結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

一定の節目とは何なのか

その行動をつぶさに見ているわけではないので個人の勝手な感想ですが、東電の現社長である広瀬直己氏は頑張っていらっしゃるのではないかなあと感じます。
(もちろん、東電には問題が山積みで、その企業体質も変わっていないと感じることが多々ありますが)

何より、よく社長の任を引き受けたものだと思います。
対して事故当時、東電の会長だった勝俣恒久氏や社長だった清水正孝氏とは、一体何だったのでしょう。
(彼らは会長や社長の職に値しない無責任な人だったと、これまた勝手に私の脳にインプットされ、それは今も変わらぬままです)

福島のために、東電の皆さんや廃炉作業に当たっている方々には頑張っていただきたいです。

3年前には11兆円と試算されていた福島第一原発の廃炉や賠償費用は、昨年末の時点で出された試算では21兆円を超えていました。
金額が跳ね上がっているように見えるのですが、これも安倍首相が口にしたアンダーコントロールのうちなのでしょうか。

コストが安いと言われ続けてきた(そして言い続ける人もいる)原発に税金が投入されている現状ですが、しかし税金には限りがあります。
限りあるものは、無駄なく適切に使うのが当然だと考えます。
特に、今の日本は切実にそうすべきでなはいでしょうか。
そういった面からも、認可申請を取り下げたとはいえ、森友学園という奇怪な団体(と私は感じる)に、どうしてああも簡単に税金が投入されたのか(奇妙なほど事が上手く運ばれたのか)は、今後のためにも原因をはっきりさせることを求めます。

ひとまず、どれもこれも一定の節目を越えていないと私は思うのですが…
安倍首相の3・11会見打ち切り=震災6年で「節目越えた」
[PR]
# by turnmyeyesto | 2017-03-12 12:35 | オモフトコロ | Trackback | Comments(0)

大徳寺聚光院 創建450年記念特別公開~狩野永徳 国宝障壁画

おがわでお腹を満たした後は、この日の目的である大徳寺聚光院へ向かいました。
大徳寺は一休和尚が復興させたお寺だそうです。一休和尚というと、京田辺の一休寺しか知りませんでした。
境内には、別院・塔頭合わせて24寺あります。
私たちは聚光院だけを見学しましたが、その他いくつかのお寺も公開されていました。
b0019820_20470994.jpg

千利休が建てた大徳寺山門(金毛閣)は、豊臣秀吉の逆鱗に触れ、利休の切腹の原因となったことで知られているそうです。
b0019820_20471585.jpg

聚光院の見学(拝観料2000円)では、荷物を預け、説明してくれる方と共に回りました。

狩野永徳とその父松栄が共に描いた聚光院本堂の障壁画。
やはりと言うべきか、狩野永徳が受け持った本堂の中心である室中『花鳥図』、そして檀那の間『琴棋書画図』は素晴らしかったです。
博物館などで一直線に並べて観るのではなく、実際にあった場所に置かれた状態で観ると、絵の構図の面白さが分ります。
そして残念ながら写真撮影は禁止でした。
しかし写真を撮れるとなると撮ることに気持ちが向いてしまい、集中して絵を観るということが私は出来なくなるので、かえって良かったのかなと思います。
(と書きながら、海外の美術館などは撮影可のところが多くていいな~とは思います。著作権の問題なのかな)

こちらは戴いたリーフレットをiphoneで激写(?)したものです。
こんな感じで少し離れたところから観るのも最高ですが、手前の庭(方丈庭園)は狩野永徳が下絵を描き、千利休が整えられたと伝わる庭なので、無理ってものですね…
b0019820_21113572.jpg
聚光院の書院では千住博画伯が描かれた襖絵『滝』も観ることができます。
正直なところ、思っていたよりも青が強いといいますか明るすぎるように感じました。
個人的には、近代の襖絵では唐招提寺で観ることができる東山魁夷画伯が描かれた御影堂障壁画が心に残っています。

[PR]
# by turnmyeyesto | 2017-03-09 19:17 | お出かけ京都 | Trackback | Comments(0)

美味しい鴨なんばん~ おがわ@北大路 oishii

吉野の友人Yさんと、京都は北大路へ出かけました。
昨年、創建450年を迎えた大徳寺聚光院にて、普段は京都国立博物館で保管されている狩野永徳・松栄による本堂障壁画46面(全て国宝)が一挙公開されているのを観るためです。
拝観には事前予約が必要です。
予約は13:40の回だったので、その前にお昼を食べようと、お蕎麦のおがわさんへ寄りました。
大通り面したお店は、うっかりすると通り過ぎてしまうかもしれませんが、小さな看板が出ています。

b0019820_20090263.jpg
食べログさんの口コミを読ませていただくと大変混むとあったので、開店の11:30過ぎにはお店に到着するようにしたところ待たずに入ることができました。
b0019820_20090802.jpg
初めてなので、ざるにすべきか迷いましたが、寒い日だったので鴨なんばんを注文しました。
b0019820_20091755.jpg

温かい鴨汁にからめて戴く蕎麦、とても美味しかったです。
この鴨汁が後を引く旨みがあり、そば湯に合わせて何杯も飲んでしまいました。
b0019820_20092317.jpg
おがわ
京都市北区紫竹下芝本町25
075-495-8281
11:30~15:00(売切次第終了)、木曜定休(祝日時、翌日定休)



[PR]
# by turnmyeyesto | 2017-03-07 20:40 | 食@関西圏(京都) | Trackback | Comments(0)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30