結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

その目的

今回は、友人の結婚披露パーティがあったため、実家に戻ってきました。

パーティは立食形式だったので、会場に入る前に寄り道して胃を満たしてから行く。
せっかく久しぶりの友人にも会うので、食べに走るよりも喋りに走りたい。

お祝いの席って、楽しいものですね~
気づけば色んな思い出話を各自持っていて、皆で応酬してきました。
呼んでくれてありがとう。末永くお幸せに!

パーティが終わったとたんにお腹が空いてきたので、銀座の一風堂でラーメンを食べる。
「朝の4時まで僕はいつも入っていますから、またいつでも食べに来て下さいね~」と、店員さん、愛想がいいです。
いつでもね。来れたら来たいものだーー
銀座、やっぱりいいなぁ~
こんなチーズみたいなビルも出来てたし。(MIKIMOTOのビルだった)
b0019820_22172299.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2006-01-30 22:49 | 食@関東圏 | Trackback | Comments(4)

お土産

今回、お土産の一つとして持っていたものに、祇園小石の飴があります。
b0019820_214681.jpg


この飴屋さんは、友人に教えてもらって知ったのですが、見た目の美しさと、味の美しさの両方を兼ね備えています。
毎月、月がわりに季節を感じられる飴が販売されていて、今月は御酒飴。
2月に発売される紅梅飴というのも、友人が美味しい!と太鼓判を押していたので、京都に買いに行きたいと思っています。

そして、写真向かって右側のしそ梅。
これが私は一番好きです。(この飴は通年販売されていると思います。)
塩気と甘みの両方を味わえて、またその混ざり具合が絶妙で、手放せません。
バッグにはいつもこの飴をしのばせています。

店内には喫茶も併設されていて、お茶も飲めます。
前回、友人と行った際に飲んだ、黒蜜がけのミルクジュース(正確な商品名を忘れてしまいました・・)、とてもとても美味しかったのです。
次回行ったときには、黒蜜も買ってきたいな~(こちらも店内で販売されていました)
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-01-30 21:14 | 京都土産 | Trackback | Comments(2)

ホワイト餃子

友人G嬢のおうちに遊びに行く。

G嬢の息子のKくん、ますます可愛くなっていました。
時々、意思疎通がうまく図れず(私の想像力が追いつかないのだと思う)、
Kくんの発する単語に???
ごめんよ
でも、私がKくんの意図を汲んでいないということは、まだ彼には気づかれていない模様。
良かった
でも、もう少しすると、分かった振りしてもバレてしまうのだろうな。
もっと頭を柔らかくしなくては。

たくさん喋ったけれど、帰り道、ふと振り返ると私の話ばかりになって悪かったな~と思う。
G子の話も、今度はもっと聞きたいわぁ。

G子に、お土産にと餃子をもらう。
ホワイト餃子だーーーーー!!
嬉しいいいいいいい
b0019820_14175413.jpg

ここの餃子、食べたい食べたい食べたいよおおお、と思いつつ、口にしつつ、まだ食べたことがなかったのです。
G子よ、覚えていてくれてありがとう(涙)

焼き方がちょっと変わっていて、水も油もたくさん使用。
皮がモチモチしていて美味しかった!
日本の餃子ではなく、中国に系譜をおく餃子のように思えました。

私は餃子がだーい好きで、
b0019820_14204027.jpg

ウーウェンさんの『家族をつなぐ餃子の時間』という本も持っているのですが、
まだ、この本に載っているレシピのうち2つしか作っていないのであります。
家では火力がね~と火力のせいにしてみる。

追記*G子の切なる要望により持参した、鹿のフン大仏さまのハナクソも喜んでもらえた。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-01-30 14:23 | 日常 | Trackback | Comments(2)

見つける、キラキラ。

東京ビッグサイトで行われている国際宝飾展の初日(1/25)に足を運ぶ。

これほど宝飾関係のお店(卸し)があったとは、知りませんでした。
右を向いても左を向いても、そして前も後ろも宝石。

b0019820_0375915.jpg

キラキラキラ~~~~~ 

ラ~ッ♪

あっちへこっちへフラフラしてしまいました。
自分が手が出せない値段(うん百万円)のものだと、かえってじっくり見ることが出来るのは、開き直りというものでしょうか。

そして、ここである方とお会いする機会がありました。

私が、一昨年の健康診断の再検査でひっかかって、小さくなっていたときに、励ましてもらったのが最初の出会いだったと思います。
その後も、いろんな面で励ましてもらってきました。
電話でお声を聞かせてもらったことはあったのですが、お会いするのは今回が初めて。
緊張です・・


会えちゃった


彼女は東、私は西に住んでいるので、会いたいとお互い思っているけれど、もしかしたら会う機会がないまま何年も過ぎていくかもしれないなぁ、と考えていたのですが、
会えるときって、すんなり会えるものなんですね。

すごく嬉しかったです。何かに(自分の運の良さかな)感謝しました。

彼女と彼女の旦那様にお会いすることが出来たのですが、お会い出来たことももちろん嬉しかったのですが、それよりも、想像通りに彼女と旦那様が素敵な人だったから嬉しかったです。
人を好きになるときって、どんな面を感じて好きになりますか?
私は、恋愛面では少し違うかもしれませんが、友人の場合は温かさです。
会う前から彼女のことは大好きだったのですが、会ってますます大好きになりました。

彼女に会うまでの数日間、ブログを閉じようかな~と考えていました。
ブログが私にとって楽しいものではなくなっていたからです。(そうしてしまったのは私自身です。)
閉じるとしたらどういう形で閉じよう、このまま思い立ったが吉日でそのまま閉じるか、過去の記事を少しずつ消していって0にしようかな、などと考えていました。
でも、こんな素敵な人と出会う機会を得ることが出来るのなら、続けたいと思いました。
ハチさん、ありがとう。

b0019820_1326263.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2006-01-28 00:57 | お出かけ関東 | Trackback | Comments(8)

模倣犯

ようやく模倣犯を新幹線の車中で読み始める。
b0019820_10171997.jpg


模倣犯は1、2、3、4、5巻とあったのだけれど、
そのうち1巻目はちゃんと読み(宮部みゆきさんの世界に身を投げて読んだ)、
2巻目はほぼ読んだ。(読んでいて苦しいと思うところは、後から読んだ。)
3巻目と4巻目は、飛ばし読み。二冊あわせて、多分20分もかけていない。
5巻目は、ほぼ、ちゃんと向き合って読んだ。

2巻目を読んだ時点で、大体先の展開が読めたので3、4巻を飛ばし読みしたというのもあるのですが、それよりも怖かったからです。
人の悪意というものと向き合うのが、たとえ小説の中だけだとしても、とても怖く、また辛くなってしまった。
それだけ宮部みゆきさんの力量を感じられる小説だと思うのですが、でも、私の体の中にズシリとくる内部アタックの限界を越えないために、一冊にまとめて欲しかったと思ってしまいました。(そんなことは絶対無理で、あり得ないことですが)

甘いと思うのですが、善と悪があったとしたら、善ばかりと向き合っていたい。
善い人は善い日々を手に出来る世の中であってほしい。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-01-27 02:33 | | Trackback(1) | Comments(6)

大安寺 ~癌封じ笹酒祭り~

友人Nさんに誘ってもらって、大安寺の癌封じの行事に足を運ぶ。

1/23に執り行われた癌封じ笹酒祭りとは、リンク先の要約になりますが、光仁天皇という天皇が、大安寺の竹林にて竹を伐り酒を注いで飲んだそうで、これは、中国の故事にいう「林間酒をあたためる」風流を催したそうです。そして、無病息災を保ち、62歳という高齢で帝位につき73歳まで在位されたという寺伝に基づき、この帝にあやかって、悪病難病を封じ健康に過ごそうと催されるのが笹酒祭りだそうです。

前向きな勘違いなのかもしれないけれど、この行事に誘ってくれた友人Nさんは、きっと私が一昨年末に書いた記事を読んで誘ってくれたのかな~と思ったり。
(そうではなくても、お誘いいただけただけで十分嬉しいです!)

熟女・熟男(?)の群れが、まるで鮭が川を昇るように大安寺に向かう。
(私たち二人はピチピチです。ほぼ最年少だったのでは?!多分、きっと、本当です。少なくとも、最年少から二番目とか三番目だと思う。思いたい。)

ご祈祷を受けるかどうか迷ったのですが、せっかくなのでと夫と私の二人分をお願いする。
(ご祈祷料は一人3000円でした)
祈祷を受けて、お札をいただき、笹酒をいただく。

青竹の筒の中に笹酒が入っていて、温められています。
b0019820_213688.jpg

それを竹おちょこ(・・?)にていただきます。
体が温まります。
夫の分の2杯目もいただこうかと思ったのですが(!)、愉快になって友人に迷惑をかけたら怖いので自粛。
b0019820_212443.jpg

これはそのままいただくことが出来るので、家でも使おうと思います。
b0019820_2123777.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2006-01-26 02:26 | お出かけ奈良 | Trackback | Comments(4)

スルメのようなSATC

b0019820_23493081.jpg


お年玉ということで、彼に買ってもらう。
SATCは、一人でレンタルして一人でひっそり愉快に観ていた。
そして第6シーズン(最終シーズン)の何話目かを観ていたら、たまたま彼も一緒に観て、そしてはまった模様。その後は二人で観賞。
あと3話ほど観たら全部観終ることになるのだけれど、うっかり、『セックス・アンド・ザ・シティ シューボックス: コンプリート・シリーズ 』なんて存在を知ってしまい、欲しくなる。
「欲しいよー欲しいよー」と、背中にべったり張り付いたお化け(一反木綿でしたっけ?)と化して訴える。
彼は「ええー、だってもう全部観終わるじゃないの」と、最初は相手にしてくれなかったのですが、"英会話の勉強にも最適"というアマゾンのレビューを見て「買ってもいい」となる。
レビューを書いて下さった方、ありがとう。ここにその成果が出ていますよ!

SATCを観ると、もっとガツンとしたお洒落をしなくては、という気分にさせられるので、自分にカツを入れるのにもいい道具となります。
そして、私はキャリーの部屋を見るのが好きなのです(部屋フェチ)。
あ~NYにアパートメントが欲しい!
そして、SATCには4人の女性が出てくるのですが、この4人の女性の関係もいいなぁ、と思わされることしばしでした。(時々、それはありなのか?と思うこともありましたが)

好きな映画でも、繰り返して観る、というよりも忘れた頃に観たいと思うぐらいなので、わざわざDVDを欲しいとは思うことはほとんどないのですけれど、これは欲しくなってしまった。
日常の楽しさを表現しているドラマだからかなぁ。

楽しいことが大好き。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-01-20 00:11 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(4)

トンボ玉製作@とんぼ玉工房 空歩

以前から、お会いする機会があるといいなぁと密かに願っていた方から声をかけてもらって、ならまち工房の中にあるとんぼ玉工房・空歩さんへ行ってきました。

トンボ玉を作るのは初めての体験で、火(ガスバーナー)を使うという時点でドキドキしている原始人のような私・・。
この細い色とりどりのガラスの棒を溶かしてトンボ玉を作るのです。
b0019820_0201682.jpg


先生の助けを借りながら、2点作成。
(金具や紐は先生がつけてくださります)
b0019820_0204974.jpg

b0019820_0255994.jpg


緑色のアクセサリーは、あまり持っていないということ、そして今日の気分が緑色だったので(洋服もモスグリーンの色のセーターを羽織っていた)、指輪は緑色をベースに。
そしてペンダントは、春先に白いシャツに合わせたいな~と思って、アースカラーの渋い感じに。

楽しかったです。また作りに行きたい!
誘ってくださったNさん、ありがとうございます。


お店の中には、先生が作られたものが販売されています。
ステキなものがたくさんで、手にとって見ているだけでうっとり。
このトンボ玉には、あの洋服を合わせたら似合いそう!とホワホワしていたら、
「違う世界に行ってるよー」と先生に言われてしまう。
私は幼稚園生の頃、サンリオ商品が好きだったのですが、サンリオショップに行ったときの感覚と、なんだか似ている・・・(比べる次元ではありませんが)
b0019820_031171.jpg

また、ここの先生がステキな方で、私より年上(多分)の女性の方にこう言うのは失礼かもしれませんが、温かみのある可愛らしい方なのです。
個性とは魅力だ、というどこかで聞いたことがあるような一文ですが、まさに当てはまる方だと思いました。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-01-17 23:59 | お出かけ奈良 | Trackback(1) | Comments(10)

初釜大茶盛式@西大寺

西大寺の新春大茶盛へ行く。

10時からお茶会が開かれていると聞いていたので、午前中に行こうと思っていたら出足が遅くなって、午後2時を過ぎてしまった。
お茶を飲むことは出来なくとも様子を見れればいいな~と思っていたら、すんなりお茶会にも参加できました。

僧侶の方が、いたって普通にお茶を点ててくださっています。でも、どう見ても茶道道具はでっかい。
b0019820_0443623.jpg

この日だけ振舞われるというお菓子
b0019820_0445647.jpg

奈良絵の描かれた茶碗は、なかなか重かったけれど、よいしょと持ち上げいただく。
b0019820_045714.jpg

けっこうなお手前で。

大茶盛の特製(?)手ぬぐいがあったので購入。
手ぬぐいはなかなか使えるので、旅行や遠出するときなど持ち歩いています。
b0019820_18429.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2006-01-15 23:59 | お出かけ奈良 | Trackback | Comments(4)

よーじやカフェ@三条

友人、N嬢が連れて行ってくれたお店。
よーじやさんは知っていましたが、カフェもあるとは !
b0019820_2565611.jpg


なんと見事な・・味も美味しいし。
b0019820_2571292.jpg


時は15時過ぎ、小腹が空いたのでピザでも食べようかとお願いしたら、ピザ生地がまだ出来上がっていないとのこと。(ちゃんと生地から作っているんだ~。どうも釜をちゃんとお持ちのようです。)
変わりに、キンピラゴボウのサンドイッチとやらを頼んでみたら、これが当たり!
美味しいよ~美味しいの~~ ♪
b0019820_257279.jpg

b0019820_2574996.jpg


家でもやってみようかな



食べ終わってから、カフェに併設されているお店もさらりとチェックしたのですが、色々と商品が増えているんですね。
手に取りたくなるものが多く、今月末、実家に戻る際の友達へのお土産にしようかな、なんて考えたりしたのですが、でもこれ京都の名産(?)品だし、と躊躇してしまい結局買いませんでした。
関西なら京都でも大阪でもそして奈良でも、どこでもいいのかもしれませんが、私としては、やっぱり奈良のものをお土産に持って帰りたいなぁ。
もっと奈良にもコジャレタお土産が増えてほしいものです。白雪ふきんさんとかあるけれど、商品展開が少ないんだもの。(色々と柄はあるけれど)
あ、友人G嬢からは、鹿のフンと大仏のハナクソ(ああっ、こんな言葉を私のブログに書く日がこようとは、、、)をお土産に所望されているのですが、本心からなのでしょうか・・・
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-01-14 03:02 | 食@関西圏(京都) | Trackback | Comments(4)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー