結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Reposer ルポゼ @ならまち工房2F

奈良町にあります『ならまち工房』さんの姉妹店『ならまち工房Ⅱ』さんの前を散歩途中に通りがかり、おじゃましました。
彼に何か用事があって(結局何だったっけ・・・?)家に帰らないといけないところを、
「ちょっとだけ~」と言って、おじゃま&のぞきみです。

2階建ての建物は、奈良新聞さんによりますと『ヒノキと杉としっくいを素材に、各店舗の開口部が廊下に面した構造の「奈良町にふさわしい路地空間」を演出している(抜粋)』だそうです。

ちょうど店主さんがお留守(もしくは休日だったのかな)のところが多く、また次の機会にゆっくり訪れたいと思うのですが、2Fに素敵なカフェがありました!

小さなスペースの店内は、4人掛けのテーブル席が2つと2人掛けのテーブル席が1つ。
さらっと透き通った感じのカフェで、ステキ!
b0019820_9595554.jpg

そして勝手な好みなのですが、私たちが座らせてもらった席が一番いい!
(でも座ってしまったから、写真がない!)
使い込まれたテーブルが、温かみがあります。

b0019820_2113865.jpg

珍しく私が珈琲、彼は自家製ジンジャエール。
甘いものも食べたくなって、スコーン。
至福の一時。

店内では自家製ジャムも販売されているようです。


Reposer ルポゼ
奈良市高畑町1097-2 ならまち工房Ⅱ
12:00~18:00
月火定休
[PR]
by turnmyeyesto | 2010-09-30 21:10 | 食@関西圏(奈良)

週刊朝日 ~検察の大罪 現職検事逮捕は氷山の一角

b0019820_0204312.jpg

先日、発売された『週刊朝日』

「現職検事逮捕は氷山の一角 検察の大罪」というタイトルを背負った二宮君。
なかなか重いタイトルでありながら、それを物ともせず微笑む二宮君。
ここにアイドルの真髄を見た気がします。

More
[PR]
by turnmyeyesto | 2010-09-30 00:23 | オモフトコロ

堕ちた特捜検察~NHKスペシャル

ブログ友達に教えていただき、再放送を見ることが出来ました。
NHK スペシャル 堕ちた特捜検察

番組に出演されていたのは、元東京地検特捜部長の熊崎氏、ジャーナリストの江川紹子さん、足利事件(菅谷さん免罪事件)を手がけた佐藤弁護士。

More
[PR]
by turnmyeyesto | 2010-09-29 13:39 | オモフトコロ

今西家書院@奈良町

奈良町にあります今西家書院へ行きました。

民間所有のもので、初めて国宝の指定を受けた建物の一つだそうです。
江戸時代に一部改造があったため、戦後は重要文化財となりましたが、室町中期の書院造りの最も古い遺構を残すといわれる建物は、様々な部分にその特色ある造りが見られ、見応えある建物です。
b0019820_17585653.jpg



書院にいらっしゃる方に、各部屋を周り説明をしていただいた後は、お茶を頂きました。
(喫茶メニューは、ゆずジュースや酒粕アイスクリームなど、色々あります。)
b0019820_189655.jpg

美味しかった~!

3日前迄に予約をすれば、書院御膳(2000円)というものを頂くことも出来ます。
[PR]
by turnmyeyesto | 2010-09-27 17:51 | お出かけ奈良

政治主導はどこへ

のんびり奈良町を歩いて、ステキなお店などを巡って楽しい週末となったのですが、
心は、それほど穏やかではなかったような?

More
[PR]
by turnmyeyesto | 2010-09-27 12:44 | オモフトコロ

奈良・町中歴史散策 御高札場、奈良縣里程元標復元@橋本町

週末は、秋空の中、2人でのんびり近場を散策して過ごしました。

b0019820_22561213.jpg
三条通沿いにある御高札場です。(写真は夏の『なら燈花会』の際に撮ったものです。)
法令や通告を人々に伝達する方法として、古くから立て札が利用されていました。
奈良町には数ヶ所に高札場があったそうですが、こちら橋本町のものは、とくに大きく造られていたそうです。

御高札場の横には『奈良縣里程元標復元』が建てられています。
明治政府が行った「道路里程調査」によって、交通の要所に木標が設置され、奈良県では「御高札場」のあった橋本町が県内諸街道の起点とされ『奈良縣里程元標』が置かれたそうです。
[PR]
by turnmyeyesto | 2010-09-26 20:42 | お出かけ奈良

奈良土産~ 一福饅頭@吉野本葛天極堂 (近鉄奈良駅構内)

秋のお彼岸。
デパ地下では、おはぎの幟が目立っていました。

我家は吉野本葛 天極堂一福饅頭です。
吉野本葛が入った生地がもっちりの、黒糖まんじゅうです。
b0019820_21183159.jpg

可愛らしい一口サイズ。
近鉄奈良駅構内にもお店があるので、奈良土産としても使えます。
帰りの特急電車の車内で、お茶と一緒に食べても♡
[PR]
by turnmyeyesto | 2010-09-24 21:18 | 奈良土産

采女祭@猿沢池畔・采女神社(近鉄奈良駅)

b0019820_2038516.jpg9月22日は、古都ならの夜の祭典 采女祭(うねめまつり)へと行ってきました。

午後5時からJR奈良駅から猿沢池へ『花扇奉納行列』、午後6時からは采女神社において『花扇奉納神事』が行われていたのですが、所用で出かけていたので間に合わず、午後7時からの『管弦船の儀』だけを見学しに猿沢池へ行きました。





猿沢池に到着してみると、すでにすごい人!!!!
池の周りには何重にも人の輪が出来ていて、びっくり。
b0019820_20404252.jpg

雅楽と采女祭の由来が流れる中、ゆっくり池畔を周る管弦船を背伸びしながら目にしました。


采女神社は、この猿沢池の西北の隅にあります。
鳥居を背にした珍しい後ろ向きの神社で、普段は閉じられており御参りできませんが、この日は入ることが出来ます。
なぜ後ろ向きの神社なのでしょう?
帝に仕えていた女官(采女)が、帝の寵愛が衰えたのを嘆き、猿沢池に入水し、この霊を慰めるために社を建てたところ、采女は自らが身を投じた池を見るに忍びないと一夜のうちに社を後ろ向きにしたという伝説があるそうです。
物悲しい伝説ではありますが、現在、采女神社は『縁むすび』の神社だそうです。
b0019820_20525027.jpg

このときだけ販売しているという『糸うらない』
月明かりの元で紅い糸を針に通すと願が成就するとのことです。
[PR]
by turnmyeyesto | 2010-09-24 20:28 | お出かけ奈良

検察における勝手な正義

やっぱりと思う特捜検事の逮捕でした。
毎日Jpによりますと、前田容疑者、故意否定となっていますが、「書き換えて遊んでいただけ」という呆れる発言。
しかし、マスコミに流れる呆れた発言のみをみて、前田容疑者だけを罰し、検察内部の問題に目を向けずに終わってしまっては、根本的な解決につながらないと思います。
それこそが検察全体の狙いか・・

組織において、こういった人物が突発的に特異発生するものでしょうか?
私はそうは考えません。
検察には、こういった人物を育てる(容認する)温床があり、自分たちの考える勝手な正義と目的があるのだと思います。



最近、ブログを通じてお知り合いになった方より教えていただいた事件。実は・・知りませんでした(恥)
つくられた福島県汚職事件 知事抹殺
こちらは東京地検特捜部によるものです。

より詳しくは
『知事抹殺』つくられた福島県汚職事件-検察は政治資金規正法を乱用しマスコミはこれを煽る 日本の民主主義は根底的危機にある-
『Liberal Utopia持続可能な世界へ』というブログにて、渡瀬さんという方が分かりやすく述べて下さっています。

「知事は日本にとってよろしくない。いずれ抹殺する」
取調中に放った東京地検特捜部検事の言葉が、本当に恐ろしい・・・
検察が大活躍(大暗躍?)する日本のほうが、私としてはよろしくないと思いますが・・・

地検「特捜部」は本当に必要か 江川紹子ジャーナル


今回の郵便不正事件に関して最高検は「責任感じる」とのことですが、もしそうであるなら、検察自ら取調べ可視化を認める動きに出ても良いのではないでしょうか。
取調べの可視化で変えよう、刑事司法! 日本弁護士連合会
検察官証拠捏造問題の予防策は可視化~ヤメ記者弁護士



そして、今回の捜査を最高検が行っているそうですが、内輪で調べて真相が解明されるものか、私は疑問を感じます。
第三者委員会を設置するのが一般的かと思うのですが、、

山口一臣さんのTwitterより
特捜検察の捜査手口からしたら、起こりうるべくして起きたことだといえるでしょう。村木さんの冤罪は氷山の一角です。検察は今後、総力をあげて村木さんの捜査は特殊だったとのキャンペーンを仕掛けてくるはずです。しかし、あの捜査も今回発覚した証拠改ざんも特捜検事にとっては日常なのです。

全く同感。

その後の山口一臣氏(週刊朝日編集長)の呟きも、読み応えあります。
山口一臣氏 Twitter
[PR]
by turnmyeyesto | 2010-09-23 21:13 | オモフトコロ

暗峠を越えて到着~ガーデンレストラン ファミーユにてランチ@生駒

3連休は、彼のおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行き、彼実家にてゆっくりさせてもらいました。

大阪へ向かう途中、天気も良かったのでGarden Restaurant Famille ガーデンレストラン ファミーユに寄ってランチを取りました。

ラッキーガーデンさんよりも、もう少し上ったところ、山岡ピザさんまでは上がらない場所にファミーユさんはあります。
いずれのお店に来る場合でも、他に多分もっと良い道があるにも関わらず、何故かナビは暗峠を指定してくるので、素直な私たちは、いつもジェットコースター気分を味わいながら、この辺りにやってきます。

b0019820_1739562.jpg

モダンな細い入口を進めば、庭に植えられた大きな木と生駒の山並みを楽しむことをが出来るテラス席と、庭に作られた大テーブルの席があります。
(お客様で賑わっていたので、生駒の山並みをバックにした写真は残念ながら無いのですが、お店HPの写真や、他のブロガーさんが素敵に紹介して下さっていると思いますので、ぜひそちらを見てみてください♪)

Aランチ(2000円)を注文。
サラダ、メインディッシュ(肉料理 or 魚料理)、パン or ライス、デザート、飲み物という内容で、メインディッシュを違うものを頼んで、二人で半分ずつにして頂きました。
(よって、下の写真ではメインが2つ入っています。そして写真ではあまり写っていませんが、2種類のパンも美味しく、お替りさせてもらいました)
b0019820_17402636.jpg


お店の名前の通り家庭的な感じのお店で、さらに自然に囲まれ肩の力も抜けます。
時間があったら、もっとゆっくりさせてもらいたかったのですが、この日は、お土産にたまうさぎ /食べログのきなだんごを持っていたので、次を楽しみにお店を後にしました。
b0019820_17404760.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2010-09-19 20:38 | 食@関西圏(奈良)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー