「ほっ」と。キャンペーン

結婚して西へ行くまで~西へ来た

turnmyeyes.exblog.jp ブログトップ

タグ:自然の風景 ( 56 ) タグの人気記事

眺望とローストビーフを求めて~ザ・テラス@西宮

暑い日が続くので、標高の高いところに行けば涼しいかも!眺めもいいらしい!
と、二人で出かけたのは、西宮の六甲山山麓にあるザ・テラスです。
初めてこの辺りに来ましたが、周囲にはザ・テラスさん以外にもカフェなどのお店をいくつか目にしました。
b0019820_17394572.jpg

テラスで自然の風を感じながら食事をと考えていたのですが、
「今日の外は暑いので、店内のほうがおすすめです」とお店の人からアドバイスが。
確かに…この日の風は受けても苦しいだけ…
眺望は断念して、クーラーの効いた店内で頂くことにしました。

b0019820_17395092.jpg


こちらのお店の一押しだというローストビーフ。
特に赤身のお肉が好きな旦那さんが喜んでいました。
付け合わせのポテトグラタンも美味しく、今回、眺望と自然は味わえず残念でしたが、食事だけでも満足のいくものでした。

b0019820_17395533.jpg


ザ・テラス
兵庫県西宮市湯元町4-14
0798-73-1076
ランチ11:00~15:00 カフェ14:00~22:00 ディナー17:00~22:00


[PR]
by turnmyeyesto | 2016-08-25 10:57 | 食@関西圏(兵庫) | Trackback | Comments(0)

あじさい展@大阪リゾート・ホテル・ロッジ舞洲

大阪舞洲ゆり園を見た後は、隣接する大阪リゾート・ホテル・ロッジ舞洲へ寄りました。
こちらでアジサイ展が開催されていると聞いたからです。
美しく手入れされた森のガーデン内には、様々な種類のあじさいが咲き誇り、楽しませてもらいました。
b0019820_2249526.jpg


お昼はホテルでランチバイキングを食べようと考えていたのですが、長蛇の列が目に入ったので、ホテルロビー内で販売されていた牛すじカレーを購入し、ガーデン内のテラスで食事を取りました。
太陽の下では汗ばむ暑さでしたが、パラソルが作ってくれる日陰と風のおかげで心地よく食事をいただきました。
b0019820_22491273.jpg


More
[PR]
by turnmyeyesto | 2016-06-19 17:47 | お出かけ大阪 | Trackback | Comments(0)

大阪舞洲ゆり園@大阪市此花区

先日、大阪舞洲ゆり園へ行きました。
b0019820_22375989.jpg
(2016.6.15撮影)

平日なので空いているかと思いきや、お天気も良かったせいか、たくさんの人でした。
海を挟んで、神戸のポートタワーも見えました。
b0019820_2238176.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2016-06-18 23:02 | お出かけ大阪 | Trackback | Comments(2)

三宮から日帰り温泉旅~ 武田尾温泉 紅葉館 別庭あざれ

旧福知山線の廃線を歩いた後は、武田尾温泉へ向かいました。
廃線を歩き終えてさらに進むと、武田尾温泉に出るのです。

いくつか温泉がありましたが、武田尾温泉 紅葉館 別庭 あざれで日帰り温泉と食事を取ることにしました。
b0019820_0302577.jpg


こちらの日帰り温泉は11:00~15:00の時間帯で、1800円(バスタオル、タオル込)でした。
思っていたよりも小さめの温泉でした。
温泉に入りながら渓谷の景色を楽しめるかなと思っていたのですが、ちょうど武庫川の補修工事か何かが行われており、対岸で工事車両の出入りがあったためか、窓は閉められ外の景色は観ることができなかったことも残念。

お昼は、日本料理の神田川俊郎氏がプロデュースという神田川道場 茶寮「心」Shinにて2500円のものを戴きました。
見た目も華やかで美味しかったのですが、〆になぜか饂飩が登場…
正直なところお腹もいっぱいならば、この饂飩はもう一つで、できるならば饂飩ではなくデザートのほうが嬉しかったです。
b0019820_0303251.jpg


どの席も半個室となっているようで、ゆったり過ごすことができました。
b0019820_0304093.jpg


三宮から一時間ちょっとのプチ旅、楽しかったです♫
b0019820_0304657.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2016-03-18 23:50 | お出かけ兵庫 | Trackback | Comments(0)

保久良神社と保久良梅林@岡本(神戸市東灘区)

見頃を迎えていると聞いたので、2人で梅を見に保久良梅林へ出かけました。

神戸三宮から阪急電車に乗って岡本駅で下車し、住宅地を抜けて六甲山系の保久良山を上っていきます。
(道は整備されていますが、傾斜があるので歩きやすい靴が良いと思います。)
しばらく坂道を上ると保久良神社へとたどり着きます。
後から知ったのですが、保久良神社は縄文以前に日本で栄えた高度な文明、カタムナの遺跡として好事家の間では有名な場所のようです。
b0019820_21471532.jpg


この保久良神社前からの眺めがいいです。
大阪湾が広がっています。アベノハルカスも遠くに見えました。
また、鳥居前にあります石灯籠は『灘の一つ火』と呼ばれるもので、古代から大阪湾の沖を通る船の目印として利用され、現在も毎夜点灯されているとのこと。
明かりが灯されたところを想像すると、幻想的でいいなぁ。
b0019820_2154224.jpg


神社を抜けて、少し下ると保久良梅林がありました。
柔らかい梅の香りに包まれて、春の訪れを感じました。
b0019820_2154223.jpg
(2016.3.5撮影)
[PR]
by turnmyeyesto | 2016-03-05 23:58 | お出かけ兵庫 | Trackback | Comments(0)

兵庫観光~古法華自然公園の吊り橋(加西アルプスハイキングコース)

シルバーウィーク、晴れの一日は加西アルプスハイキングコースへ出かけました。

最寄駅から神戸市営地下鉄、神戸電鉄、北条電鉄と乗り換えて、最寄りの播磨下里駅に到着です。
こちらの駅舎は大正4年に建てられたものだそうで、国登録有形文化財に登録されている味のある駅です。
こちらは通常無人駅ですが、鉄道ファンの僧侶の方が、駅と寺院を合体させた『下里庵』を月2回開催されているそうです。
そういえば、私たちが駅を去る時に僧侶の方がいらっしゃったような…お彼岸時期だったので、お坊さんも電車に乗られるのかな?などと思っていました。
b0019820_17292631.jpg


下調べをほとんどせず、ネットに掲載されていた吊り橋を渡ろう!と向かったので、吊り橋がどこにあるかもよく分っていなかったのですが古法華自然公園の中に吊り橋はあるようです。
自然公園入口までは、播磨下里駅から徒歩で20分ほどでしょうか。(HPには徒歩10分とありましたが、それ以上かかるのではないかなと思います。もしくは他に道があったのかな…?)
b0019820_17293458.jpg


駅から古法華自然公園までの道程はよくある幹線道路で味気ないものでしたが、入口から先は様子が違ってきます。
私たちはハイキングロードではなく園内道路から吊り橋を目指しました。
(というのも、ハイキングロードの入り口を見ると、けもの道のような、先に進むことに少々不安を感じるものだったのです。)
勾配がなかなかのコンクリート坂を上がると、『吊り橋』と書かれた道標が出てきます。
この辺りから自然の山道らしくなって楽しくなります。
滑らないように気を付けながら一歩一歩上に進むと、吊り橋です!
この吊り橋の抜け感がなかなかあって(かつ揺れる)、結構怖いです…実は半分ぐらいまでしか行くことが出来なかった高所恐怖症気味の私…
b0019820_17294691.jpg


吊り橋の先には岩山があり、喜び登る旦那さん(写真は降りてきたところ)
岩山の頂上の眺めは、それは素晴らしかったそうです。
b0019820_17331168.jpg


この日は播磨下里に到着したのが14時近くになってしまったので、4時間ほど必要な加西アルプスハイキングコースを歩くことは諦めましたけれど、一部だけでも歩くことができ十分楽しかったです。
b0019820_1733288.jpg


北条鉄道はワンマン列車となっていました。
ワンマン列車に乗るのが初めての旦那さんと私。
勝手が分らず内心ドキドキ…
事前に下調べしておけば良かったのね→ワンマン列車の乗り方
車内に両替機はありますが一万円札を両替することはできませんので、1000円札を用意しておいたほうが良いと思います。

帰りは北条線で粟生(あお)駅に出た後、JR加古川線を利用したのですが、こちらの線の電車もワンマン電車となっていました。
北条線と同じように乗車するときは進行方向後ろのドアから、整理券は忘れずに。
そして、加古川線ではドアは自動では開かずに、乗り降りする人が押すと開くシステムのようです。

そして播磨下里駅ですが、駅周りに軽食などができるお店やコンビニなどはありませんでした。
(自販機は駅にありました)
食べ物は事前用意が必須だと思います。
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-09-22 23:18 | お出かけ兵庫 | Trackback | Comments(0)

4~6月限定の雪の大谷ウォーク

黒部ダムを見た後は、黒部ケーブルカー、立山ロープウェイを乗り継いで上を目指します。
b0019820_19155488.jpg


立山ロープウェイは景観保護のため、支柱が1本もありません。
ロープウェイから見る黒部ダム湖。大きいなあ
b0019820_1916340.jpg



立山トンネルトロリーバスに乗って、GW最後の目的地である室堂へ向かいます。
今回のGWで一番来たかった雪の大谷です。
雪の大谷は室堂ターミナル周辺の道路に積もった雪を除雪してできる「雪の壁」のことで、約500m続きます。
壁の高さは20mに迫るときもあるそうです。
私たちが訪れた時(5/6)は一番高いろことで15mとなっていました。
b0019820_19161891.jpg


雪の大谷は徒歩で見学でき、片側1車線はバスが走っています。
b0019820_19162471.jpg


お天気に恵まれて、青空に白い雪がとても映えました。
心配していた寒さも風がなかったせいか、ユニクロの長袖ヒートテック+シャツ+ユニクロウルトラライドダウン+ジーンズという恰好で私は十分でした。
そしてサングラスは必須だと思います。
(ちなみに冷え性の旦那さんは冬物のセーターをさらに着込んで十分だったようです。行かれる方は脱ぎ着しやすい恰好で行かれるのが良いと思います。現地の気象データや服装についてはこちらも参考になると思います。)
b0019820_19163026.jpg

室堂ターミナル1階にある立山山頂簡易郵便局ではアルペンルートにちなんだ切手や絵葉書などが販売されていました。
私は木製はがきを使って、誕生日を迎えた母に手紙を送りました。
立山の風景印も押印してもらえます♫
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-05-11 23:00 | お出かけ北陸 | Trackback | Comments(2)

トロリーバスに乗って黒部ダムへ

GWに上高地を散策した翌日は黒部ダムへ行きました。

黒部ダムへ行くには日本で唯一の乗り物に乗ることができます。
それは電気で走るトロリーバスです!
バスといいながら、鉄道に区分されるトロリーバス。電気を動力として動いています。

トロリーバスに乗って関電トンネルを抜けて黒部ダムへ。
関電トンネルの途中では、このトンネルの開通に立ちはだかった破砕帯(地下水を溜め込んだ軟弱な地層)も見ることができます。

黒部ダム建設には、この関電トンネル(大町トンネル)がどうしても必要でした。
トンネル建設の苦労を知ってからトロリーバスに乗ったほうが、観光がより充実したものになるのではないかなと思います。
私たちは プロジェクトX 黒四ダム を事前に見てから行きました。
おかげでトンネル(関電トンネルではないトンネルも)を通るたびに、中島みゆきさんの『地上の星』が脳内を流れ目頭が熱くなる状態に。
夫にその話をしてみたら、同じ状態になっていました…夫婦って似るものなのね~
b0019820_1881118.jpg


この時期は観光放水は行われていませんが、黒部ダムの建築と周囲の山々の風景だけでも充分見応えがあります。
ダムえん堤を歩きながら巨大なダムを見ていると、美容室のお姉さんに教えてもらって読み始めた漫画『進撃の巨人』が頭に思い浮かぶ…

b0019820_1875794.jpg


この日も青空が広がり、立山連峰もゆったりと見えました。
b0019820_188391.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2015-05-11 22:00 | お出かけ北陸 | Trackback(1) | Comments(0)

上高地散策~ 河童橋 カフェテリア トワサンクのアップルパイ

上高地では大正池の辺りから河童橋まで歩きました。
ちょうど訪れた日は子供の日だったこともあり、こいのぼりが飾られていました。
b0019820_18333634.jpg


上高地の中心にある河童橋の周辺には、ホテルやお土産処などもあります。
b0019820_18334482.jpg


b0019820_18335116.jpg






私たちはトワサンクさんの信州ふじりんごを使用したアップルパイを頂きました。
リンゴがたっぷり!美味しい!

五千尺ロッジにあるカフェテリア トワサンク
[PR]
by turnmyeyesto | 2015-05-08 17:27 | お出かけ中部 | Trackback | Comments(0)

上高地散策~焼岳 大正池 穂高連峰

GWの後半を利用して、上高地へ行きました。
お天気に恵まれ、北アルプス唯一の活火山である焼岳の噴煙も目にすることができました。
焼岳の大噴火によって突然あらわれたという大正池は、穏やかでした。
b0019820_188954.jpg


梓川に沿うように作られた木道を進みます。
街歩きも楽しいですが、自然の中は歓びを感じます。
b0019820_1883084.jpg


残雪の穂高連峰の姿は美しく見惚れるばかりでした。
b0019820_1884652.jpg

[PR]
by turnmyeyesto | 2015-05-07 18:32 | お出かけ中部 | Trackback | Comments(0)
line

奈良での毎日→神戸元町暮らし +旅、散策 


by turnmyeyesto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28