結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

良友 元町駅近くの中華料理

b0019820_23365991.jpg
神戸で中華料理を食べようと考える場合、選択肢として南京町がまず頭に浮かぶと思うのですが(もちろん、そうではない人も多数いると思う)、南京町はお店が多いので、一体どこで食べればよいのやらと途方に暮れる方も多いのではないでしょうか。




また、私は南京町をよく知らないため、南京町にあるお店は、躍動感溢れるお店が多数で、どちらかというと落ち着いて食べるには不向きという勝手な解釈(思い込み)があります。
きっと、探せば落ち着いて中華料理を食べることが出来るお店もあると思うのですが、それを見つけるのは、今後の課題としたいと思います。

さて某日、私と彼は、ゆったり落ち着いて中華料理を食べることが出来るお店を探していました。
そして、出来れば駅近くで。

そこで候補に挙がったのが、良友という元町駅近くの中華料理屋さんです。
中山手通りにある良友酒家さんと同系列のお店のようです。

ビルの地下1階にあるお店は、モダンな感じにまとめられていました。

b0019820_2337950.jpg

この日は、飲茶コース(1600円)を注文。
どれも、馴染みやすい美味しさだと思いました。

突然の来訪客があったときなどに使うお店として、一つ覚えておこうと思います。

良友
神戸市中央区三宮町3-9-20 神戸南泰ビルディングB1
078-333-6684
11:30~15:00
17:00~22:00
第1、3火曜定休
[PR]
by turnmyeyesto | 2011-11-30 23:37 | 食@関西圏(兵庫)

ブーランジェリー ル・ディマンシュ @ 神戸トアロードのパン屋さん

b0019820_17153876.jpg

トア・ロードに外観から目を引くパン屋さんがあります。
コンセプトの一つがブティックのような店内というブーランジェリー ル・ディマンシュ

b0019820_17155760.jpg

残念ながら店内は撮影は×だったのですけれど、HP上で、ピンクの壁が印象的な店内に光輝くシャンデリア、その下に配置された宝石のようパンという、心躍る風景を見ることができます。

b0019820_17262249.jpg

ショップバッグも、お店のイメージカラー(だと思う)のピンクで作られています。
直径20㎝の木皿にのったパンは、どれも10㎝未満のミニサイズ!
同じ種類で普通サイズのパンも用意されています。

お店の2F、3Fはカフェとなっていて、お店で販売されているパンを食べることができるようです。

ル・ディマンシュ LE DIMANCHE 
神戸市中央区北長狭通3-12-16
078-331-8760
10:00-20:00
[PR]
by turnmyeyesto | 2011-11-29 17:16 | 食@関西圏(兵庫)

イスズベーカリー ~神戸マイスターのいるパン屋さん

神戸にはたくさんパン屋さんがあるようですが、広く知られたパン屋さんの一つに、イスズベーカリーが挙げられると思います。
神戸には、神戸マイスター制度というものがあるらしく、パン製造部門で初めて神戸マイスターの認定を受けたのが、イスズベーカリーの井筒社長だそうです。
b0019820_2281836.jpg

1946年創業のイスズベーカリーさんの本店は、年季が入っています。


b0019820_052019.jpg

質実剛健な紙袋のデザインも、いぶし銀。



b0019820_053949.jpg

パンの包み、パンの形、そして生クリームにみかん。
いいです!
小学生に戻った気がします。

イスズベーカリー 本店
神戸市中央区布引町2-1-2
078-222-4180
9:00~22:00


--------------------------------------


最近の楽しみは、ホットカーペットの上で肌触りの良いブランケットにくるまって、本を読んだり、上で紹介したパンなど好きなものを食べることです。(同時進行するのも良い!)


身体を温めることは、それだけで本当に幸せだと感じます。
(冬に「シアワセだな~」と加山雄三状態が最高潮に達するのは、湯船に浸かっているときでしょうか。)

僕らの手で、5000家族に温もりを届けましょう!
↑明日までとなっております。
もしよかったらご一緒に、皆で温かくなりましょう。
[PR]
by turnmyeyesto | 2011-11-25 22:43 | 食@関西圏(兵庫)

自分への行いは死と共に消えるが、他人や世界へ残したものは永遠である

震災前はほとんど目に入っていなかったのですが、震災後からその発言が目に付き、最近はTVやネット上の画像で姿を見るだけでもストレスフルです。

最近では、ソフトバンクの孫社長を批判することで姿を現した、断固!原発推進の米倉経団連会長。
「理屈なく反対、困った発言」米倉経団連会長が孫ソフトバンク社長を批判
どうして原発再稼動に突き進むことができるのか、こちらが聞きたい。

『自分への行いは死と共に消えるが、他人や世界へ残したものは永遠である』と言ったのはイギリスの作家、アルバート・パインだそうですが、自らの利益しか考えない米倉会長は、何も残さない人なのでしょう。(残すとしたら、負の遺産・・・?)
期待するだけ無駄なのか。

なぜTPPを推進するのか 経団連米倉会長 ボロ儲けのカラクリ

私はアメリカの農業政策に不信感を持っているので、TPP参加でアメリカから遺伝子組み換え食品が大量に入ってくるかもしれない、というリスクは非情に怖いと思っています。
放射能と同じく、遺伝子組み換え食品の危険性がはっきりしないということで、うやむやにされるのはご免です。

日本がTPPに加盟すると、食べたくもない遺伝子組換え食品を食べさせられるようになる危険性が高い

More
[PR]
by turnmyeyesto | 2011-11-24 22:51 | オモフトコロ

神戸ビエンナーレ2011 アートインコンテナ国際展@ハーバーランド

b0019820_20201454.jpg
11/23に閉幕した神戸ビエンナーレ
以下は、開幕中のある平日に訪れたときの記録です。

------------------------------------------------------

神戸駅を降りて、神戸ビエンナーレ2011のハーバーランド会場へ向かう途中、明らかに異質な物体が一つ。

道行く人は見慣れているのか、特に何の反応もない!
私もあわせて、何食わぬ顔をして通り過ぎる。
調和を尊ぶというべきか、長いものに巻かれるというべきか・・・









ファミリオ会場のB2F入り口前にも、兄弟のような似たものがありました。
このイベントのマスコットガール(ボーイ?)なのかしら・・・
b0019820_20202732.jpg



b0019820_018527.jpg
ファミリオ会場では主に、アートインコンテナ国際展を回りました。
コンテナという限られた空間で様々なアートが展開されています。
ビックリ箱が建物の中にたくさんある感じでした。












何を表現しているのかは分かりませんでしたけれど、単純に美しいと思い惹かれたとあるコンテナ。
(HP上の解説によると、人間が本能的に美しいと感じるものの一つは、自然界に普遍に存在する光の動きであるとし、その例証をパンチング板とミラーという素材を用いて試みたのものだそうです。なるほど)
b0019820_202453.jpg







取り上げた題材と、その繰り返しが面白いと思った作品。
HP上の説明を、ほぼ引用させていただくと、
壁に連なる形態は、カドモス王が地面に蒔いた龍の歯から兵士が生まれ、戦いを繰り返すというギリシャ神話に想起される頭蓋骨か、もしくはコリント式の兜か、ということだそうです。
作者は、「勝利による征服は、死に満たされた破壊」であると考えているそうで。ふ~む。

b0019820_20241383.jpg




参加名型の作品が多く、こちらのコンテナ入ると壁と穴が現れます。
進むにつれ壁が大きくなり、穴は小さくなります。
最後の穴は、腰をかがめなければなりません。
そうして入った穴の先には白い壁が立ちはだかり、壁の隅には『宇宙空間には生命の種が広がっている』との一文が。
さらに進むと真っ暗な空間に、光を帯びた何か(生命の種?)が浮かんでいました。
b0019820_20253443.jpg


こちらの作品は、より参加型の作品で、コンテナの中に入ると絵本の世界に入り込んだような感覚になります。
ゾウ、きつね、猿が現れ、いつのまにかその中には私もいる!(※下の写真には入ったものはありません)
楽しい!
b0019820_20271084.jpg



b0019820_0122993.jpg


b0019820_0124088.jpg



確か、ペットボトルをカットして作られた作品だったと思います。
綺麗でした~
そして、真ん中の道を歩くことができたのですけれど、良い気分になれました。
b0019820_0125274.jpg


自然の美しさをシャンデリアで表現した作品。
作品の精密な美しさに驚かされました。
これはきっと日本人の作品に違いないと思っていたら、やっぱり!
あっと驚く仕掛けもあって、今回のコンテナ作品の中で、一番好きな作品かもしれません。
b0019820_0154016.jpg


b0019820_013227.jpg


大画面マルチタッチシステムと万華鏡を融合させた、双方向性の作品。
作品の上でステップ踏みました。
b0019820_015165.jpg


他にも魅力的、意欲的な作品がたくさんありましたが、写真に撮りづらいものが多く断念しました。


b0019820_2028714.jpg

アートインコンテナ展と同じ会場には、いけばな未来展という展示もあり、未来展というだけあって前衛的な作品が多く、面白かったです。
(ポーアイしおさい公園で展示されてた、いけばな野外展よりも、私はこちらのほうが好みでした)


楽しい芸術祭でした!
[PR]
by turnmyeyesto | 2011-11-23 20:20 | お出かけ兵庫

カフェ フォルテシモ@兵庫県立美術館

鑑賞の合間に、カフェ フォルテシモで軽食を取りました。
兵庫県立美術館には、他にレストラン ラピエールミュゼというところもあったのですが、一人だったので手軽なカフェに入りました。
b0019820_16521986.jpg

カフェ内にも神戸ビエンナーレ2011 注目作家紹介プログラム"チャンネルのお一人、イチハラヒロコさんの作品がありました。
トレーの上の、ゴシック体で書かれた一文『恋の魔法はとけませぬ。』
こちらも作品の一つで、どの文章が自分に当たるかは分かりません。
からから煎餅を思い出しました。
個人的経験では、魔法はとける(形を変える)ような気がするのですが、とけない方もいらっしゃるのでしょう。幸せですね。

食事のメニューはそれほど多くはなかったように思います。
日替わりランチプレートは800円で飲み物を付けると+200円となります。
この日はホットドックで、パンの生地も美味しかったのですけれど、値段はちょっと高目に感じました。



b0019820_1714841.jpg
兵庫県立美術館に訪れたのは初めてだったこともあるかもしれませんが、展示会自体は素晴らしく豊かな時間だったのですが、会場の位置関係を把握するのに時間がかかり、少しストレスを感じました。

魅力的な建物であるのは間違いなく、館内そのものが美術品と考えれば良いのかもしれませんが(安藤忠雄氏設計)、展示会をじっくり見て回るだけでも消耗があるので、それを考えると来館者の回りやすさはあまり考慮されていないように思いました。



気力・体力・時間に溢れている時に訪れたほうが、より楽しめる美術館かもしれません。
屋外彫刻も豊富なので、また時間を作って訪れてみたいです。
[PR]
by turnmyeyesto | 2011-11-21 23:52 | 食@関西圏(兵庫)

神戸ビエンナーレ2011 REFLEXIONEN ひかり いろ かたち@兵庫県立美術館

b0019820_23224225.jpg

兵庫県立美術館では、榎忠展と共に、神戸ビエンナーレ2011招待作家展 REFLEXIONEN ひかり いろ かたちを観てきました。

館内の様々な場所で、イチハラヒロコさんの文字を使った作品を観ることができました。
ドキッとするような言葉が目に飛び込んできます。
b0019820_23225838.jpg

円形テラスには元永定正さんの作品が展示されていました。
b0019820_23231579.jpg

ギャラリー棟3F本会場でも、数多くの作品を目にすることができました。
この会場で一番印象に残ったのものは、ハインツ・マックさんの『サハラ・リレーフ』というアルミニウムと砂を使った作品でしょうか。
[PR]
by turnmyeyesto | 2011-11-21 23:23 | お出かけ兵庫

榎忠展 美術館を野生化する @兵庫県立美術館

b0019820_23111721.jpg

過日、天気の良い日に兵庫県立美術館へ行きました。


駅を降りて、美術館へ向かう途中の街灯には、こんな垂れ幕。
















さらに進むと、美術館の屋根の上にカエルがいました。
県立美術館のある場所を、多くの人に分かりやすくアピールするために、オランダ人アーティストに製作依頼したそうな。
b0019820_23113440.jpg


今回の目的の一つは榎忠展 美術館を野生化するを見るためです。
(こちらの展覧会も、神戸ビエンナーレ2011の連携事業)
神戸を拠点に活躍される氏は、ユニーク、時にアバンギャルドな活動を行われていたようです。

鉄廃材から生まれる美 榎忠展、県立美術館/神戸新聞


b0019820_23122673.jpg




今回の展覧会で初めて榎忠さんという方を知り、作品を目にしました。
そして、いくつかの作品にガツンとさせられ、圧倒されました。

特に『PRM1200』という作品が美しかった・・・!
一つの部屋を占領する大きさを持つ作品でしたが、運良く、この部屋を独り占めできる時間があり、普段私のいる世界とは違う世界を堪能しました。
b0019820_23124095.jpg

こちら(↑↓)の写真は、美術館のPCから絵メールとして送るサービルがあり、そちらを利用して使用させてもらったものです。
作品解説によれば、『PRM1200』とは、旋盤の機械の毎分回転数が1200回転であることを意味しているとのこと。旋盤で廃品となった機械部品を磨き、機能的な要素を削り、それらを積み上げて作品とされたそうです。



こちらは『薬莢』と題された作品です。
真鍮でできた本物の弾の薬莢で、廃材の世界で流通されているのだそうです。

自分は知らないと目を向けないところに普通にあるそれは、薬莢に限らないのかもしれません。
b0019820_23125044.jpg





b0019820_23142748.jpg

この展覧会を逃さなくて良かった!


榎忠展 美術館を野生化する
兵庫県立美術館
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
078-262-0901
2011.10.12-11.27 会期中無休
10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
※神戸ビエンナーレチケット半券を提示すると、団体割引料金で観覧できます。
[PR]
by turnmyeyesto | 2011-11-21 23:13 | お出かけ兵庫

神戸マラソン2011

懸念していたお天気にも恵まれ、神戸マラソン2011は無事開催されました。
スタート地点で彼を見送った後は、神戸駅方面へ歩いて移動しました。
先頭集団の後は、皆で団子さん状態が続いていましたが、その中に何とか旦那さんを発見!
b0019820_17441461.jpg



湊川神社前では、巫女さんも応援。
b0019820_17444332.jpg


神戸マラソンは、「自分のため」に走ること、そしてそれ以上に「人々のために走る」というマラソンを目指しているそうです。
特に今回は、東日本大震災の被災者の方々へ向けた想いが込められた大会なのでしょう。

今回は練習中に膝を痛めてしまったので、彼が棄権するだろうな~(出来れば無理せず棄権してほしい)と思っていました。
何とか無事走り終えた彼にマラソンの最中のことを聞いてみると、東北のことを考えて走っていたそうな。
そうすると、42.195kmという距離も辛かったけれど頑張れたと言っていました。

b0019820_17533019.jpg

参加された皆さん、そしてスタッフの皆さん、お疲れ様でした!

More
[PR]
by turnmyeyesto | 2011-11-20 17:45 | お出かけ兵庫

神戸マラソン前日 @神戸ポートピアホテル

b0019820_20485955.jpg

明日開催される神戸マラソン2011のランナー受付をするために(注:走るのはもちろん私ではない)、彼と一緒にポートライナーに乗って会場へ向かいました。

道々には、同じくランナー受付をされる参加者の方々でいっぱい。
いよいよ明日なんだ~と、走らない私まで気持ちが高まりました。
EXPO会場(スポーツメーカーなどによる展示販売などが行われていました)には、はばタンの姿も。
何だか今日は、彼が(はばタンは男の子だった)やけに神々しく見える・・・(スポットライトのせい?)



受付を終えて、神戸ポートピアホテルにてお茶を飲んで帰りました。
ロビーはクリスマスムードになっていました。
b0019820_20461550.jpg

ティーラウンジ ベルクールでケーキセットを注文。
こちらのお店は、日本紅茶協会が認定する「おいしい紅茶の店」だそうです。
確かに、紅茶が美味しかったです。
b0019820_20462418.jpg



b0019820_2049669.jpg


明日はどこで応援しようかな。
参加される皆さんが、無事に完走できることを願っています。
[PR]
by turnmyeyesto | 2011-11-19 21:05 | 食@関西圏(兵庫)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー