結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

菜一輪@近鉄奈良(から徒歩8分) oishii

行きたいと思い続けて2年が経ち。

一見すると普通の民家にも見えるこちらが、念願叶って訪れることが出来たお店、菜一輪さんです。
b0019820_1233585.jpg


玄米と季節の野菜で迎えてくれるお店です。
全て無農薬、有機栽培とのこと。
予約の際、今の時分の季節の野菜で苦手なものはありますか?と聞かれましたが、ありません!

そして、こちらがこの日に頂いたお料理。
ワンプレートに玄米ご飯を真ん中に、おかずがぐるりと並びます。
スープ、デザートが付いて1900円でした。
b0019820_1234880.jpg

私は、お肉が大好きなので、野菜だけでは物足りなさや単調さを感じたりするのかしら?と思っていたのですが、そんなことは全く無し。
ちゃんと手をかけてあげたら、野菜はこんなにも変化をして、身体に充実感を与えてくれるのだと驚かされました。
「玄米は、ゆっくりかみかみしてね~」という女将さんの言葉に従って、たくさん噛んで身体に送りました。
どれもこれも、とにかく美味しい!この一言!

b0019820_12401.jpg

このスープの中には、細かく刻まれた野菜たちが潜んでいるのです。
スープも通り一辺倒の味ではなく、深みがあり。


b0019820_23482539.jpg

夏らしい涼やかなデザート。

トマトと柑橘系の果物(ああ・・あれです・・失念)のゼリー。
お酒の味がうっすらと効いています。美味。
お食事中にいただいていたお茶が、これまた美味しく、どちらのものか伺ってみたらよかった~とちょっぴり後悔。
(お料理は真似できなくとも、お茶だったら近づけるかも!?)

b0019820_124283.jpg

プラス300円で、お干菓子付きの美味しい珈琲も頂けます。

お店の方も、とても気さくな方で、この日は常連さんらしき方がいらしていて、その方との会話のやり取りが耳に入ってきていたのですが(一枚板のテーブルを皆で使って食事をするので、どうしても耳に届いてしまったのです!ゴメンナサイ)、真っ直ぐで楽しげな方(年上の方に失礼な言い方ですが)だな~と思いました。

帰り際、女将さんの優しさに甘えて、常連さんとの会話で耳に挟んだサライについて話してみたら(先日雑誌サライの取材を受けたそうで、次号か次々号のサライにこちらのお店が掲載されるようです!)、取材時に、サライの方から頂いたという最新号のサライを「お近づきの印に」と下さったのです!
わあ嬉しい!ありがとうございます!

次回は、夜に伺って玄米菜食膳を頂きたいです。


菜一輪
奈良市北袋町18
TEL/FAX 0742-23-1715
木曜定休
玄米菜食膳(夜のみ)2950円
玄米盛り合わせ(昼のみ)1900円
予約は前日17時までにTELかFAXにて
[PR]
by turnmyeyesto | 2008-07-26 22:04 | 食@関西圏(奈良) | Trackback | Comments(6)

遊 中川 25周年 ~晒しの白

遊 中川さんが、今年の5月をもって25周年を迎えられたということで、「晒しの白」というテーマで商品展開をされていました。

私は「懐紙 鹿麻文様」を購入しました。
b0019820_1953886.jpg

お菓子を食べる時とともに、一筆箋として使いたいと思います。

こちらの文様が使われた飴や奈良漬なども販売されていました。
お土産に使いたいな~

こちらのお店のメンバーズカードもステキです!
b0019820_1962251.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2008-07-24 22:06 | 奈良土産 | Trackback | Comments(2)

カフェ リベルタンゴ @西大寺

職場の友人Aさんと休みを合わせて、西大寺にあるカフェ・リベルタンゴへ。

お店の名前は、ピアソラの『リベルタンゴ』から名づけられたようです。
お店の中で、タンゴの調べを耳に出来るのかと思っていたのですけれど、音量が小さめだったのか、私たちがお喋りに夢中だったからか、タンゴの余韻が残らなったのが、ちょっぴり残念。
次回はもっと、耳を凝らせてみよう。

ランチは、800円で『本日のランチセット』『ハンバーグセット』『海老グラタンセット』『海老クリームドリアセット』を食べることができます。
プラス100円でドリンク(珈琲、紅茶、マテ茶、オレンジジュース、グレープフルーツジュース)も付けることが出来ます。
以下は、マテ茶付きの本日のランチセット
b0019820_2028684.jpg
b0019820_20281671.jpg
b0019820_20282837.jpg
b0019820_20283812.jpg

味付けは、香辛料が少し強めのオーソドックスなもの。
家庭的な美味さで、これで800円だったらお得だと思いました。
マテ茶には、指し湯もしてくださるので、ゆっくりお喋りに興じたいときにも使えるお店だと思いました。

この日は、この後バーゲンにも行きたかったので、マテ茶の指し湯は1度で、炎天下へ。
[PR]
by turnmyeyesto | 2008-07-23 20:28 | 食@関西圏(奈良) | Trackback | Comments(2)

茶房 あじ彩@三輪

b0019820_11472433.jpg
奈良に来て、初めて三輪素麺を食べたのは、JR三輪駅を出てすぐのところにある、茶房 あじ彩さんでした。










こちらで生まれて初めて三輪素麺を食べ、素麺ってこんなに美味しいんだ!と夫婦二人で感激して今に至ります。
三輪素麺の美味しさを教えてくれたお店にもう一度行ってみようと、こちらにも足を運びました。

b0019820_11474462.jpg

最初のときと同じものを注文。
おいなりさんか、かやくご飯、どちらかを選びぶことが出来、前回と同じく、おいなりさんでお願いしました
こちらのおいなりさんも美味しいのです。
正直なところ、素麺は、最初ほどの感動を私たちは得ることが出来ませんでしたけれど、それは、三輪素麺そのものに慣れてしまったからかと思います。
勝手なものです。
つゆは甘めで、たっぷりの生姜と合わさって、よき味わいになります。
やっぱり夏は三輪素麺!


大神神社の二の鳥居間近にある森正さんでは、風情のある中で三輪素麺を食すことも出来ます。

三輪素麺 そうめん処森正
[PR]
by turnmyeyesto | 2008-07-21 22:08 | 食@関西圏(奈良) | Trackback | Comments(10)

狭井神社@三輪

大神神社へ久しぶりに行きました。
確か前回も、同じ季節に、両親とともに訪れたような気がします。

今回は、特に狭井神社へ行こうと決めて、彼と二人でJR桜井線に乗って三輪へ。
こちらの神社は、病気を鎮める神としての信仰が厚く、ご神水の湧き出る薬井戸があるのです。
そして、拝殿右手に三輪山への登山口があり、以前から一度ここに登ってみたいと思っていたのと、ご利益に預かりたいという思いもあって、この日に。

大神神社は三輪山をご神体としており、山内の一木一草に至るまで、神宿るものとして、一切斧をいれることをしていないとのこと。
ですので、山内でのお弁当などを取ることや、写真撮影も禁止されています。
(水分補給は、許してもらえるのではないかと思います。参考までに、私と彼は、二人で500mlのペットボトル1本で登っていったのですが、これがギリギリで、大事に大事に飲みました。この季節の場合、一人1本は用意しなければならなかった・・)

社務所で氏名・住所・電話番号とともに、入山初穂料300円を納めて、鈴のついた襷をお借りして登りました。
1時間ほどで山頂へ辿り着いたのですが(多分、もっと短い時間で山頂に着くことが出来ると思います)、思っていた以上にきつかった・・
体力の無さを、またまた実感。
(カメの歩の私に、彼には「これじゃあ、運動不足解消にならないね」と言われ、「じゃあ、あなたはウサギ飛びで山頂へ行けばいいよ」と返すが、それは無理だと言われる。)

下山してから頂いた、ご神水が美味しかった!
人はやはり、水分無しでは生きていけない。
ちなみに、こちらのご神水、無料で頂くことが出来、コップなども用意してくださっています。社務所のほうでは、ペットボトルに入ったものも販売されていました。


私は、山頂よりも、中腹ぐらい(多分)の山内の様子が印象に残りました。
艶やかな緑、合間を縫って現れる穏やかな光線。
今まで目にしたことのないような、色鮮やかな蝶々も。


こちらは、入り口。
b0019820_2311142.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2008-07-20 23:01 | お出かけ奈良 | Trackback | Comments(2)

膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり@四条

祇園祭の山鉾巡行を観覧した日、ランチを取るお店のことは何も考えていませんでした。
辻まわしを目にすることだけを考えていたので、行き当たりばったりでいいやと考えていたからです。
それに京都だから、いくらでもお店はあるし!とも。

けれど、やはり祇園祭!
行くお店、行くお店「本日は予約のみでして」と言われてしまい。
四条界隈からもっとずっと離れようかしら?と思った矢先、一つのお店が目に飛び込んできました。
そのお店は、膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり 京都店
外観も何か気になるお店だったのですが、お店に入ったら、もっと!でした。
昭和初期の洋館を思い起こさせるエントランス、チャイニーズモダンという言葉が頭に浮かんだウェイティング、ちょっと細めの廊下を進むと、こちらのお店は、随分と奥行きのあるお店なのだということが分かりました。

通された客室も、照明が落とされ調度品も落ち着いたもので素敵でした。
それゆえ、お料理の写真が暗くなってしまい、うまく撮れていないのですが・・
この期間限定の、祇園祭弁当というものを頂きました。
ぴりりと辛さが効いたお料理で、暑い夏にもぴったり。
b0019820_176538.jpg

フカヒレスープも美味しかったです!
b0019820_1761657.jpg

b0019820_17424012.jpgジャスミン茶も、「3煎目まで出ますので、お湯をさしますから」とお店の方が仰ってくださっていたので、デザートでも食べながら、友人Nさんと祇園祭の感想や、5ヶ月ぶりに会ったので近況報告となるはずが、ちょうどランチを終えようかという頃、持病が出てしまい、座っているのも辛くなってしまった私(涙)
すぐさま薬を飲んだですが、すぐには効かず、じっと我慢をしていたら、お店の方が「横になりますか?」と和室に案内してくださったのです。
そしてブランケットも貸してくださり、ご厚意に甘えて横にならせてもらいました。

お店の方の親切が、心に染み入りました。
また京都に出た際には、足を運ばせていただきたいと思います。(そのときは、ご迷惑をおかけしないようにしなくては、、)
そして、一緒についていてくれた、友人Nさんにも感謝です。
友人Nさんは、もちろん、こちらに来てから出会った友人で、ようやく片手を越えたかしらというぐらいの回数しか会っていないのですが、今回のように弱いところを見せてしまったり、迷惑をかけても受け止めてくれる、という妙な安心感がありました。
それはNさんの持つ公平さや、大人の優しさのおかげだと思います。
[PR]
by turnmyeyesto | 2008-07-19 22:11 | 食@関西圏(京都) | Trackback | Comments(9)

祇園祭土産

祇園祭といえば、各町内で色々と販売されています(ちまきや、御守り、手拭いなど)。
無料で見物させてもらっている御礼もかねて、宵山で山鉾巡りをしている際には何か購入するのですが(実用性からいったら手拭いが一番!)、今年は宵山に足を運ばなかったこともあって一つも購入出来ませんでした。
2006年の祇園祭で購入したもの


以下のものは、山鉾巡業の日(7/17)に購入しました。

御池通を歩いていた際に目に留まったもの。
歩道でテーブルを広げて販売されていたので、お店の名前は分かりませんでしたけれど、山鉾を表した、凝った素敵なレターセットです。
b0019820_937731.jpg

ちょうど父の誕生日も近いので、これで手紙をしたためたいと思います。

こちらは、大丸京都店で購入した、京阿月というお店のちまき
長刀鉾を模しているパッケージに惹かれました!
b0019820_9461072.jpg

こちらは、いつも色々とお気遣いしてくださる職場のお客さんへのお土産にしたいと思います。
他に、これを渡したいな!と思う和菓子がいくつかったのですが、生菓子ゆえ日が持たず残念。
(こちらのちまきは、1週間ほど日持ちしました。)
[PR]
by turnmyeyesto | 2008-07-18 20:28 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(2)

祇園祭2008 山鉾巡行 ③

巡行を終えた山鉾は、自分の町へと帰っていきました。
b0019820_1205038.jpg

そして町内に帰着すると、すぐに解体されます。
これは、神座に集めた疫神を四散させないためだそうです。

祭事には、一つ一つ意味があるのだなぁと改めて思いました。
[PR]
by turnmyeyesto | 2008-07-17 23:58 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(0)

祇園祭2008 山鉾巡行 ②

京都市役所前駅の交差点を後にして、御池通りを函谷鉾と一緒に進みました。
b0019820_10594641.jpg


新町通に入ると、道も細くなって、より巡行が身近に感じられました。
山鉾の曳き手の方々は大変だと思いますが・・
b0019820_10595671.jpg
b0019820_110588.jpg
b0019820_1102277.jpg
b0019820_1104547.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2008-07-17 23:57 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(2)

祇園祭2008 山鉾巡行 ①

一昨年は宵山、去年は宵々山、今年は鉾建て、山建て
そして今日、友人を誘って山鉾巡行を見に行ってきました。
京都市役所前駅を出たら、路上を埋める多くの人。
そして、ちょうど長刀鉾が姿を現したところで、びっくり!!
時間を合わせて出てきたわけではなかったので、ラッキーでした。
b0019820_1716551.jpg


初めて、辻まわしを目にすることも出来ました。
b0019820_22255180.jpg

山鉾には方向を変える舵がないので、車輪の下に割り竹や棒を敷いて、水をかけ、横から引っ張って車輪を滑らして方向転換させるそうです。
囃子と音頭取りの声を耳にして、見ているほうも興奮です。
b0019820_22541651.jpg

毎年、「くじ取らず」として巡業の先頭を行く長刀鉾の後には、孟宗山、油天山神山、函谷鉾と全部で32の山鉾が続きます。
[PR]
by turnmyeyesto | 2008-07-17 23:55 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(2)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー