結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

二見浦@伊勢市

の続きなのです・・
伊勢神宮(外宮、内宮)を参拝して、おはらい町(おかげ横丁)を散策した後に、二見浦まで足を伸ばしました。

二見七夕・星祭りというイベントが開催されているというので、期待して行ったのですが、時間が早かったことと、ちょうど川曳開催日だったので、町の方々はそちらに行かれていて、人が減っているということもあったのか、ちょっと寂しい感じでした。

b0019820_1595761.jpg


そして部外者の勝手な意見を申してしまうと、お土産、食事処にもっと力を入れてもいいような気がしました。
というのも、お金を落とそうと思えるような場所がなかったから。
観光客の立場としては、無駄にお金を落とすことなく名勝だけを楽しめていいけれど(でも、今回は以前来たときほど、見応えを感じることが出来なかった)、観光地の町としてそれでいいのですかー??と、いらないだろうけれど勝手に心配。

旅館街を通り過ぎて、二見の見所の夫婦岩へ向かう。その途中にはお土産物屋さんが何軒かあったのですが(ちょっとお茶でも飲もう、と休める処はなかった)、もしかしたら鑑定団にでも出したら値打ち物なのかもしれませんが、これはいつの時代のものだろう・・・という埃をかぶったものが並べられていて、一体誰が買うのだろう??と疑問が。
"お土産ではなく土地の中身で勝負!"の心意気なのかもしれませんが、このお土産を見てしまうと、町全体に寂れた印象をつい持ってしまうのは私だけかしら、、
景観等がそろっているだけに残念なのです。
日本人はお土産を買うのが大好きな民族(・・私だけじゃないと思いたい)
良いものがあったら買いますが、良いものじゃなければ当たり前だけれど買わない。
コジャレタお土産じゃなくていいので(それはそれでいいけれど)、旅人心をくすぐるお土産をお願いします!
例えば、夫婦岩サブレとか~♪ あ、全然だめ(汗)??
b0019820_1594388.jpg



b0019820_21281682.jpg

やけにカエルがたくさんいました。縁起物らしいのですが、やけにいまして・・

そして、JR二見駅へ向かうと、『ああっ、夫婦岩を模しているんだ~!』と興奮。
夫はあまり興奮せず。
私はこういうベタなもの、ダーイスキ。ベタ子です。
b0019820_20880.jpg


二見浦を後にして、次は松阪で松阪牛を食べようと目論んでいたのですが、珍しくおなかいっぱい。
よって列車の旅らしく、松阪牛弁当を買って車中で食べながら帰宅。
b0019820_2343284.jpg

昭和39年には、国鉄天王寺管理局主催の駅弁品評会で堂々の1等賞に輝いたという駅弁。

うーん、時はその時で止まっているのかもしれませぬ・・(ごめんなさい)

今、駅弁は色々と種類も多くなって、ユーザーの舌も肥えていると思うので、このお弁当には、もう一歩頑張ってほしい!牛、大好きなの。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-07-28 02:00 | お出かけ三重

おはらい町、おかげ横丁@伊勢

参拝も無事終わり、さあ食べようとおかげ横丁へ。

そもそもおかげ横丁ってなんだろうと思ってガイドを見たら、おはらい町という内宮の宇治川橋前から五十鈴川に沿って800mほど続く、江戸時代の佇まいが残るみやげ物屋や食事処の一角が、おかげ横丁らしい。

伊勢といえば赤福
おかげ横丁に本店があります。
b0019820_122312.jpg

友人に聞いて、是非食べたいと思っていたあかふく氷。
b0019820_122792.jpg

5~9月の夏季のみの販売。
b0019820_1225890.jpg

氷の中には赤福餅が隠れているよー♪

その後、伊勢うどんなるものが美味しいとネットやガイド本で知り、ここだ!と下調べしておいたお店へ行ったのですが、ああ・・人が並んでます。
タクシーの運転手さんの口コミで評判が広がっただけあるのね~、と感心。
ここで並ぶべきだったのですが、暑さに負けてしまったのと、他店のおばあさんが店先で頑張って客引きをしている姿を見て、失礼ながら同情心のようなものが夫婦二人して生じてしまい、「同じ伊勢だもん、美味しいよね~」と行ってみたら、
同じではなかったようだ・・涙

やるせない胃をかかえて次へ進む。
豚捨というユニークな名の和牛専門店。
肉にこだわり、豚肉を捨てたことからその名がついたとのこと。
コロッケを食べることが出来ます。
コロッケ大好き~!
b0019820_195527.jpg



次は伊勢男集料理 海老丸という伊勢志摩の新鮮な魚介類を使った漁師料理のお店。
満腹~~
味良し!お店の感じ良し!
二人で来ても良し、大人数で来ても大丈夫なお店(1階28席、2階90席、カウンター10席)だと思われます。
別にリベートをもらっているわけではありません・・
b0019820_110654.jpg
b0019820_1102585.jpg
b0019820_1103941.jpg
b0019820_1105039.jpg
b0019820_111023.jpg
b0019820_1112793.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2006-07-28 01:08 | 食@関西圏(三重)

豊受大神宮(外宮)、皇大神宮(内宮)@伊勢神宮

伊勢神宮の参拝形式は、外宮(げくう)にお参りした後、内宮(ないくう)へお参りに行くというものらしい。
私は伊勢神宮へ来るのは8年ぶりくらいの2度目なのだけれど、前回はどうまわったっけ・・?もしかして、内宮しか行かなかったような・・

というわけで、今回はもちろん両方!外宮から!
ここは天照大神のお食事を司る神の豊受大神がまつられ、衣食住あらゆる産業の守り神だそう。
健康!!と願ってしまったような、そうでないような・・・

御正殿
b0019820_1725484.jpg

新御式地
b0019820_173214.jpg


b0019820_1741661.jpg

外宮は内宮に比べると、規模も小さいです。
そのためなのか、時間が早かったせいか(10時前)、あまり人もいず、木が溢れる中を別宮へと参拝。



伊勢市駅まで戻って(外宮前からもバスが出ていますが、時間があったので)、内宮行きのバスに乗る。
たまたまなのかもしれませんが、三重交通のバスの運転手さん、その方も感じも良くて親切でした。
(奈良交通さんも見習ってほしいな~)


おはらい町を通り過ぎて、内宮に到着。

表玄関の宇治橋
伊勢神宮に来た~!という気持ちになります。
b0019820_17193058.jpg

五十鈴川
参拝する前に心身を清める場所だそう。清流で有名なだけあって、綺麗でした。
b0019820_1720619.jpg

御正宮
伊勢神宮は別格だと色々なところで見聞きしましたが、それを体感させられる場所でした。
造り方がそれを感じさせるのか、その場の雰囲気なのか・・
b0019820_17202529.jpg

新御敷地
b0019820_17211220.jpg

荒祭宮
別宮も、式年遷宮によって立て替えられます。右側が新御敷地であろうかと。
それにしても壮大な行事だなぁ
b0019820_17424757.jpg


神宮内を歩いていると、木の存在を強く感じます。
そして、木々の葉の間から地面を射す、透明感のある光が神々しいまでに美しかった。
b0019820_17431572.jpg
b0019820_17434261.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2006-07-25 16:56 | お出かけ三重

川曳@伊勢神宮(五十鈴川~内宮)

伊勢神宮へ行ってきました。
一番の目的は、20年に一度行われる神宮式年遷宮の準備の一つである川曳を見ること!

川曳に関する情報収集が完全に出来ぬまま、まわりゃんせ(近鉄電鉄企画の切符)片手に、ここのところ仕事がハードで午前様続きの旦那をたたき起こし(今回は行くの止めようか?と一応聞いてみたら、行くと言った[言ってくれた?]ので・・)、伊勢に向かう。

外宮を参拝した後、内宮へ向かい、おかげ横丁を抜けて新橋に来たところ、見れましたー!

やったわー!!

b0019820_11505290.jpg

b0019820_11582660.jpg


この木は御神木なので、橋の下を通り過ぎるときは、橋の上にいる私たちは、その上をどかなければなりませんでした。なるほど。

その後、内宮を参拝して宇治橋に戻ってきたら、ちょうど御神木が出発地点から目的地の内宮に到着している!
川から、陸に上げるときの掛け声の威勢の良さにぞくぞくしました(笑)
b0019820_1223118.jpg




この式年遷宮では、20年に一度、社殿を立て替え、御装束・神宝も新たに造り替えて、神さまにお遷りいただくという神宮でもっとも重要な祭りとのこと。
そして神宮の杜は「唯一神明造」と呼ばれ、古代の稲蔵の形といわれているそうです。
杜は全て桧で造られ、遷宮に必要な桧の本数は、一万二千本!

式宮遷宮は、飛鳥時代に始まって約1300年の昔から続いているそう。
私は、特にこれといった信仰心もないけれど、移り気ものなので、長く続いているだけで、ひとまず尊敬のような気持ちを抱いてしまいます。何よりも祭りが大好きー!

神領民の皆様、お疲れ様でした。

来年は陸曳を見に行きたいな~
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-07-23 11:26 | お出かけ三重

祇園祭 追記

祇園祭の楽しみというと、素人の私なんかは鉾や曳山ばかりに目がいってしまうけれど、山鉾町の飾り席に飾られたご神体の人形や豪華な装飾品の数々を前にして、目の保養をするのも楽しい。
しかし人が多くて、なかなかじっくり見られないのが難点。
b0019820_2095866.jpg


そして、民家の方も秘蔵の屏風などを飾られていて、その家の前には人だかりが出来ていました。
人が減ってから見に行かせていただきましょうぞ、といった雅(?)な心を持たない私達夫婦は、遠くから眺めるばかり。
そして人混に疲れ、人の少なさそうな道を選んで一本入ってみたら、その道は本当に人が少なく出店もない。
一本道が違うとこうも違うのかとびっくりし、どこかでまた大きい道に出ようね~とお喋りしながら歩いていたら、ありました。
b0019820_2092780.jpg

そっと静かに。

なんだか宝物を見つけた感じで嬉しい。
見させてくださってありがとうございます。

町の方々皆で、祇園祭を支えているんだな~としみじみ。いいなぁ。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-07-22 20:03 | お出かけ京都

祇園祭でゲットしたものたち

山鉾を巡っているときの、目的の一つ。
好みの絵柄の手拭をゲットすること~!
今年ゲットした手拭は、この2本。

函谷鉾(かんこほこ)のものと
b0019820_0173331.jpg

南観音山のもの
b0019820_0175789.jpg


特に函谷鉾のものが渋くて気に入っています。


そして、確か(いや違うかも・・)郭巨山で買った油取紙
私は、油取紙を普段使うことはないので(お土産等でもらったりしたときは、眼鏡拭きにしています)、これは月末に開催する6月の会(6月じゃないけれど)で会う友人にお土産にしようかな~
b0019820_0181668.jpg



そして、疫病災難よけのちまき
b0019820_0185055.jpg

ちまきは、特にどこそこのものが欲しいというのはなかったのだけれど、ちまきを入れてくれる袋に惹かれて黒主山のものを購入。
カッコイイのでアップで!
b0019820_0191693.jpg

かっこよくないかしら・・?
しかし、このビニール袋、かっこいいからといって使うかといえば、箪笥のこやしになるだけなのです。でもかっこいいし・・(まだ言う)

祇園祭協賛会が出していた、京都が団巨匠献筆作品集
絵柄の違う葉書が10枚入っていました。
これで今年は暑中見舞いを書こうかな~
b0019820_2215742.jpg


あとはイノダコーヒーで買った、祇園祭仕様のコーヒー豆。
これもお土産にしようかな。
b0019820_0374962.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2006-07-22 00:19 | お出かけ京都

祇園祭 宵山@京都

7/16、祇園祭の宵山へ行った。
お昼から四条に入って(やはりすごい人)、お昼御飯食べて(水餃子が美味しかったー!)、デパート巡回して(バーゲン最高!)、漫画喫茶行って(素敵な漫画喫茶発見!)、時刻だけは夕方を迎える。

山鉾の灯りも。
b0019820_22563333.jpg


各山鉾町を気ままに巡っていたら、いつのまにか空の色が変わっていた。
空の色の境目をつかまえることって、なかなか出来ないなぁと思う。
そして、この色合いの時間から夜にかけてが大好きな時間。
心が高揚する。
夏が大好きだな~と毎年確認する時間。
b0019820_22595780.jpg


b0019820_234115.jpg

b0019820_2381850.jpg

コンチキコンチキ。

お祭りっていいなぁ。しみじみそう思う。
怨霊を鎮め、慰める行事が由来にある生活に根ざしたお祭りだけではなく、自分なりのお祭りを一ヶ月の中になり、一週間の中になり、一日の中にもつことによって、日々生きていく喜びがあると思う。

それにしても祇園祭は規模が大きい。
もちろん、今年も見尽くすことは出来なかった。
また来年も訪れます。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-07-18 22:56 | お出かけ京都

コンチェルト@神戸

元町にてお腹を満たした後(↓の続き)、コンチェルトという船に乗って、大阪湾をクルージングした。
b0019820_1713058.jpg


先週見た明石海峡大橋も見えた。
b0019820_1733567.jpg

夜に乗船したほうが、夜景を楽しめて楽しいかも(私は夜景好きなので)。

そして船から降りて、神戸のデパートを何の気なしにウィンドーショッピングしていたら、びしっと目に飛び込んでくる好みの指輪があったので、誕生日プレゼントとして贈ってもらった。
b0019820_1735577.jpg

最初は、MIKIMOTOのネットショップでいいなと思うものを見つけていて、それを買ってもらうことになっていたのだけれど、ネットショップの難点は実際身に付けて試すことが出来ないこと。(店頭には同じものを置いていないということだった)
デザイン買いをして、自分の指に、首に合わなかったら、悲しすぎる。

ふらりと入った宝飾店では、パヴェタイプのどっしりした指輪と、これとで迷ったのだけれど、ダイアモンドの質と、ちょっと変わったデザインに惹かれて(指輪だけれど、首飾りみたいにカーブしている)、これを贈ってもらった。

大体、この値段のラインのものだったら買ってもらるかな~と皮算用していたのですが(あ"~イヤラシイっ!)、それを越えてOKが出たのでびっくり。
だって、私、鵜飼をする人のように、彼のお小遣いと家庭のお金(すなわち全部♪)をキュっと締めているんですもの。
だから彼にはそんな余裕はないと思っていたんですよ!
彼よ、あなたのヘソクリ様をご開帳してくださってありがとう。
もう、あなたのヘソクリを管理しようと試みることはいたしません。
大事にしまーす!

あー、早くこれを身につけて、おしゃれして、美味しいものを食べに行きたいな!
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-07-17 17:00 | お出かけ兵庫

老祥記プロデュース 曹家包子館@神戸南京町

再び神戸へ行った。
b0019820_1551638.jpg


今回は、前回食することが出来なかった老祥記の豚まんを手に(口に)したい!

開店と同時に並ぶつもりが、手間取ってしまってお店についたのは12時近くになってしまう。
予想通り列に並ぶ人がずらり。
老祥記の斜め向かいに曹家包子館という老祥記がプロデュースしたというお店があり、こちらでも同じ豚まんを求めることが出来たので、まだ並ぶ人が少ないこちらに。
b0019820_1523323.jpg
b0019820_153096.jpg

美味しい~~~
餃子や小籠包など、包み系が大好きな私なので、もちろん豚まんも大好き。
だから、満足するであろうと予想はしていたのですが(好きだと、そのものに対して舌が肥えると同時に、普通に美味しいものでも満足してしまう傾向がある―これは私だけか?― 特に包み系はごまかされがちだと私は思う。)
今まで食べた豚まんの中でこれが一番!
なんと美味しい肉汁だこと~~
もともと豚まんが好きでも嫌いでもない夫でさえ、「豚まんの概念を覆された」と絶賛。

今、この文章を書いていても、もう一度あの豚まんを口にしたいと願う私。
あー、山盛り食べたい。


道に出ていたラーメン屋さんのラーメンを立ち食い。
学園祭を思い出します。
b0019820_153203.jpg
b0019820_1534337.jpg



暑くなったので、小道に入ったところにあった椿茶藝館でタピオカマンゴージュースを飲む。
b0019820_15479.jpg
b0019820_1542743.jpg

タピオカが大きいのに比例して、ストローも大きかった。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-07-15 01:46 | 食@関西圏(兵庫)

そこには魔物が住んでいる

従兄弟に第三子が産まれたので、お祝いを求めてデパートへ行った。
男の子、男の子ときて、待望の(と言っていた)女の子。
最近のお子の洋服は、可愛いものや洒落たものがたくさんあるけれど、特に女の子のものは選んでいて楽しい~♪

今、着るものは大体そろっているようだったので、一年後に着れる洋服を選んで包んでもらった。
箱に入れてもらい、包んで熨斗をつけてもらったわけなのですが、その熨斗に書く『出産祝』という文字が、店員さんの直筆。
もちろん直筆でいいのですが、字が、字が、あまり上手でないような・・・涙
油性ペンで書いているし・・・がっくり
いっそ自分で書いたほうがましかもしれぬと、「(自分で)書き直してもいいですか?」とうっかり口にしたくなったけれど、ぐっとこらえる。
だって、この店員さん、親身になって服を選んでくれて感じも良かったんだもの。

熨斗なんて、すぐにペリリと剥がされて捨てられてしまうものだと思うけれど、でもお祝いをぐっと引き締める、顔のようなものだと思うのです。
デパートだったら達筆な店員を揃えてくれているものだと考えるのは、今の時代、過剰な期待なのでしょうね。

ついでにもう一つ付け加えてしまうと、プレゼントなのに包み方の下手な店員さんも、どうか私のときには付かないでね!お願いっ

熨斗はともかく、素敵なものを見つけられたとホクホクしながら、まっすぐ家に帰るつもりが、うっかりバッグに呼ばれて、持って帰ることになってしまった。
b0019820_0373087.jpg

鯉のぼりのような柄が楽しいよー!
長さを調節できるので、スカートには短く、ジーンズ等には長くして斜めがけしたいな。



しかし、神戸と京都に出る予定があったので、そのときまでは買い物は自粛と念じていたのに、念じ方が足りなかったようだ。

デパートには魔物が住んでいる。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-07-15 00:32 | オシャレ
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30