結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

喫茶ソワレ@四条

私の趣味の一つは雑誌の切り抜き。
去年ぐらいに切り抜かれ、ファイルにはさまれていたお店にようやく行けた!

喫茶 ソワレ
b0019820_2149645.jpg

店内は青に染まる、不思議な空間。
壁には東郷青児氏の絵画。
そしてコップにも氏の挿絵。
(挿絵の入ったグラスやコーヒーカップも[記憶に間違いがなければ、香蘭社のものだったと思う]販売もされていました。)
b0019820_2150973.jpg

メニューの中にミルクセーキの文字を見つけて、飛びつく私。
b0019820_2252887.jpg

b0019820_21501866.jpg

音楽が流れない空間ということを切り抜き情報として得ていたので、深海のような静かな空間なのかな?と想像していたら、そうではなかった。
お客様の声がBGMという考えなんですって!真っ当でいい!
ソワレ インタビュー記事
b0019820_21485442.jpg


b0019820_23184948.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2006-11-30 21:45 | 食@関西圏(京都) | Trackback | Comments(2)

オシャレ道

私は、私なりにオシャレが好き。
そして、いつも自分がしたい格好をしているけれど、夫と出かけるときは、夫が先に洋服を決めたら、夫と並んで歩いたときのバランスを頭の端においてコーディネートします。
そして、友人らと出かけるときは、その友人のことを考えてコーディネートを。
すなわち、その友人が好きそうなテイストに少しだけでも添うような格好を選びます。

先日、友人csちゃんと京都へ出かける際、これはcsちゃんにも喜んでもらえるかも!(とまではいかなくとも、目にとめてもらえるかも)と思い、いそいそ着替えていたら、夫に「エイティーズみたい!!」と爆笑される。

とっても楽しそうに笑っていたよ。

・・・そうですか。

くじけそうになって、着替えようかと思ったけれど、上にジャケットを羽織って京都に乗り込む。
b0019820_025170.jpg


csちゃんはいい!と言ってくれたよ。うふふん。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-11-29 23:59 | オシャレ | Trackback | Comments(6)

奈良らしいお土産 ~吉野のいしい 柿もなか

近くのスーパーで売っていて、試しに買ってみようとカゴに入れた。
奈良名産と記された柿もなか
b0019820_2225306.jpg


一応、買う前に原材料をチェックし、
【柿あん(吉野産富有柿)、水飴、果糖、柚子の皮、寒天、もち米】
となっていたので手に取ったのだけれど、でも、うそくさい柿の味がするんじゃいないの~と期待をあまりせず口にしてみたら、

おいしいっ!!

これ、観光土産屋さんでは見かけないような気がするのですが、そんなのもったいない~
(と、書きつつ、置いてあるのかもしれませんが・・私の目には入っていないだけ?)

まさに柿。
これは柿。
干柿の、もっと食べやすい感じ。

これは、奈良県外の人への手土産にいい!とネットで調べてみたら、この『柿もなか』を作っている会社のHPがありました。 
柿もなか1つに、柿が約1/2個だって~へぇぇ

これを受け取ってくれる人が、同じように美味しいと思ってくれたらいいな!


柿の学名:ディオスピーロス・カキ 神様から与えられた食べ物という意味
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-11-28 22:25 | 奈良土産 | Trackback(1) | Comments(10)

Gasparl ガスパール@四条

久々(1年ぶりくらい?)に、奈良友達csちゃんと会う!
csちゃんはブログを介して出会った友人で、記憶に間違いがなければ、同じ県に住む友人第一号の人。
年下の彼女だけれど、出会う前から(そして出会った後も)とてもよくしてもらっていて、私の中では大事にしなくてはならないと勝手に恩義を感じている人なのですが、不義理をしていてずっと会えず。(csちゃんが公私に亘って忙しい人という理由もある)

今日は奈良ではなく京都にて会うことに。
cocon KARASUMAで待ち合わせをして、まずランチを食べよう~!と今まで行ったことのない方向へ進む(京都はまだまだ未開拓)。
狙っていた2軒(予約せず)は満席だったので、次回のお楽しみにして、今回はGasparl ガスパールというフレンチレストランへ。

ここにたどり着いて正解!!
いいーー

b0019820_0415667.jpg
b0019820_042482.jpg
b0019820_0421219.jpg
b0019820_0422073.jpg
b0019820_0422735.jpg
b0019820_0424022.jpg
b0019820_042496.jpg


どれも文句なしに美味しいのですが、あえて一つあげると、お口直しのグレープフルーツのシャーベット。
本当にお口直しできるシャッキリしたもので、かつ美味。
コース料理の一品一品が、それぞれの役割をきっちり果たしているなぁと思いました。

メインの和牛ほほ肉の赤ワイン煮込みに添えられたマッシュポテトも、いかにもフランスらしくっていい。久々に食べたけれど美味しいなー♪
バターもエシレバターで嬉しい!そしてパンおかわり。
今月のオードブルの、うばぎとフォアグラの温かいテリーヌも思い出すだけで、口の中が・・
そしてデザートも、おお、美味しい!

これで3000円はお得です。
彼にも、そして他の友人にも食べさせてあげたいな。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-11-27 00:42 | 食@関西圏(京都) | Trackback | Comments(4)

和食屋 八寳@近鉄奈良駅

陶芸仲間と、某日、仕事帰りに集合。
この日は、土と戯れるわけではなく、食、そしてお喋り。
(陶芸の先生が篭ってしまったので、ここのところ陶芸とはご無沙汰なのです。)

喋り倒し、笑い倒しの数時間。楽しかった!
集まった3人のうちの一番年下のAさんが、とてもお喋り上手な人で、この友人と喋っていると、私までもが喋り上手な気に錯覚させてしまうのがAさんのすごいところ。
話し上手、聞き上手、引き出し上手なんだろうな。
関西の方らしく(?)突っ込み上手で、気配りある毒舌家の楽しい友人。
この友人も、もともとは、こちらに来て知り合いのいない私を気遣ってくれた夫のおかげで出会えたのでした。夫に感謝です。


会合も終わりに近づき、しめにと焼きおにぎりを注文。
そしてそれは大きく、2つ(+お漬物)並んでやってきた。
自分の目がでっかくなっていることを感じた。
良心的なお店で好感がもてたけれど、この後デザートを食べに行くしなぁ、でも食べれないこともないなぁと悩んでいたら、二人から『旦那さんへのお土産にしたらどうか?』という提案が。
そうだね、喜ぶかも!と持って帰ることに。
気分は、寿司詰めを持って帰る、ほろ酔い亭主。
b0019820_20254173.jpg


23時近くに帰宅。
夫は、二人の気持ちは有難いけれど、お腹一杯だと言う。
ちょうど小腹が空いてきていたので、じゃあと結局私が頂く。
冷めてもおにぎりは美味しい!


和食屋 八寳
どれもなかなか美味しく(アイデアを凝らした品もあり)、忘年会シーズンのこれから、使えるお店かと思われます。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-11-24 22:52 | 食@関西圏(奈良) | Trackback(2) | Comments(4)

カフェグリル 東洋亭@京都駅前ポルタ地下街

軽くお茶を飲んでから、帰路につこうと思った午後6時前。
匂いをかいだとたん、食欲が湧いて食べてしまった。
b0019820_16515995.jpg

おいし~♪
東洋亭
カフェグリル 東洋亭

値段、雰囲気等、気軽に使えるお店で、新幹線に乗る前にさっと食べたいときなどにもいいかも。

家に帰って夕食を取る。
夫は、この夕食が4食目であることを知らない。
知らなくても差し支えないことなので、言わなかった。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-11-22 23:59 | 食@関西圏(京都) | Trackback | Comments(2)

高山寺 @高雄(洛西・京都)

高山寺の紅葉はまだ先のようでしたが、ここでは紅葉は見れなくても、この佇まいを体感できたらそれで十分だと思います。
b0019820_2336917.jpg
b0019820_23361995.jpg

空がすごく高く感じました。
そして自分が小さく。


高山寺も、ここに来るまでは私にとって見知らぬお寺だったのですが、明恵上人と縁のあるお寺だと知って、好ましさがより上昇。
といっても、明恵上人について特別詳しいわけではないのです。
ただ、私の好きなものの一つ、日本茶の茶祖であることと、明恵上人の一つの歌が好きなのです。

あかあかやあかあかあかやあかあかやあかあかあかやあかあかや月

感動したり、強く何かを伝えたいときに、つい言葉を多く飾ってしまいたくなるのですが、伝えたいことはシンプルなことなんだと、この歌を詠んで、勝手に自戒したりしています。

明恵上人が後鳥羽院より学問所として賜った学問所である石水院(国宝)に入る。
b0019820_23363998.jpg

ここでは、有名な『鳥獣人物戯画』が見れると期待していたら、
なんとレプリカ!(それも縮小版・・)
本物は、東京国立博物館、京都国立博物館に寄託されているとのこと
(最初に教えて欲しかったよ・・)
せっかくこのお寺に伝わる絵巻なら、ここにあるのが一番だと思うのだけれど、保存等のためなのでしょうか。残念。
b0019820_0152357.jpg

(石水院のチケットは、やっぱりこれ。これも栞にしよう~!)
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-11-22 23:58 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(0)

西明寺 @高雄(京都・洛西)

神護寺を後にして、西明寺へ。

お寺に行くまでの道々も紅葉が見事で、そして川べりではお弁当を食べる人々や、絵を描く人も。
b0019820_22523851.jpg


門をくぐるまでは、このお寺がこんなに素敵なところだとは、全く分からず。
b0019820_22525555.jpg

b0019820_22531277.jpg

b0019820_22594186.jpg

今回、高雄に初めて来たのだけれど、このお寺の紅葉が一番私好みでした。
紅葉に、たおやかさを感じます。
そして紅葉だけでなく、お寺もとても感じの良いところで、いるだけで落ち着き、そして飽きない。

神護寺と同じく、今までこのお寺の存在すら知らなかったのですが、まだまだ知らないいいお寺ってあるものだわ~


倍返り御守りというものを購入。
b0019820_23314243.jpg

お寺の入場券も、なんだか抜けた感じが良い感じで、これは本の栞にしよう!
b0019820_23315224.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2006-11-21 23:54 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(2)

神護寺 @高雄(京都・洛西)

道々の紅葉に目を奪われていて、あまり気づいていなかったけれど、結構な長い階段を登って神護寺へ。

友人に誘ってもらいここへ来るまで、私は神護寺というお寺の存在を知りませんでした。
そして、お寺そっちのけで紅葉狩り。まさに狩人。
b0019820_214151.jpg

かろうじて金堂にて参拝。
b0019820_22591229.jpg

寺社に参拝すると、普段信仰していなくても、それが良いのか悪いのか分からないけれど、やおら信仰心のようなものが出て畏敬の念のようなものを感じるときもあるのだけれど、ここでは、そういったものが全く出てこなかった。
紅葉をたっぷり目にして満足。


そんな中、一本の木に釘付けになる。
b0019820_21431254.jpg

黄の色が凄かった。
その場で見ると、色が浮かび上がっているような、この世のものとは思えない色をしていました。
自然という言葉と反した色に思えて、畏怖さえ感じました。
[PR]
by turnmyeyesto | 2006-11-21 23:50 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(2)

硯石亭 @高雄(京都・洛西)

b0019820_192127100.jpg

ぜんざい、甘酒。
お店に入る。

硯石亭
b0019820_1922146.jpg


ゆらりゆれる文字に惹かれるまま入った茶店だったけれど、本当に素晴らしいロケーションで、驚く。見事としか言いようがない。
(それゆえ携帯カメラではその良さを表すのが無理です・・)

言葉で表せたらいいのだけれど、私の胃らへんには、言葉にしたい塊があるのに、うまく出てこない。
思いつくまま言い表すと、そこは広々としていて、赤や緑や黄の色が様々な形で溢れていて、取り囲んで一つの世界がそこに・・・

難しい。

b0019820_19224159.jpg
b0019820_1922515.jpg
b0019820_19232094.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2006-11-21 23:40 | 食@関西圏(京都) | Trackback(1) | Comments(0)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30