結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

大野寺@室生

友人MAちゃんとお花見に行く。
今年、一回目のお花見。

最初に足を運んだ佛隆寺はお花見にはまだ早すぎたようで、つぼみ以前の状態の固い感じでした。
今年は早い春かと思っていたのですが、そうでもないのかもしれないと、期待をせずに大野寺に足を伸ばす。

b0019820_23144472.jpg

こちらの枝垂桜は、見頃に入ってきたようでした。
あと数日経ったら、もっと花が膨らんで迫力が増すのでしょうか。
b0019820_23145289.jpg
(2007.3.31)

観光客もそれほど集まっておらず、ゆったりのんびり、気ぜわしさとは無縁のお花見。

そして、桜にばかり気をとられ、大野寺から宇陀川を挟んだ対岸の屏風浦の岸壁に刻まれた、高さ12mの弥勒如来を見ることをすっかり忘れ。
我が国最大の磨崖仏だそうで・・

大野寺の枝垂桜 (寺西化学工業さんのHPより)
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-03-31 23:30 | お出かけ奈良 | Trackback | Comments(0)

焼肉の煙につつまれながら

職場の送別会に参加。

私は友人らの誘いには足取りも軽く、参加度が高いのですが、職場関係のお誘いとなると、とたんに腰が重くなって、なんとか断ろうと苦心したりしています。
振り返ると、初めて就職してからずっとそんな感じでした。
職場で個人的に仲良くなった人とは、遊びに行ったりするのですが、"飲みにケーション"という考え方がどうしても受け入れ難く(仕事において必要なコミュニケーションは、職場で作ればいいのに、なんて思ってしまったり)、なるべくそういった場からは離れるようにしていました。

そして年度末の締めのその日、送別会があったのですが、お世話になったように思われる方々が転勤となったので、迷いつつ珍しく参加。

そして、行ったら行ったで楽しくて!

お酒が入ると皆オープンです。
お酒ってすごいですね~ アナオソロシ
新しい情報をぞくぞく入手しました。
これは聞かなかったことにしたほうがいいのかな?という微妙なものもありました。悩みます。

さほど良い印象を持っていなかった人が、実は良い人だったと気づいたときは、転勤。
明後日には、もういない。
そう思うと、なんだか淋しい。

そんな淋しさも、ちょっとの間なのだろうけれど。

お元気でお元気で。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-03-31 00:14 | 日常 | Trackback | Comments(0)

やき餅 こばし@吉野

同じ奈良県内にあるとはいえ、遠いところは遠い。
吉野もその一つ。

その吉野には、やき餅 こばしというお店がある。

奈良に来てすぐの頃に通った職業訓練学校で、吉野から来ていた男の子が、こちらのやき餅を持ってきてくれて、知ってしまった。
素晴らしく美味しかった。

また食べたいと思ったけれど、吉野は遠く、近場でこのやき餅と同じくらい美味しさを持つものと出会いたいと思っていたけれど、出会えず。
そして一年と数ヶ月が過ぎて、こばしのやき餅と再会。
職場友Cちゃんに、私は何かの会話の折に、こばしの素晴らしさをしつこく語っていたらしい・・
そしてCちゃんは、違う課の吉野から来ているという職員さんにお願いして、買ってきてもらったとのこと!

~~~~~

私の中で花火上がりました。


b0019820_2132755.jpg


何も変わることなく、美味しかったです。
焼きもちの餡はなかなかいけるというお店は見かけるのですが、残念なことに、餡の美味しさに皮が追いついていないお店が多いと感じます。
けれど、こばしはどちらも文句無し。美しい味で美味しいというよりも、どっしり喜ばせる味です。

ご縁のある方は是非。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-03-29 20:44 | 食@関西圏(奈良) | Trackback | Comments(2)

ラッキーガーデン@生駒

ようやく行けたよ! 
(2回ほど空振りしていたのです。)

奈良は、土地面積に対して人口が少ないのか、風土や気質といった何かがあるのか、のびのびしたお店が結構あります。
こちらのお店もそんな一つ。
のびのび具合は写真に撮り損ねてしまったので、HPを見てみてください。

b0019820_22503898.jpg

うはー!美味しい!
これもスープカレーの一種なのか(違うのか)、何にせよ美味しくてありがとう。

追加でゴダンバロティーという、ナンの生地を薄く伸ばした中に、カレー風味のポテトを入れて焼いたものを食べた。ふむふむ。
b0019820_22541371.jpg

連れて行ってくれた、Cちゃんありがとう。
このお店にたどり着くまでの道がなかなか素晴らしく、"暗闇峠"なんて名前のついた道も通ります。
そして、真剣な顔でハンドル握るCちゃんの横で、『傾斜45度、きましたー!』と喜んでいたのは私です。


季節(月?)によってメニューが変わるようなので、また食べに行きたいなぁ。
春休み中だったヒツジたちにも、今度は会えるに違いない。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-03-27 23:20 | 食@関西圏(奈良) | Trackback | Comments(6)

かえる庵@(JR、近鉄)奈良

宇治で食べたお蕎麦も美味しかったけれど、そういえば一年ほど前に食べて美味しいと記憶しているお蕎麦が奈良にあります。

かえる庵
三条通から、ちょっと入ったところにあります。
普通盛りだと、ちょっと足りない感じなので、大盛りをお勧めします。
b0019820_2232374.jpg
b0019820_2233459.jpg



今日は春らしい陽気で、これから始まる一年( もう始まって3ヶ月経ったけれど、4月がスタートという意識が体のどこかにあるなぁ )の勢いが、ざあっと体に感じられました。

蒸し暑くなったら、またここのお蕎麦を食べに行きたい。
奈良は蒸し暑くなるのが早いのです。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-03-26 22:12 | 食@関西圏(奈良) | Trackback | Comments(2)

通圓@宇治

大阪に所用で出た際、いつものルートではなく宇治川を通っていく。
b0019820_19415530.jpg


ついでに、宇治橋のたもとにある通圓に寄り道。
b0019820_19434910.jpg

創業は平安時代末永暦元年にさかのぼる老舗のお茶屋さん。
第七代目通圓氏は、とんちで有名な一休和尚と親交が厚く、とんち合戦(?)をしていたとか。
まあすごい・・
これ以外にも色々と歴史と交わってきたお店のようで、教えていただくと楽しそうです。

併設されている茶房で一服する。
こちらの抹茶たっぷり茶団子が美味しくて~(もちろん抹茶も美味しい)
b0019820_1944950.jpg


茶団子で胃が刺激されたのか小腹が空いてしまい、お店を出て少し歩いたところで目に入ったそば屋さんに入る。
b0019820_19441717.jpg

店内は、そば屋さんらしからぬ作りで(カウンターがあって、ラーメン屋さんだ言われればとしっりくる感じ)、もしかして脱サラならぬ脱ラーメンで蕎麦に転向・・?と無念に思いかけたら、それは杞憂でした!
美味しい!
そして、お店の名前が書かれた箸袋を持って帰ってきたはずが、どこかへ行ってしまってお店の名前を思い出せず。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-03-24 20:18 | 食@関西圏(京都) | Trackback | Comments(8)

MUJI~無印良品

無印良品にて、"新生活応援2007 太鼓判"というフェアが開催されていて、第一弾にて白磁の食器が10%OFFになっていたので、購入。

無印良品は、使っていていいと思うものもあれば、いまひとつのものもあったり、お買い得と感じるものもあれば、割高だと感じるものもあったりで、諸手を挙げて大好きだ言えるお店ではないけれど、白磁シリーズの食器は、デザインも使い勝手も良くて、気に入っています。

今回買ったのは、上蓋付茶碗
b0019820_18483116.jpg


大きさからいって茶碗蒸し用作られたものと思われますが、別の使い方を思いつく。
b0019820_18485882.jpg

上蓋に和菓子を載せて、茶碗に日本茶を入れて。
(日本茶を飲む入れ物としては大きすぎると思いますが、たっぷり飲みたい私にはぴったり!)

自分なりに新しい使い方を見つけることができると、なんだか嬉しくなります。
こういったお皿に対する興味は独身時代は、ほとんどありませんでした。
結婚して変わったことの一つは、食器に対する興味が増したことかなぁ。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-03-24 19:22 | 日常 | Trackback | Comments(2)

和風薬膳料理 京小づち@奈良

和風薬膳料理 京小づちへ行く。

本日のコースを食べた。
b0019820_18241270.jpg

以前から食べたいと思っていた、奈良時代からの珍味"蘇"(古代のチーズ)や"酪"(現代のヨーグルト)が前菜の中に。わくわく。
口にしてみると、もっとくどい味かと想像していたのですが、美味しい!
b0019820_18242675.jpg
b0019820_18245917.jpg
b0019820_18251258.jpg
b0019820_182525100.jpg
b0019820_18253785.jpg
b0019820_18254961.jpg

今年初てめの、ふきのとうの天麩羅。
春。春がひょっこり見えた。

気張った感じのない家庭的な雰囲気の中、奈良の郷土料理を気軽に楽しめて、なかなかいいと思います。

彼が、私の両親が奈良に来たときに連れてきてもいいね、と何の気なしに言ってくれたのが嬉しかった。
彼と一緒のお出かけは、安心と楽しさがたくさん。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-03-21 19:05 | 食@関西圏(奈良) | Trackback | Comments(2)

イオタ@学園前

ガイドブックから選んで、ならやま大通り沿いにあるイタリアンのレストラン、イオタに行く。
b0019820_20542866.jpg




子供の頃はカルボナーラが一番好きで、そればっかり。
大人になったらボンゴレビアンコが一番の時期が続いて、今は一つばかりというのは無くなりました。
ずっと離れていたカルボナーラも、最近また食べるようになって。
b0019820_20543953.jpg
b0019820_2054499.jpg

料理はどれも美味しかったです。
こちらでいただいたカルボナーラは、他のお店とは一味違う風味で、個性がありました。

けれど、残念だったのがお店の方の雰囲気。
一人で切り盛りされているようなのですが、この方が、なんだか固い。
ガンコ親父とはまた違う強張った雰囲気で、何か私たちに粗相があったのかもしれないと、思わず入店してから今までの行動をざっと振り返ってしまいました。
予約をしていかなかったのがダメだったのかな~?
でも、他にお客さまもいらっしゃらなかったのだけれどな・・

愛想を振りまかなくても良いと思いますが、感じの良さがもうちょっとあってもいいのではないかと思いました。
3人でおじゃましたのですが、お店を出て話し合った結果、あの方は失恋したてではないかという結論に至ったのですが、どうでしょう・・・(失礼千万)
b0019820_2055084.jpg


もう一つ余計なことを付け加えると、お店の外観(入口)を見たとき、ここを選んだ私は『しまった・・』と後悔したのですが、入ってみると評価は一変しました。
お店の中はセンスが良かったです。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-03-19 21:16 | 食@関西圏(奈良) | Trackback | Comments(8)

十三屋わび助@生駒

とある奈良本に『森重久弥さんも奈良に来た際は訪れて購入する』と書かれていた、生駒にある十三屋わび助の十三やき餅。

やき餅好き、そして森重久弥さんのお墨付き(?)ときたら、食べないわけにはいかない。
確か駅近くにお店があったはず、と、ガイドブックは手元になかったけれど、所用があったついでに買い求めに行く。

けれど、どうしても見つからず?あれ・・?
同じところをぐるぐる回った結果、お巡りさんのお世話になる。
「そこだよ」と私の頭上の後ろを指差すお巡りさん。
派出所の向かいのビル2階にありました・・おや・・?

b0019820_2226384.jpg
b0019820_2227497.jpg

思っていたよりも皮は柔らかく、そしてお味のほうは塩を効かせた甘さが口に届きました。
時に変則的な食べ方をする私。
例えば、和菓子でも、ものによっては、わざとしけらせて(水分を飛ばして)食べたりするのも好きだったりします。
こちらのやき餅、賞味期限を数日越していたのですが(これはわざとというより、うっかり忘れていました)、胃の丈夫な私、トースターでこんがり焼いて食べてみました。

美味しい
わざわざ賞味期限は越さなくても良いと思いますが、再度焼き直しをすることをオススメしたい。
皮も、餡も、きゅっと引き締まり、ほどよいカサっと感、香ばしくからみつく甘さ、美味しいです。

やき餅とともに、登録商標という肩書きに惹かれて購入した"わび助"という和菓子。
b0019820_22271692.jpg

わび助とは、椿の侘助とかけたものだったんですね・・
全く気づかず、御菓子を見て、『これは、ひょっとこを表しているのかな?』なんて思ってしまいました・・

椿です。
[PR]
by turnmyeyesto | 2007-03-17 21:53 | 奈良土産 | Trackback | Comments(6)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー