2012-09-16 15:23 | お出かけ九州 | Trackback | Comments(2)

屋久島で沢登り

屋久島では沢登りも体験しました。
自然豊かな屋久島には、トレッキング以外のアクティビティも豊富にあります。

白谷雲水峡(『もののけの森』)のトレッキングはガイドさん無しで2人で行きましたが、沢登りの経験はほとんどなかったので、事前にホテルを通じてガイドさんをお願いました。
沢登りの当日は台風が近づいていたこともあって、入ることが出来ない川もあったようですが、ガイドさんの案内で当初予定していた場所とは違うところに連れて行ってもらい、無事、沢登りを行なうことが出来ました。
b0019820_23424555.jpg

沢登り、思っていた以上にハードでスリルもあります。(翌日は、かなりの筋肉痛になりました・・)
そして、楽しかったー!!
岩の上でしばし休憩を取ったとき、ただ水が流れているだけなのに、見入ってしまいました。
自然の織り成す風景ってすごいなぁ

そして、その素晴らしい風景は、写真にはとても収めきれないのでした。旅行前に急遽購入した、安~い防水カメラを使っての撮影なので、かなり画質が悪いです・・やっぱり値段相応なのね~

b0019820_23425514.jpg

川の流れに乗って漂うことの、なんと気持ちの良いこと!
[PR]
by turnmyeyesto | 2012-09-15 12:43 | お出かけ九州 | Trackback | Comments(0)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31